« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

新丸子 新ラーメン丸子

今年最後のラーメン屋をどこにしようか悩んでいたら神ラー会掲示板に新店情報が・・・

しかも新丸子。

ということで急遽新丸子へ。

P10200661

券売機によると、芳醇仕立て圧力スープ麺と、新丸子ラーメンの2種類があります。

まずは丸子ラーメン。

P10200651

超熱々のスープは好感がもてます。麺は自家製麺のようですが、ツルツルして非常に美味しい。

こだわりの麺切りで無理にお湯を飛ばさないとのこと。ちょっと醤油の味が支配的でバランスが悪く感じました。

芳醇仕立て圧力スープ麺はこちらも熱々状態で、アゴダシもとっているとのことで魚介風味もかなりします。新城のまき野を思い出しそうな味。

P10200611

こちらは、自慢の圧力寸胴鍋でとったスープらしいですが、中々深みのある味。しかし、スープにこだわりすぎているのか、タレとのバランスが今一な感じ。

隣のカップルが食べていたつけ麺は太麺で美味しいそうでした。

レベル自体は低くないと思われる味なので、今後洗練されれば潮中華KAZEのようなお店になるのでは?という淡い期待が・・・

今後圧力寸胴を使った新メニューを開発していくと書いてあるので来年の活躍に期待したい。

締めくくりに相応しいお店で終われたような気がする。

#追加情報

年明けにつけ麺もチャレンジ。

P10201771

麺は、石臼で挽いた全粒粉の麺。見た目、日本蕎麦っぽいですが、食感はうどん。うどんっぽい麺は他のラーメン屋にもあるが、このつけ麺はつけうどんを食べている感じ。

タレも醤油ダレが強くバランスがどうかと・・・今後更なる進化を期待したい!

店情報:川崎市中原区新丸子東 1-826/休火/???/11:30-14:00 18:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷺沼 ラーメン番町(再訪)

鷺沼に10月にオープンしたお店、前回宿題を残したため再訪。

今回は、サンマー麺と番町ラーメンを注文。

P10200441

サンマー麺はトロミがあまりなく、醤油タンメン状態。それなりには美味しい。

期待の番町ラーメン

P10200482

挽肉の餡かけの回りにニラが満遍なく載せられ見た目のインパクトは結構あります。

餡かけは多少ショッパイですが、スープで溶かして食べていくと辛味とうまみが混ざり結構辛うま状態。

先日のがき大将の限定ラーメンを思わせる。

スープはやはり中華スープベースだと思われがき大将ほど深みのある味はないですが、気がついたらスープを飲み干していました。

鷺沼近辺はあまりラーメン屋が無いので困った時には使えるかも。

しかし、今年最後の締めくくりにするには役不足なラーメン屋か?

店情報:川崎市宮前区有馬1-1-7/休無/044-877-4184/11:30~15:00 17:30~22:00

前回のラーメン番町の記憶

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新横浜 牛乳屋食堂(12月限定:ミルクメン)

今年色んな意味でお世話になったラーメン屋というかラーメン博物館。

職場が近くなった記念も兼ねて、早速同僚とランチで博物館へ。

初めて行く同僚は何処にしようか悩んでいましたが、2月で卒業ということで何はともあれ牛乳屋食堂へ。

そして、12月ギリギリのミルクラーメンが滑り込みセーフ。

P10200342

見た目非常にミルキーですが、スープを飲むとそんなに牛乳は主張せず、クリームスープのような味わい。しっかりダシも出ており意外な美味しさ。

そんなに甘くも無く好みの味。麺はきしめんのような幅のある平打ち麺。

胡椒を一振りすると非常に引き締まった味になります。結構はまる味かも。

しかし、12月までの限定なのでじっくり味わって食べました。

同僚は、一応お奨めのタンメンと、カツ丼セットなどを頼んで皆で食べまわし状態。

P10200311

5人で食べた中ではやはりタンメンが一番人気でした。

帰りに限定持ち帰りラーメンがあり、色々物色中にRYURYURYU星人さんと遭遇。

最後にとみ田を食べて今年最後のラー博を後にしました。

来年もお世話になります。ラーメン博物館!

#おまけのとみ田

#¥850円もする持ち帰りラーメンを後日食べました。

#ちょっと高い気もしますが、自宅で食べても非常に美味しく納得のつけ麺でした。

P10200512

#これなら行列もうなずける。

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬 がき大将(冬季限定:辛・めちゃうまらーめん)

今年も残りわずか、お気に入りのラーメン屋巡りで、久々にkunお気に入りのがき大将へ。

すると冬季限定メニューが、辛・めちゃうまらーめん。

これは頼むしかないと早速注文。

辛さは5段階が選択可能。

P10200211

普通の辛さはニュータンタンでも今一なので、ここではレベル2を選択。

P10200241

見た目、味噌ラーメンを辛くしたような感じ。

しかし、似てはいるものの味噌スープでは無い。

しかし、ここのベースとなるスープは結構好きでこれに辛味がうまく絡んで本当にめちゃうまだと感じます。

冬の間の再訪必至の味。

店情報:川崎市宮前区東有馬4-1-5/休無/044-870-8517‎/11:00~26:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜 さがみ&善丸&黒船&どん(神ラー会総会)

