« 宮前 初代 | トップページ | 川崎 魚や一丁(リピート) »

2008年4月29日 (火)

溝の口 き(七七七)七/喜七

連続してちょっとはずれのラーメンを食べ続けたため、今度こそははずれの無いお店ということで、喜七(喜は実は七七七と七が三つの文字)に行きました。

319 女将が細腕で中華鍋を操りながら出す北海道味噌ラーメンは非常にボリューム味共に完成度の高い仕上がりです。やはり出汁がしっかりしていないと何味でもぱっとしません。

場所はKSPビルの斜め前ですが、駐車場無い(KSPの駐車上にとめたら半額補助があるらしい)等車でのアクセスは難しいためずいぶん遠ざかっていました。

出汁がしっかりしている分味噌をたべても醤油を食べても美味しいです。

麺は北海道ラーメンにしては細いですが、熱いスープに負けないコシがありました。高津・中原区では珍しく行列を多少覚悟していく必要のあるお店です。

その他、お店の地図情報や、私好みのランキングをHPで紹介中 MyHomePage

また、マーコさんの「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」「神奈川のらーめん2.0」加盟しています。神奈川ラーメンはこちらからもいろんな情報が得られます。

|

« 宮前 初代 | トップページ | 川崎 魚や一丁(リピート) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溝の口 き(七七七)七/喜七:

« 宮前 初代 | トップページ | 川崎 魚や一丁(リピート) »