« 南房総&鴨川 いそや&きらく坊(千葉遠征初日その4) | トップページ | 竹岡 梅の家(千葉遠征2日目その6) »

2010年4月 8日 (木)

勝浦 はらだ(千葉遠征2日目その5)

先日、勝浦タンタンメン元祖で評判通りの辛うまラーメンを堪能。

そして、翌日の一店目は勝浦タンタンメン一番人気のお店「はらだ」へ。

P1030586

こちらは「江ざわ」より更に辛いと下調べで分かっているが本当に美味しいのか?

壁にはってある薀蓄によると、勝浦のタンタンメンは通常のゴマ系とは違い、ラー油系タンタンメンらしい。

今回、SINさんがタンタンメン、Ayaさんは辛くないラーメン、会長は味噌タンタン、そして自分はつけ麺を注文。

P1030564

まずは、Ayaさんの辛くないはずのラーメンを少し頂く。

しかし、辛くないはずのラーメンも表面に微かにラー油が浮いており、スープを飲むと結構喉がヒリヒリ状態に。恐るべし。

P1030568

SINさんのタンタンメン。評判どおりスープを飲むと皆がむせ返る辛さ。しかし、辛さの中にうまさあり。昨日の江ざわより何か惹きつけるものがある。

P1030572

そして、会長の味噌タンタンメン。こちらもむせ返る辛さ。しかし、この辛さと味噌の組み合わせはなんとも癖になりそうな辛うま状態。ラー油とタマネギの甘さと味噌が巧みに絡んで正にレンゲが止まらない状態!だけど辛い。

P1030575

そして自分のつけ麺。ソーメンのようなつけダレの器はなんともいえないが、味は他のタンタンメンと同様に超辛うま。流石勝浦タンタン一番人気のお店。

辛口が苦手な人には難しいかもしれないが、辛党の人は是非一度は食べてみるべし。

と思うほど美味しいタンタンメンでした。こんなラーメンが、こんなアットホームなお店で造り出されるとは千葉県恐るべし。

P1030577

最後はスープ割を頼んで辛さに苦しみながらも美味しさで飲みきりました。

勝浦タンタンメン。前評判以上の美味しさでした。今度勝浦にきたら再訪必至のお店です。

P1030580

帰りは、となりの原田商店で「勝浦タンタンメンチップス」を購入。これで300円は高いぞ!?

店情報千葉県勝浦市松野388/0470-77-0347/休火/11:00~ 18:30

はらだ対抗馬:麺や新のすけの記憶

|

« 南房総&鴨川 いそや&きらく坊(千葉遠征初日その4) | トップページ | 竹岡 梅の家(千葉遠征2日目その6) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝浦 はらだ(千葉遠征2日目その5):

« 南房総&鴨川 いそや&きらく坊(千葉遠征初日その4) | トップページ | 竹岡 梅の家(千葉遠征2日目その6) »