神奈川のラーメンを盛り上げよう!会の一年を締めくくる意味で総会が12月26日(土)に行われました。

■一年を振り返って

今年神ラー会は、新年会から始まり一気に駆け抜けた感があります。

後半は随時参加者が10名を超えるなど会を追う毎に盛り上がって行きました。

来年もこの勢いでラーメン誕生100周年に便乗して盛り上げたいところ。

メンバーは、会長はもちろんの事、去年の食べ歩き(私自身不参加)と新年会のメンバーがほぼ全員参加(残念ながらgromitさんは参加できませんでした)。さらに新たに加わった方々も含めて非常に盛り上がりました。

■一次会

そして総会での一次会、「さがみ」は、年末の金曜日ということもあり窮屈でしたが、料理は美味しく、お酒も飲み放題には本来含まれないワインを調達していただいたりして良心的なお店でした。

P10109901

かめさんの名刺のおかげと約一年ぶりのいへいたさんのハイテンションで最初から盛り上がりました。

ともたろさん由羽さんは競馬で盛り上がるなど相変わらずラーメン以外も趣味が多彩な会の方々。

由羽さんは仕事の都合で一次会でお別れでしたが今年会へは途中からの参加とはいえ色々楽しい時間を過ごさせてもらいました。

■二次会

2次会は、善丸という会の重鎮SINさんAyaさんのお知り合いのお店。

P10200051

写真はかなり酔って メニューしか残っていませんでした。非常にお洒落な居酒屋にしては非常に安かったです。お店の人と紹介していただいたSINさんAyaさんに感謝。

ビール好きのまくりんさんは相変わらずのペースで飲み続け、味こめさんとは川崎のラーメン話もでき会話を楽しめました。

いけめんぶぅぶろぐさんには是非愛犬ぶぅぶさんを拝見させて欲しいところ。同じいけめんともたろさんは2次会でも落ち着いた飲みっぷり。

そして、会長より来年の活動計画の発表もありました。

■三次会

最後に3次会、暑気払いで夏にも利用した黒船。

P10200121

一度落ち着いて牛鍋セットを食べてみたいとこですが、皆酔っていて料理は何をたべたのか不明・・・

相変わらず酒好きのミコさんは言うに及ばず家系クイーンのRYU星人さんもかなりの酒豪。

そして、酒豪への道を歩み始めているマーコさんと酒豪が残っています。味こめさんは結構赤ら顔だったのですが、大丈夫だったのでしょうか。

■最後に

皆さん本当にラーメンが大好きで、お酒も好きで他にも趣味を一杯もっていて本当に話が尽きない!時間さえあればエンドレスになっているでしょう。

こういった色んな人たちが気兼ねなく集まってお酒を飲んで語らえる。

神ラー会は本当に最高です

これも会長マーコさんという誰とでも楽しく語り合える気さくな人柄があっての事です。

これからも神ラー会の一員としてさらに盛り上げのお手伝いをして行きたいと思います。

■おまけの4次会

最後は終電ギリギリで気がつけば解散状態。東横線日吉駅で降りました。

そして、・・・

お約束の、

P10200171

〆の一杯は、最近お気に入りの「どん」。体に悪いと思いつつ寄ってしまいます。

にんにくトッピングと酒臭さで翌日家族に嫌われました。

一次会の店情報:さがみ横浜市西区南幸1-5-29/045-319-2734

二次会の店情報:ダイニングバー善丸横浜市西区南幸2-15-1/045-312-0330

三次会の店情報:黒船横浜市西区南幸1-12-4 横浜西口五番街 TK横浜西口ビル4F/045-311-1181

幻の四次会の店情報:どん横浜市港北区日吉2-1-8‎/045-564-1721‎/休日/11:00~?? 17:00~26:00

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

中原 雁来紅(新メニュー:骨太ラーメン)

今年一番お世話になったラーメン屋「雁来紅」。神奈川のラーメン繁盛店にも見事掲載されました。おめでとうございます。

夏季限定のコラーゲンそばはかなり食べましたが、夏場以降は券売機は売り切れ状態のまま。

そして、待望の新メニューが登場。

それは骨太ラーメン。

第一印象は、カルシウムタップリラーメン?と思いつつ食券を購入。

P10109811

ルックス的には二郎インスパイアっぽい感じも無きにしもあらず。がっつり系ラーメン。

まずは、スープ。背脂タップリで、このお店のコッテリラーメンがベースでしょうか。

さらに、豚玉ラーメン向けの煮豚。その他、ニンニク、辛みそ、全体に魚粉と雁来紅の色んなラーメンを集結させたようなまるで一年を総括したようなラーメン。

ジャンク度100%のコテコテのラーメンでコッテリが苦手な人は避けたほうが無難。

これで来年もまた、雁来紅から目が離せなくなりました。

#以下は、このラーメンを食べた二日後に食べ納めで再訪した時の骨太ラーメン。

P10200201

#調子にのってトッピングにチャーシューを追加したらかなり胃にもたれました。

#でもまた行きそう。

店情報:川崎市中原区宮内4-32-5/044-752-4190/休水/11:30~14:00 17:00~22:00

過去の記憶から骨太ラーメンのベースになっていると思われるラーメン

→(生にんにくラーメン

→(豚玉ラーメン

→(辛うまラーメン

→(醤油ラーメン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月29日 (火)

池辺町 魁力屋

京都ラーメンといえば天下一品や新福菜館等が進出していますが、新たに、魁力屋というお店が進出してきたということで、どんなラーメンかチャレンジ。来来亭とやらも気になります。

個人的には天下一品のこってり系が好み。

お店は、中原街道沿いということで、悩まずに到着。

P10109541

車を止めると番号札をとって順番待ち。一列に並ばずにすむためあまり待ちが苦になりません。これは京都人の発想でしょうか?

