« 新横浜 らぁ麺むらまさ | トップページ | 新城 新屋 »

2009年10月 3日 (土)

新横浜 みやうら(屋台)

新横浜ラーメン博物館試食会の後、仲間達と居酒屋で談笑し各々帰路へ

しかし、帰りに待ち構えていたのは、赤い暖簾の屋台。

P10006572

久留米出身の自分としては、屋台を見ると明治通り沿いの屋台を思い出してしまいます。1件だけだとちょっと寂しいですね。

夏の暑気払いオフ会で横浜でも〆は屋台。これは寄るしかないでしょう。

途中にも屋台はありましたが、胃袋を刺激する臭いがなくこの時はスルーしたのですが、ここの屋台(新横浜ロータリー)は思い切り胃袋を刺激してきます。

メニューは基本ラーメンのみですが、トッピングで選択肢がいくつかあります。スペシャルラーメンなどもありかなり惹かれますがあまり量は食べられないのでノーマルのラーメンを注文。

P10006612

しっかり動物系の出汁をとったコッテリ感のあるラーメンですが、食べやすく一気に食べてしまえる味です。

「むらまさ」で、ハイグレードなラーメンを食べた後ですが、これはこれで美味しい。国民食であるラーメンの奥深さを感じさせる瞬間でした。

店情報:横浜市港北区新横浜ロータリの辺り/休?/045-471-2956/11:00~23:00

同行者由羽さんの記憶

本ブログは「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」「神奈川のらーめん2.0」加盟しています。神奈川ラーメンはこちらからもいろんな情報が得られます。

|

« 新横浜 らぁ麺むらまさ | トップページ | 新城 新屋 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、SINです。

>国民食であるラーメンの奥深さを感じさせる瞬間でした。

いい表現ですねぇ。
私のようなダラダラ長文より、キメのフレーズ一発のほうが多くを語りますなぁ。

投稿: SIN | 2009年10月 4日 (日) 08時18分

>SINさん
ライブはどうでしたか?
いけなくてすいません。

表現につっこまれると恥ずかしいです。

投稿: コメントありがとうございます | 2009年10月 4日 (日) 21時39分

前から気になっていた新横浜ローターリ脇の屋台。ほろ酔いでおじゃましました。
700円のラーメンを注文。美味しそうなヴィジュアルでした。ところが小生そんなに酔っていはいなかったのですが、ラーメンを食べようと丼を持ち上げようとしたら丼ごとひっくり返してしまい、ほとんどの麺とスープは屋台のカウンターの上へ。急いでカウンターの麺だけでも食べたいと思い、空になった丼にカウンターの麺を戻し、食しました。
とても旨いラーメンでした。スープはほとんど無かったけど。
でも・・・。このハプニングに対する若い店主の態度はとても冷たいものでした。
ラーメンをこぼしてしまった時は不機嫌な顔。こぼれたラーメンを拾って食べている時も不機嫌な顔。食べ終えて「悪かったね」と言った時も不機嫌な顔。ダスターでこぼれた汁を拭こうとした時は、ダスターが使い物にならなくなるからいい。と寂しい一言。
まともには食べられなかったけど、本当に旨いと思ったラーメン。精神的に未熟な店主がとても残念。たとえ屋台のラーメンでも、サービス業なのでは?

投稿: mahalo | 2012年3月16日 (金) 21時42分

>mahaloさん

最近は屋台とは言え、衛生面は非常にうるさくなっていると思いますので、色々苦労されているのではないのでしょうか。

でも、お店の人から気の利いた一言があれば救われるんですけどね。

投稿: コメントありがとうございます | 2012年3月30日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新横浜 みやうら(屋台):

« 新横浜 らぁ麺むらまさ | トップページ | 新城 新屋 »