« 厚木 厚木家(厚木遠征その2) | トップページ | 厚木 らーめんDINING 慶(厚木遠征その4) »

2009年12月 6日 (日)

厚木 ZUND-BAR(厚木遠征その3)

厚木ツアー3店目は、人里離れた場所にお店を構える超有名店ZUND-BAR。

このお店はこれまた超有名店、中村屋店主の血縁関係のお店と言うことで、厚木家に続き血縁関係有名店シリーズとなります。

ラーメン屋の才能にも血統はあるのでしょうか。

移転前の中村屋では上品ながらもワイルドさを感じさせる非常に美味しいラーメンに出会い、その兄弟店であるZUND-BARにいつかは行こうと思っていたお店です。

P10106481

ようやく来たかという思い。本当にこういう食べ歩きじゃないと来れません。

既に日も暮れ、周りが暗いため看板も怪しげな雰囲気を醸し出しています。

店内は、周辺地域とは全く異なる都会風の店構え。前評判通りで異次元に来た感覚。

そして今回のメニューはCLASSICの醤油こってり、塩あっさりを注文。

まずは、CLASSICの醤油こってり。

こちらには、ラーメンのほかに別の器にチャーシュー(トッピング用?)、ご飯などがついています。この意図は何?

P10106361

食べ歩きなのでご飯物は外したかったのですが、折角来た記念なので。とりあえずラーメンに専念。

スープは澄んだスープをイメージしていたが、ちょっと雑味が気になります。雑味の正体は不明ですが、あまり好もしくない味。

麺といい、チャーシューといい非常に美味しいのにこれが昔のスープだったのでしょうか。

一方、kunが頼んだあっさり塩ラーメン。

P10106391

こちらは、期待通りの澄んだスープに塩が程よく効いた味ですが、個人的にはこってりにしたかった。

あっさり塩であれば、1店目の本丸亭に軍配が上がります。

今回、初訪問ということもありますが、メニューの選択に悩むお店です。

本来、塩と醤油だけならkurash&kunで食べつくせたのに、更にCLASSICやこってりあっさりなど組み合わせが豊富になり初訪の人には悩ましい。

何度もこれる店ではないので、これぞZUND-BARという看板メニューが欲しいところ。

次回、来ることがあれば、塩こってりを食べて昔の中村屋のイメージを取り戻したい所。

店情報:厚木市七沢1954-7/046-250-0123/休水(第2・4木曜)/11:00〜20:00

|

« 厚木 厚木家(厚木遠征その2) | トップページ | 厚木 らーめんDINING 慶(厚木遠征その4) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木 ZUND-BAR(厚木遠征その3):

« 厚木 厚木家(厚木遠征その2) | トップページ | 厚木 らーめんDINING 慶(厚木遠征その4) »