ほどなくしてカウンタへ着席。

今回は特製醤油肉入りとコク旨ラーメンを注文。

P10109621

特製醤油は、一味が入っているのかピリ辛ですが、醤油の美味さを引き出しており食べやすい印象。

P10109591

コク旨は、ネギ、脂おおめで注文。確かにコクはあるがこちらも意外にあっさりしたラーメン。

どちらもお酒を飲んだ後に食べたいと思わせる味。

しかし、京都ラーメンでは天下一品が好きな自分としては、わざわざこのラーメンを食べたいと思わせる程の引きは無いように感じられる。

店情報:横浜市都筑区池辺町2043/休無/045-943-6678/11:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷺沼 ラーメン番町

鷺沼に10月にオープンしたお店。

普通のラーメン屋らしいという情報で遅ればせながら12月に入っての初訪です。

P10109041

メニューを見ると味噌、塩、醤油とスタンダードなメニューが並んでおり今回は、醤油と味噌を注文。

待っている間に周りを見回すと、サンマーメンの効用だの由来などが書かれた貼り紙があります。

P10108941

これはサンマーメンがお奨めのお店?

また番町ラーメンなるものは単なるトッピングが豪華になっているだけのスペシャルラーメンかと思いきや、写真を見ると結構そそられるラーメン。

これはチョイスを失敗したかなと後悔。

P10109001

P10109021

醤油味噌とも、そこそこ美味しくはあるが、あまり特筆すべき点はなく頭の中はサンマーメンと番町ラーメンばかりが気になる。

再度出直したい。

店情報:川崎市宮前区有馬1-1-7/休無/044-877-4184/11:30~15:00 17:30~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

新横浜 大砲ラーメン

今年3回目のラーメン博物館新店での試食会!

ついに自分の生まれ故郷である久留米の名店、「大砲ラーメン」がラーメン博物館に進出です。

自分が子供の頃は、仙龍ラーメンというお店が近くにありそこが自分の中では基本中の基本のラーメンでした。

実はそのお店は大砲ラーメンの身内の方が開いたお店らしく味は殆ど大砲ラーメンでした。そして、途中から大砲ラーメンに変わってしまいました。という位懐かしいお店。

前置きはここまでにして、今回も神ラー会として御招待ということで、会の仲間と待ち合わせしていざ「大砲ラーメン」へ

P10108761 

スープはメニューは、ラーメンと昔ラーメンの2つが基本。

試食会では、昔チャーシュー麺(自分)と、ワンタンメン(harutan)、ラーメン(kun)を注文。

P10108751

昔チャーシューは超薄切りのばら肉チャーシュが載っています。この超薄切りチャーシューも自分にとって基本のチャーシュー。関東では、殆ど見かけませんがこの薄切りばら肉チャーシューが一番美味しく食べられます。

一方でスープ。最近帰省して食べる久留米ラーメンは全体的にあっさりしてきたなぁと思っていましたが、こちらは昔のこってり感が再現されているように思えます。

従って、関東の人が食べるには大丈夫なのか?ちょっと心配になってしまいます。

久留米のラーメンはスープが肝だ!と父親にスープの大事さを教わり久留米ラーメンは常にスープは飲み干しますが、今回も体がしっかり覚えていて丼を両手で持ち上げしっかりスープを飲み干しました。

本当に懐かしい!このラーメンを神奈川で堪能できるとは、ラーメン博物館にいくら感謝しても足りないくらいです。年明けに新横浜へ勤務地が変わるのですが、このお店のために変わるかのようです。

そして、現代風の久留米ラーメン。

P10108711

飲み比べるとかなりマイルドな感じに仕上がっていました。しかし、これでも関東にある豚骨ラーメンにしてはこってりしているのではないでしょうか。

そしてワンタン。昔はラーメンにトッピングするという贅沢はなかなか出来なかったため美味しいのですが、懐かしさはあまり感じられず。

全体的に、かなり懐かしさを満喫できたのですが、物足りない店が1つ。

それは臭い。昔は、店の外から豚骨臭が漂ってきて店内も豚骨臭が充満していました。この臭いをかぐと非常に懐かしさを感じます。

集合施設という制約もあり非常に臭いが抑えられています。この点がちょっと残念。

しかし、こればかりは仕方ないですね。

今回このような場を提供していただき、ラーメン博物館スタッフの皆様には非常に感謝しております。

ありがとうございました。

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

過去の試食会(むらまさ)の記憶

過去の試食会(らーめんの駅)の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月26日 (土)

