« 川崎ラーメンツアー(反省会編) | トップページ | 川崎 マキタ »

2010年2月25日 (木)

川崎ラーメンツアー(エピローグ)

神奈川のラーメンを盛り上げよう!会の食べ歩きイベントも最後の反省会を終え、皆さんもようやく帰ることに。

しかし、会長マーコさん。実は最後の最後にとっておきのお店を用意していました。

新城駅前のあじくらというお店。なぜ今更あじくら?

P10208951

このお店は、かなり昔麺ロードという喜多方ラーメンのお店でした。更にその前のお店のときの名前は失念。

麺ロード時代は当時喜多方ラーメンが珍しく、非常に良く行ってました。(主に飲んだ後)

この時期に現在の自分の体重が培われたといっても過言ではありません。

その後あじくらに変わってからは殆ど行くことはなくなっていました。

そんなお店がなぜ今回の〆のお店なのか?

実は、最近ニュータンタン系のラーメンを出しているらしいと会長の一言。地元の人間でいながら地元の情報を会長から入手しているという情けない状況は前回の游柳を思い出す。

そしてこのお店には、これまで散々食べてきた会のメンバー殆どが行くことに。

ラーメン部1号さんなど6店のラーメン&ライスを食べたにもかかわらず、とどめの一杯で7杯目!世の中にはこんな人も居るんだと思い知らされた瞬間でした。

P10208911

そして、注文したのは、こくうま坦々麺。会長はさっぱり坦々麺を注文。

ニュータンタン系といいつつメニューは漢字表記になっています。

P10208931

上がこくうま。たしかにニュータンタン系にプラスして醤油のコクがあります。

P10208941

こちらはあっさり坦々麺。スープや卵、挽肉のみならず麺もかなりニュータンタンしています。

新城ではかなりの確率で行列しているニュータンタン。混んでいるときはこちらで食べてもいいかもと思わせるインスパイア度でした。

これで、新城だけでもイソゲン、あじくら、新屋と3店もニュータンタン系が食べれるお店が存在することに。ニュータンタン系がどれだけ川崎に浸透しているかが分かった瞬間でした。

〆のラーメンを食べて皆さん満足したのかようやく帰路へ。

P10208961

皆さん無事帰り着いたのでしょうか。

都合10時間以上のお付き合いでした。本当にご苦労さまでした。

|

« 川崎ラーメンツアー(反省会編) | トップページ | 川崎 マキタ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎ラーメンツアー(エピローグ):

« 川崎ラーメンツアー(反省会編) | トップページ | 川崎 マキタ »