« 小田原 蔵一(小田原遠征その5) | トップページ | 中原 源太 »

2009年3月28日 (土)

小田原 神龍(小田原遠征その6完結)

「神奈川のラーメン盛り上げよう会」の公式ラーメン食べ歩き会の7店目のお店。

いよいよ(結果的に)最後のお店ですが。

5店目の蔵一から大渋滞にはまって、腹具合と単調な運転で非常に辛い状態にありましたが、気力で次のお店へ向かっている状況。

次の目標である、「ブッダガヤ」は「桂花」出身のお店ということで、桂花ファンの自分としては非常に興味が高いお店。

しかし、脳裡をよぎるのは6件目で桂花系ラーメンを果たして美味しく食べられるのか?

今まであっさり系の多いラーメンであったがゆえになんとかここまで持ちこたえられたが今から桂花はつらいのでは?しかもコッテリ豚骨。

また何時の日か小田原方面に来る日は必ずある。きっとブッダガヤは逃げない。と、信じてブッダガヤを候補からはずすことに。

そして、小田原最後のお店候補を車中で再検討するが、小田原市内の大西はこの渋滞で時間的に難しい状態。

当初の目的である、「いしとみ」は前日からマーコさんがお店に電話確認するも営業状態が不明。しかし、躊躇するほど胃と心の余裕は既になく、とりあえず「いしとみ」へ直行。

P1000251

結果、残念ながらお店は閉まっていました。いったい何があったのか?定休日ではないはず。

仕方なく、小田原終了後の湘南地区での最後のラーメン屋候補の「神龍」へ。

このお店は博多長浜系の茅ヶ崎有名店とのこと。長浜系であれば量も少ないし、胃の状態も渋滞の時間のおかげで余裕が出てきたため福岡出身の血がたぎって来る。

川崎の「雁来紅」とついつい比較してしまいますが期待は大きい。

「いしとみ」からさらに渋滞にはまり一時間以上かかるも途中からは皆元気を取り戻したのか小田原以降のイベント企画の話をしながらいよいよ最終店「神龍」へ

P1000260_2

茅ヶ崎の長浜ラーメンはどれだけ美味いのか?メニューはコッテリの赤皿とあっさりの青皿2種類。福岡出身の自分は当然の如く赤皿を選択。マーコさんは青皿を選択。

P1000255

P1000258

しかし、ここで若干のトラブルがありました。

先にまくりんさんとSINさん達が食券を購入しオーダを済ませたあと、自分とマーコさんが遅れて食券を出すと一人で切り盛りしていた店員さんがどの食券が誰の注文か把握できなくなったらしく、ちょっと混乱した様子でした。

怪しいなぁと感じつつラーメンが出てきました。そしてスープを一口すすると思い切り塩の味が・・・何か変だと感じつつ麺の量はそんなに多くないため食べきりましたが、スープを飲む気にならないほどしょっぱい味。しかし、まくりんさんとSINさんは普通に食べていました。

この味なら川崎の雁来紅が桁違いに美味しいと思いつつお店を出ました。お店の外でマーコさんの話をきくとマーコさんも味が変だと感じていた模様。結局後から注文したラーメンの味付けに失敗したらしいことが判明。

有名店とはいえ、やはり人間が作る物である以上は手違いもあるのでしょう。とりあえず、雁来紅と神龍の比較という意味では雁来紅に軍配があがりやはり川崎も捨てたものではないなという思いを強くしました。

このお店を最後にメンバーは解散。最後はちょっと残念な部分もありましたが、当初の主旨である、「小田原系の謎を解け」については目的を果たせたかなと自分では大満足。

次回、花見や三浦半島食べ歩きというイベントネタを残しつつ小田原を後にしました。(川崎食べ歩きはありえるのでしょうか?)

皆さん本当にお疲れ様でした。

また、来訪したお店の方々邪魔臭いお客だったかもしれませんが、いやな顔をしないで美味しい料理を出してもらって本当に有難かったです。

その他、お店の地図情報や、私好みのランキングをHPで紹介中 MyHomePage

また、マーコさんの「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」「神奈川のらーめん2.0」加盟しています。神奈川ラーメンはこちらからもいろんな情報が得られます。

|

« 小田原 蔵一(小田原遠征その5) | トップページ | 中原 源太 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、マーコです。

そのような体調状態だったとは、
知りませんでした。
本当にお疲れ様andありがとうございました。

P.S.
川崎の食べ歩きツアーも楽しそうですね。
意外と川崎のラーメンを食べつくしている人って
いないと思うので良いかもしれません。

投稿: マーコ | 2009年3月28日 (土) 23時53分

ブログにUPしたばかりで素早いコメントですね。
まぁ車を運転して渋滞はまると大抵こんなもんです。
川崎の食べ歩きは、所謂川崎地ラーメンが無い地帯ですので、企画は難しそうですが是非一度はやりたいですね。
とりあえず視線は三浦半島に向かっています。
ところで花見企画はどうなっていましたっけ?

投稿: コメントありがとうございます | 2009年3月29日 (日) 00時02分

花見の件ですが、SINさんからメール来ませんでしたか?
たしか、それをkurashさんに連絡用ブログに貼り付けてもらう
ということだったと思いますが(汗)

投稿: マーコ | 2009年3月29日 (日) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/44495522

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原 神龍(小田原遠征その6完結):

« 小田原 蔵一(小田原遠征その5) | トップページ | 中原 源太 »