神ラー会新人王 R&B

神奈川のラーメンを盛り上げよう!会が選ぶ今年の新人王が決定しました。

1次予選を勝ち残ったのは4店。

第4位は我らが川崎の三三七。最終予選では残念な結果でしたが、自分一押しのお店です。

流行のつけ麺で濃厚な煮番絞りは既にリピータをしっかり捉えています。

こちらのお店は、ここの記事で紹介済み。

P10104781

続いて2位が同票で2店。

まずは上大岡、G麺7

ここは、浜虎というお店を創業した方が始めたお店らしいです。

非常にあっさりしたラーメンが売りのようです。

P1010791

あっさり系のラーメンは好んで食べないのですが、生姜を巧みに効果的に使っていて単なるあっさりラーメンとは異なり癖になる要素を含んでいます。

個人的には三三七に次いで2位のお店。

同率2位は鎌倉、つけ麺KOKORO

鎌倉の名店HANABIの2号店になるようです。

濃厚な魚介つけ麺が売りのようです。

P10108051

確かに美味しいですが、個人的には三三七の方がより洗練されていると思っています。多分自分は地元贔屓がでてしまっているのでしょう。

そして、2009年新人王は関内、R&B

昼間は、ラーメン屋で夜はBarになるという変り種のお店です。

P10108431

最初に食べた塩豚骨ラーメンがかなり癖のある味で個人的には淡口がよかったかも。その後kunが頼んだ淡口醤油の味がぼやけてしまいました。

スープ、麺、などラーメンの構成要素一品一品は非常に丁寧に作られており、ラーメンへの思い入れが感じられます。この辺りが1位となった理由でしょうか。

来年、恒例のTUBE浜スタライブで、ライブ前(ラーメン)と後(酒)で楽しみたいと思います。

最後に、

神奈川のラーメンを盛り上げよう!会の新人王に関する公式報告は

http://ma-ko64.sakura.ne.jp/sinjinouten2009.html

を参照してください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

鷺沼 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン

過去に何度も振られ続けているニュータンタンメンの鷺沼店に初訪。

このお店はなにやら特徴のあるお店との事。

今回は事前に営業時間、定休日を調べてやっと入る事ができました。

P1010784

どんな特徴があるのか期待して店に入りましたが、メニューは至って普通。

P1010776

特に焼肉を扱っている風でもなく、普通にタンタンメンを注文。

P1010782

見た目も、普通のニュータンタンメン。辛さも普通。

味は特別変わった風でもありません。

しかし、食べ進むとちょっと違和感を感じます。スープが薄い?全体的には普通のニュータンタンワールドなのですが、スープに神経を注ぐとかなり薄味なことに気付く。

これは出汁は何?一瞬竹岡式(因みに未食です)を想像してしまうほど。

けれども、全体を俯瞰すると普通のニュータンタンに思えてしまいます。

これが鷺沼店の秘密なのでしょうか。段々自分の舌に自信がなくなりますが、実に不思議なニュータンタンでした。

店情報:川崎市宮前区鷺沼3-1-36/044-853-2802/休?/18:30~???

過去の本店(別メニュー)の記憶

過去の本店の記憶

過去の新城店の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

相模大野 ラーメン二郎(スモジ)

今年、神奈川の二郎4件目として、相模大野の二郎初訪。

神ラー会内でも評価の高いお店。先日食べた関内二郎もかなりレベルが高いためそれを超える味なのかどうかが気になります。

通称スモジと呼ばれているようで、元力士さんが店主のようです。

途中、車で事故渋滞などにはまり開店時間に間に合わず。

P1010775

ようやく到着して、以前一刀斎へ行くときに使用した40分100円という格安パーキングへ。安いですね。

P1010764

行列は覚悟してきましたが、かろうじて行列はできていません。行列度では関内店に軍配があがるようです。

食券を購入し、席へつくと一目で店主と分かる方がいます。ネット上での情報では怖いイメージがあったのですが、特にそんな感じはありません。

そして、ラーメンが到着。

P1010762_2

ニンニク、脂マシをコールしました。

まずは、スープ。かなり豚骨濃度が高く、一瞬家系?と思うほど。

全体をかき混ぜるとダレが十分にスープに融合し二郎のスープになりました。それでもかなり粘りのあるスープは二郎直系とは思えない食感。

麺と非常によく絡んで箸が止まらなくなります。かなり中毒性の高いラーメン。

チャーシューも脂分が多いですが、これまた自分の美味しさのツボにはまりまくり。

一気に食べつくしました。最後まで食べてもそんなに苦しくないのは量が少ないのではなく恐らく自分の胃が大きくなったためだと思われます。

最近二郎系の食べすぎかも。

関内店と比較すると、どちらが美味しいとかいうレベルの話ではないことに気づく。

関内はこれぞ二郎という味を追求しているお店。※

相模大野は二郎の可能性を最大限引き出す味を追求しているお店。※

※どちらも自分の主観です。

関内と相模大野が神奈川二郎の東西横綱(主観)と思った瞬間でした。

相模原はKAZEと二郎というリピート必至のお店が多く、また二郎の近くには一刀斎もあり非常にうらやましい街です。

店情報:相模原市相模大野 6-14-9/090-3877-2551/休月(基本)/(火~金)11:00~14:00、18:00~21:00、(土および第2・4日)11:00~15:00

過去の二郎直系関内店の記憶

過去の二郎直系川崎店の記憶

過去の二郎直系小杉店の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

鶴見 106(トオル)

