« 多摩 一家 | トップページ | 小田原 四川(小田原遠征その1) »

2009年3月12日 (木)

溝の口 まっち棒(まぜそば&つけ麺)

ラーメン博物館に井出商店が出るもっと前、既に池尻に「まっち棒」が東京進出していました。

当時希少店である池尻の「天下一品」によくいっていましたが「まっち棒」が出現したことでどちらに行くか悩ましい時期がありました。

今はどちらも身近なお店になって感慨深いところがあります。

今回は、久々に溝の口の「まっち棒」に訪問。すると、さすがチェーン店の強みか今風のまぜそば&つけ麺がありました。早速注文。

P1000098_2

どちらも、従来の細麺でなく太麺になっており通常のラーメンより湯で時間がかかるとのこと。

P1000093_2

まぜそばは、今年になって食べた雁来紅のまぜそばの見た目のパフォーマンスと比べると至って普通のまぜそばでタレがやけに甘辛い以外は特筆すべき点がない残念な味。

蒲鉾はちょっと邪魔な感じです。チャーシューの変わりに挽肉をいためたような物がのっていましたが、あまり存在感がありませんでした。

P1000096

つけ麺は、こちらも今流行の節系かと思いきやそうではないようです。かなり濃い味ですが、まぜそばのタレと豚骨風味の和歌山らしさを感じる美味しい味。チャーシューぶつ切りも小杉の然を思い出すほど美味しい仕上がり。

しかし、最近節系に慣れてしまったため多少物足りない。

喜多方にしても和歌山にしても、一時大ブレークした事もありその後の反動で生き残りが大変なのでしょう。基本の味は早々帰られない代わりに色々努力していますね。

懐かしいような寂しいようなひと時でした。

因みに味噌ラーメンもあったのでまたチャレンジしたいと思います。

その他、お店の地図情報や、私好みのランキングをHPで紹介中 MyHomePage

また、マーコさんの「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」「神奈川のらーめん2.0」加盟しています。神奈川ラーメンはこちらからもいろんな情報が得られます。

|

« 多摩 一家 | トップページ | 小田原 四川(小田原遠征その1) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/44326589

この記事へのトラックバック一覧です: 溝の口 まっち棒(まぜそば&つけ麺):

« 多摩 一家 | トップページ | 小田原 四川(小田原遠征その1) »