鶴見の二毛作の有名店、木曜日は106(トオルと読むらしい)の日。

今回は、お店のブログでしっかり営業日を確認して万全の態勢。のはずが、デジカメのバッテリが殆ど切れていたことを思い出す。

自分が食べ歩いた軌跡を残せない・・・やめるか。と思いつつ、電源投入をラーメンが出る直前まで抑えて最後の力で撮れるはず。一か八かの賭けでお店に向かう。

開店間もない時間で行列しているかと思いきや並ばずに店内へ。

そして、早速二郎インスパイアの豚醤油を購入。

P1010759

出てくる直前、恒例の無料トッピングコールでニンニクアブラ増しを注文。

残ったバッテリで慌てて撮った写真はかなり失敗。自分の影も写る始末。お店の人に悪いのでこれはまた来るしかないか。

とりあえず、今回は106で食べることが出来たという満足感のみブログに残す。

次回(来年)はまず、106の親爺さんのお店である麺バカ息子に初訪したい。

店情報:横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15/045-306-8566/休木曜以外/18:00~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

元住吉 花月(ギンギラ星)

花月の久々期間限定ラーメンは、武蔵境の有名店「きら星」ラーメンとのコラボとの事。

きら星は未訪であるが、有名店とのことで期待大。

P1010751

濃厚豚骨ベースで、カツオ餡が特徴的。

この手のラーメンは個人的に好みであるが、何か新鮮さを感じない。

味的には、花月に豚そば銀次郎があり、豚骨スープに魚介を絡めた代表的なラーメンがあります。

そういう背景を鑑みて今回コラボする意図が見えなかった。

もう少しシナジーを感じるコラボを期待。

店情報:川崎市中原区木月2-10-5 /11:00〜26:00/休無/11:00〜26:00

過去の限定ラーメン(ブラック)記憶

過去の限定ラーメン(熱烈坦々麺)記憶

過去の限定ラーメン(柳麺えびす屋)の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (1)

保土ヶ谷 麺や神音

神ラー会イベント新人王決定のため、川崎以外で注目となったラーメン屋へ。

菜良に続いて2店目。

このお店は、「麺や」という名前を冠しているだけあって麺にこだわりがある模様。

P1010738 

スープの種類と麺の種類が3種類ずつあり、チョイスに悩ましい。さらに、この日は、超あっさりと超濃厚の2種類のスープも選べる模様。

今回、塩:超極細麺、味噌:二刀流麺、醤油:関東最大級極太麺を選択。醤油のみ濃厚スープ。

極太麺は時間がかかるので遅れてできるとのこと。

P1010742

まずは、あっさり塩。

先日の本丸亭の味を未だ引きずって非常に物足りない。

P10107451

味噌は、出汁のうまみが分からず。味噌の味が支配的。

P10107481

期待の豚骨ダレの醤油ラーメンも、極太麺(関東最大級といいつつ他にもあるのでは?)もスープに全く絡まず。

麺のこだわりはいいが、スープとの相性も含めてお奨めの構成を提示すべきではないか?

たまたまチョイスを間違ったのか、本当は良い組み合わせがあるのか不明でした。

冒険心のあるお店だと思うので更なる進化を期待したい。

店情報:横浜市保土ヶ谷区峰岡町2-113-2/045-340-0520/休水/11:00~15:00 17:00~24:00 日曜11:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

鶴見 男の花道

鶴見に新しいお店が出来たということで、初訪問。「若松」にも行きたいところですが、とりあえずはより新しいお店へ。

P1010720

すぐそばにある「豚八」というお店の関係者が近くに別のお店を開いた様子。

P1010722

券売機の上位はつけ麺が占めており、つけ麺が主流と思われる。

この日は、塩つけ麺とタンタンメンを注文。

タンタン麺はニンイク入りという記載があり、ニュータンタンインスパイアを想像させます。

まずは塩つけ麺。

P1010728

塩ダレは、結構ショッパイがさらに岩海苔の塩分も加わりかなりショッパイ味。

個人的には上品なつけダレよりいけると思うが、かなり塩分が高め。

P1010725

タンタン麺は予想通りニュータンタン系。調理の様子をじっと見ていたら、味見をした店主さんが最後にちょっとタレを加えた模様。

これがきいたのかこちらも結構しょっぱめの味。最後のタレが無ければ無難な味になったと思われる。

しかし、ニュータンタンとしてそこそこ楽しめる味。

ラオタ好みのお店が多い鶴見地区において、飲み屋帰りのお客をつかまえるには適度に敷居の低いお店としてそれなりに良いのではないかと思われる。

店情報:横浜市鶴見区鶴見中央4-19-9/090-1508-0501/休日/11:30~14:00 18:00~23:00

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年12月13日 (日)

藤沢 らーめんはじめ

茅ヶ崎で、二郎インスパイアである菜良を食べたあと帰路の途中、思ったよりボリュームが無かったのでもう一軒行けるかも?とお腹が現況を報告してきます。

折角ここまできたので、もう一杯いくか!というノリは神ラー会のほかのメンバーのブログを見ても良く見かける光景。

早速車を横につけて、らーナビで近くを検索。

すると、数百メートルの距離になんとらーナビの達人もお奨めの6つ星(石神氏以外全員がお奨めらしい)のお店を発見。これは是非行かなければ。と車を藤沢本町へ。

とりあえず、パーキングに車を止めお店を探すと非常に目立たない所で営業していました。

P10106901

一見営業していないかのように静まり帰っていますが、中を除くと何人かが食べています。行列覚悟していたのに拍子抜け。

とりあえず中に入ってメニューをチェック。

お奨めはらーナビを見た感じラーメンとつけ麺どちらもお奨めのようです。さらに味噌もあり選択に悩みます。最終的に、つけ麺を注文。2件目ということでつけ麺なら楽勝かなと・・・

自家製麺は茹で時間がかかるのか結構待たされます。待っている間らーナビのコメントをチェック。するとこのお店の店主夫婦は非常に低姿勢とのこと。

確かに自分の後は満席状態となり後から来た人に対して"すいませんすいません"と何度も謝っていました。

また、前の客が出て行くと席がまばらに空いたため、自分が席を詰めて後の複数の客の席を空けてあげると、また"すいませんすいません"とひたすら謝っています。

並ぶ事無く入った割りに結構待たされて漸くラーメンが出てくると、また、"お待たせしてすいません"と本当に低姿勢です。

ここまで謝られると普通の接客とは雰囲気が異なり何か妙な気分になります。そういうご夫婦なのでしょう。

そして、待ちにまったつけ麺です。

P10106891

写真から雰囲気は伝わりませんが、麺の量が半端ではありません。大皿にこれでもかと麺が盛られています。パーティ用のスパゲッティが出てきた気分。

2件目で軽く寄ったつもりがこんなガッツリ系のお店だったとは。

これで残したら今度はこちらが"すいません"と謝るシステム?と思いつつ食べる前から脂汗が出てきます。

つけダレは和風醤油ですが、酸味とピリ辛と甘みが効いたタレで非常に食べやすく癖になりそうな味です。これが6つ星の味!?

分厚いチャーシュもつけダレと絡めると非常に美味い!そんな余裕もないはずですが。

結局この美味しいつけダレのお陰でボリュームタップリで苦しみながらも意外に完食できました。

あまりの満腹感に食後は、源義経が祭られている近くの白旗神社を散策して帰りました。

P10107001

食べ歩きのもう一つの楽しみでもあります。

P10106951

店情報:藤沢市藤沢3-2/???/休月、第3火/11:00~14:30 17:30~21:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

茅ヶ崎 菜良

神ラー会に入って2年目ですが、おかげで色々な方より様々な情報が入ってきます。

新しいお店が出来ると皆さん本当に素早くレポートしてくれます。

そんな新店情報から、去年に引き続き新人王を会で選ぼうというイベントが年末に行われます。

とりあえず、川崎の新店は大抵押さえているつもりですが、如何せん川崎以外は殆ど知りません。

そんな中で、最近二郎系にハマッテいる自分が注目しているお店が

二郎インスパイア系「菜良(サラ)」です。

以前湘南食べ歩きに行ったとき、食べ歩き対象のお店ではありませんでしたが、同行のしげきんぐさんがお勧めしていたお店でなぜかずっと頭の隅に残っていました。

思い出すといてもたってもいられなくなり、一念奮起して久々に茅ヶ崎へ一人旅です。

開店前に到着したため、ちょっ付近を散策。すると、サザン通りなるものが。これも一人旅の醍醐味ですね。神ラー会の食べ歩きも楽しいですが、所謂団体行動でもありますのでこういう気楽さもいいですね。

P10106711

さすがサザンの町。

P10106741

こういう看板を見つけましたが本当にサザン神社なるものは実在するのでしょうか?

ブラブラしながらも場所は以前しげきんぐさんに教わっていたため悩まずに到着できました。感謝!

開店約5分前ですが、既に4人程列が出来ています。内女性が2名です。凄い!

後から来たおじさんに、「このお店何時に空くの?」と聞かれました。一応始めてのお店ですが、事前調査していたので、「11時半位じゃないですか?」と答えると自分の後ろに並びました。

P10106831

ほぼ予定通りの時間になるとお店が開きました。店内に入ると四方のうち三方にカウンタがあり、それぞれ自由に座れる模様。

皆ばらばらに席に着いたのはいいですが、注文は2名の店員さんがはしから順に聞いて回ります。一番奥に陣取った自分は最後に注文を聞かれることに。さっき聞かれたおじさんより後になってしまいました。

ちゃんと整理して欲しいなと思いましたが、サザン通りや冬の茅ヶ崎は非常にのんびりした雰囲気で細かいことは気にするなということでしょうか。

P10106761

とりあえず、メニューは今回初めてなので、看板メニューと思われるえぼし麺を注文。無料トッピングは注文の際に聞かれるようです。

ここまでインスパイアしてないのですね。ということで、注文時ににんにく&アブラをお願いしました。

待っている間に店内の雰囲気を眺めていると、何となくですが湘南を感じさせてくれます。

そして壁には年末年始の営業情報が。

P10106771

結構ぎりぎりまでやっているんですね。

他に、破れた壁紙の跡を見ながら誰が破ったんだろうと意味の無いことを想像しているとラーメンが到着。

P10106811

如何にも二郎インスパイアしています。えぼしラーメンというくらいなので、デフォで野菜がえぼしのように盛られているかと思いましたがそれほどでもありませんでした。

スープは、豚骨も醤油もそんなに主張がなく、お店の雰囲気に合わせてか上品な二郎インスパイアです。にんにく背脂をトッピングしても決して下品な味にならずに最後まで頂くことが出来ました。

麺は極太でうどんのような麺ですが、これまた結構美味しいです。

これなら女性でも普通に一杯食べれるのではないでしょうか。

がっつり食べるぞと意気込んできましたが、町とお店の雰囲気が何か和やかさを感じさせてくれます。

店を出る頃は新人王のことはすっかり隅に追いやられ久々にまったりした時間を過ごすことができました。

店情報:茅ケ崎市中海岸1-1-66/???/休月/11:30~15:00 18:00~22:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

厚木 麺や食堂(厚木遠征その5完結)

厚木ツアー5店目は、厚木の名店麺や食堂。昔はブラジルという名前だったそうで看板にもブラジルの文字が。

P10106701

食べ歩きの最後ということで全員が入店。

メニューは味玉そばと、味玉塩そばを注文。かなり胃も満たされ状態であるため、RYU星人さん、kun、harutanで分けて食べることに。

P10106661

味玉そば。評判どおり非常にあっさりして優しい感じのスープ。食べ歩きの最後ということで何やら心も体も癒される感じ。

美味しいのですが、スープに対して醤油ダレがあっていないというか、バランスの悪さを感じます。

P10106691

一方で塩そばはあっさりしたスープを損なう事無く塩味が美味さを引き出しています。

さすが老舗の味、麺や食堂。

総括として、ZUND-BAR、麺や食堂共に美味しい塩ラーメンの名店が多い厚木でした。

ですが、1店目の本丸亭の美味しさが群を抜いており、頭の中では常に本丸亭との比較回路が作動。

結果的に美味しい塩ラーメンのお店は本丸亭の引き立て役になってしまっている状態。

このハイレベルな塩ラーメン地帯で不動の地位を築いている本丸亭の素晴らしさが際立った瞬間でした。

自分の中で今回の厚木ツアーを一言で振り返ると、「本丸亭に始まり本丸亭に終わる」でした。

店情報:厚木市幸町9-6/046-228-3978/休月/平日11:30~14:00 18:00~22:30 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

厚木 らーめんDINING 慶(厚木遠征その4)

厚木ツアー4店目は、中村屋出身の方が始めた超有名店。味噌ラーメンが売りらしい。

かねてからの持論で塩ラーメンが売りのお店の味噌は今一。この法則が適用されるのか?

しかし、このお店自身は塩が売りではないのでそんなことはないのでしょう。

更にマーコさんに味噌クイーンと命名されたkunの注目のお店でもあります。

P10106601

しかし、食べ歩きも4店目ということで、ここでは、kunと2人で一杯を注文。

harutanは直前のデニーズでスイーツに満足し戦力にはならず。

何はともあれ目当ては味噌ラーメン。

P10106581

かなりクリーミィかつドロドロ感をかもし出しているスープは非常に美味しそう。

しかし、一口スープを飲むと・・・前回の相模原食べ歩きの記憶が脳裡をよぎる。

スープが甘い!この甘さは相模原「おやじ」のポタージュ系スープを思い出す。

特に辛党の自分にとってこの味はうーん・・・

料理としては美味しいのかもしれない。セレブ向き?

育ちが良くない自分には体質的に好みじゃあないかも・・・

二郎系はスープは甘いが、ニンニクでワイルド感を出しているように、もう少しニンニクなど大胆に使って欲しかった所。

kunも「がき大将」のニンニクショウガが効きまくった味噌ラーメンを好みにしているため、この上品な味は向かない模様。

夫婦して類友だったのが分かった瞬間でした。

店情報:厚木市中町2-10-14/046-296-7707/休火/11:00~翌2:00

過去の甘い味噌系おやじの記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

厚木 ZUND-BAR(厚木遠征その3)

厚木ツアー3店目は、人里離れた場所にお店を構える超有名店ZUND-BAR。

このお店はこれまた超有名店、中村屋店主の血縁関係のお店と言うことで、厚木家に続き血縁関係有名店シリーズとなります。

ラーメン屋の才能にも血統はあるのでしょうか。

移転前の中村屋では上品ながらもワイルドさを感じさせる非常に美味しいラーメンに出会い、その兄弟店であるZUND-BARにいつかは行こうと思っていたお店です。

P10106481

ようやく来たかという思い。本当にこういう食べ歩きじゃないと来れません。

既に日も暮れ、周りが暗いため看板も怪しげな雰囲気を醸し出しています。

店内は、周辺地域とは全く異なる都会風の店構え。前評判通りで異次元に来た感覚。

そして今回のメニューはCLASSICの醤油こってり、塩あっさりを注文。

まずは、CLASSICの醤油こってり。

こちらには、ラーメンのほかに別の器にチャーシュー(トッピング用?)、ご飯などがついています。この意図は何?

P10106361

食べ歩きなのでご飯物は外したかったのですが、折角来た記念なので。とりあえずラーメンに専念。

スープは澄んだスープをイメージしていたが、ちょっと雑味が気になります。雑味の正体は不明ですが、あまり好もしくない味。

麺といい、チャーシューといい非常に美味しいのにこれが昔のスープだったのでしょうか。

一方、kunが頼んだあっさり塩ラーメン。

P10106391

こちらは、期待通りの澄んだスープに塩が程よく効いた味ですが、個人的にはこってりにしたかった。

あっさり塩であれば、1店目の本丸亭に軍配が上がります。

今回、初訪問ということもありますが、メニューの選択に悩むお店です。

本来、塩と醤油だけならkurash&kunで食べつくせたのに、更にCLASSICやこってりあっさりなど組み合わせが豊富になり初訪の人には悩ましい。

何度もこれる店ではないので、これぞZUND-BARという看板メニューが欲しいところ。

次回、来ることがあれば、塩こってりを食べて昔の中村屋のイメージを取り戻したい所。

店情報:厚木市七沢1954-7/046-250-0123/休水(第2・4木曜)/11:00〜20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

厚木 厚木家(厚木遠征その2)

厚木ツアー2店目は、"囲"というお店のつけ麺を狙っていたのですが、臨時休業とのこと。

残念ですが、もし営業していたら厚木家と連食になるためほっとした部分もあります。また別の機会に"囲"には行きたい所。

という訳で厚木家へ到着。

しかし、ツアーの他のメンバーは既に食べたことがあるらしく、殆どが新興のMUGENというお店へ向かい、gromitさんとラーメン部の方々が厚木家へ。

P1010580

厚木家は家系直系のお店。

今年直系は、これまで横横家、杉田家、吉村家、環2家と食べ歩いてきてここで5店目となります。

しかも、吉村氏の血筋が営業するという名実とも直系のお店。

期待が高まります。

食券は行列拒否のSINさんが行列になったからいらないと言って購入済みの食券を個人売買で購入。

好みについては全て普通で注文。

P1010578

何はともあれスープを一口。

最初醤油がきついかなと思いつつ、すぐ直後に豚骨が口の中で広がります。

この醤油と豚骨の互いの主張が正に直系の味。

味は杉田家に近いかなと思いつつ、鶏油が豚骨と醤油の仲を取り持つように効いてきます。

最初杉田家、後吉村家といった感じです。

相変わらず直系の味はレベルが高い。

しかし欲を言えば、体が塩分を欲しないこの季節、もうすこし濃度を抑えた方がいいのでは?と感じました。

その店、本丸亭はこの季節にもあった塩加減に調節してるのか。改めて素晴らしい味でした。

店情報:厚木市妻田東2-25-11/046-222-3888/休月/11:00~24:00

過去の環2家の記憶

過去の吉村家の記憶

過去の杉田家の記憶

過去の横横家の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

厚木 本丸亭(厚木遠征その1)

今年始まった神奈川のラーメン食べ歩きもはや5回目を迎えました。

小田原⇒湘南⇒三浦⇒相模原⇒厚木の順です。

3回目の三浦ツアーは個人的な都合で急にキャンセルになりましたが、今回でトータル4回24件の名店を食べ歩く事ができました。

時には1食を3人で食べる(この場合、一応お店の方に許可はもらってます)という裏技も使用していますが、それぞれのお店を堪能できました。

中々川崎から出ない自分にとって、川崎以外のラーメン情報に疎いのですが、マーコさんのチョイスが素晴らしく、はずれのないラーメン食べ歩きが出来ることがこのツアーの醍醐味です。

という訳で厚木ラーメンツアーの第1店目。

神奈川を代表する名店。本丸亭。

以前食べた川崎の本丸亭は第一印象があまりよくなかったので、本丸亭にするか、2店目の囲にするか悩ましい所。

しかし、本丸亭本店はマニアは抑えておかなければ・・・というマーコさんの助言で本丸亭へ。

P1010565

開店前というわけで神ラー会で並びますが後ろには続々他のお客がやってきます。

店の前には貼り紙があり、限定10食トマト釜揚げ塩つけ麺の文字が。

とりあえず、メインのラーメンは塩ラーメン好きの頼もしき味方harutanが食べるはずなので、自分はこの限定を注文。

しかし、同行のかめさんしおさんの助言により、普通の塩ラーメンから海老ワンタン入り塩ラーメンを注文することに。

食べ歩きでトッピングは禁物と思いつつ地元ラオタのお奨めということではずすわけには行きません。

そして、まずは先に出てきた海老ワンタン入り塩らー麺。

P1010569

非常に澄んだスープです。kunとharutanが食べるはずのラーメンを何はともあれインターセプトし、一口。ことラーメンになると自分は鬼畜になってしまうのか。

味は、川崎で体験した味と全く違うラーメンに思えました。決定的な違いはやはり塩加減です。出汁の美味しさを最大限に引き出す塩加減になっています。

これが本丸亭か・・・絶句でした。

またプリプリの海老が入ったワンタンは塩ラーメンとの相性は抜群。チャーシューも抜け目なく美味。

かめさん&しおさんのお奨めにしてよかったです。

続いて、トマト釜揚げつけ麺。

P1010572

こちらは平打ち麺のせいか茹で時間もかかるらしく遅れて登場。茹でトマトが丸ごと入っています。これを砕いて食べてくださいとの事。

最初は、トマトは砕かずに一口。こちらも塩加減抜群のつけ麺です。更にトマトを砕く事で塩とトマトの酸味が非常に相性よく絡んでこれまた絶品ラーメン。

今月までの限定らしいですが、もったいないメニューです。

あっという間に1店目は終了ですが、これでもかという程の美味しさを堪能できました。

本丸亭に来て本当によかったと思った瞬間でした。

店情報:厚木市幸町4-10/046-227-3360/休火/11:00~15:00 18:00~22:00

過去の川崎店の記憶

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »