« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

東山田 あびすけ

元住、日吉の名店、あびすけが東山田に進出。

P1050183

巨大な看板は、クルマで側を通ると嫌でも目に入るほどアピールしている。

駐車場もあることであびすけファンにとっては来易いお店。

P1050185

駐車場は一杯かと思ったら第二駐車場がありギリギリセーフ。

今回は、食べたことのない辛つけ麺を注文。

P1050181

思ったより注文してから出てくるまでの時間が短い。麺を変えたのでしょうか。

つけダレは非常に辛からく舌が痛く感じるほど。

こういう辛さはあまり好きではない。

しかし、定評のある濃厚魚介豚骨は相変わらずの美味しさ。

普通のつけ麺にしておけばよかった。

何にしても、あびすけに駐車場付きは鬼に金棒のような気がする。

店情報:横浜市都筑区早渕3-2-1/休無/045-593-8922 /11:00~24:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

川崎 麺屋二宮

新店ラッシュの川崎ですが、以前川福家という家系のなかでもレベルの高いお店が別のお店に変わっただけのようです。

やはり立地的にお客が呼べなかったのでしょうか。

そして新店はその課題をクリアしているのか?

P1050170

店内は居抜きのようですが、看板は新調しているのでしょうか。

午前の部ギリギリの訪問だったせいか、暖簾がしまわれていましたが滑り込みセーフ。

お店は坦々麺が一押しの中華系ラーメン屋のようです。

P1050169

写真は自慢の坦々麺。

醤油ラーメンの上にゴマダレが追加されているようです。

因みに青菜は、青梗菜ではなくホウレンソウのようです。挽肉も特に見当たらなくチャーシューが載っていました。

普通の中華そばにゴマダレが追加されたような味。悪くは無いですがちょっと拍子抜けした味。

そして、kunが頼んだ醤油麺。

P1050165

坦々麺-ゴマダレといった雰囲気。

特に味は悪くはないと思われるが、立地の課題がクリアできているかどうか?

ちょっと心配なお店。

店情報:川崎市幸区幸町2-690/休??/044-533-5388/昼11:00~15:00 17:00~22:00

前のお店川福家の記憶

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月29日 (木)

小杉 割烹こすぎ

以前、美味しい焼き鳥と別の美味しい居酒屋があったと思われる場所が、ぶち抜きで一緒になり別の居酒屋なっていました。

店名は、割烹小杉。焼き鳥屋の名前は「たまや」?だっけ?記憶が定かではない。

P1050157

そして、そのお店の看板には・・・

P1050158

瓶ビール390円、レモンサワー100円これがオールタイムというので驚きの価格設定。

瓶ビールは、

P1050143

サッポロの大瓶です。390円はかなり市販価格に近くお徳。

P1050150

大ジョッキも680円とオリエンタルほどではないが、中々の大きさでお徳感あり。

P1050152

料理は普通の値段ですが、お酒の安さが際立つ。

とにかく酒が飲みたいオヤジには嬉しいお店。

P1050148

しらすオロシは鎌倉で食べたしらす丼と比べると普通の味。比較対象が悪過ぎか。

P1050149

写真は博多皿うどん。これは、豚骨風味のあんかけと紅しょうがが博多風を表現しているようですが、ナルトは博多風ではないような。

料理は全般的に美味しいですが、普通の値段。酒飲みには嬉しいお店でした。

店情報:川崎市中原区小杉町3-430-1/休無/044-722-3556/16:00頃~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

南加瀬 麺童虎徹

新店ラッシュの川崎で食べるのが追いつかない。

今回は、南加瀬の家系ラーメンのお店のようです。

未だ近くの喰我も食べれていないが、こちらの方が興味をそそられる。

P1050137

非常に綺麗な外観であるが、エアコンが故障しているのか扇風機だけで店内は異様な暑さ。

今回、ラーメンと虎徹ラーメンを注文。本当はつけ麺が欲しかった。

P1050131

こちらは普通のラーメン。

P1050136

こちらは虎徹ラーメン、単にトッピングの違いだけのようです。

スープには胡麻が浮いており、神ラー会SINさん薀蓄から察するに千家・濱壱家グループではないかと思ったが、実態は焼鶏屋のチェーンのようです。

虎徹ラーメンにはキャベツのトッピングがあることから結構濃厚スープではないかと予想したが、予想に反してかなりライトな豚骨スープになっている。

お店の売りは、無化調らしいがその分自分の舌には物足りなさを感じるし、その分塩気が強い気がした。

店情報:川崎市幸区南加瀬4-26-7/休??/044-201-4544/昼??:00~??:00 16:00~25:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

新横浜 龍上海(味噌つけ麺)

今回は、こむらさきの冷やし和え麺を食べようという意気込みでランチタイムを迎える。

ラー博の入り口では待ち時間0の表示を見て一安心。

しかし、地下2階まで降りるとタイミング悪く数人のお客が券売機に集まっている。

仕方なく、軌道修正し龍上海のつけ麺へ。ここの夏メニューは冷やしからみそラーメンよりつけ麺がお気に入り。

P1050122

念のため、辛味噌は別皿です。

P1050125

やはりこのお店は味噌ラーメン自体が美味しい。それに気持ち辛味噌を絡めるという食べ方が自分にあっている。

しかし、つけ麺だけで汗だくになってしまうこの暑さなんとかして欲しい。

店情報:横浜市港北区新横浜2‐4‐4/休無/045-476-0118/11:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月25日 (日)

中原 らあめん花月嵐(期間限定なつがお)

定期的に限定ラーメンを出してくる花月、しかし、コラボラーメンは中々これはという味に出会っていない気がする。

そんな中、せたがや前島氏とのコラボということで期待しながらの訪問。

P1050114

最初スープが薄いかなと感じたが、味わって飲むと確かに淡麗な魚介スープの深みのある味が爽やかさを感じる。

そして、花月マスターの特権で毎度のトッピング海苔と絡めると磯の風味が前面に出て更に美味しいラーメンに。

このコラボは結構良いのでは。

次回嵐げんこつラーメンDEVILも楽しみ。

店情報:川崎市中原区上小田中6-19-9/044-789-8855/休無/11:00〜26:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月23日 (金)

尻手 渡辺家

家系(新横浜ラーメン)を名乗るお店ではかなり老舗ではないかと思われる尻手の渡辺家を初訪。

P1050100

店内は、先客が一名で冷房が全く効いていない。

これはつらいかも、と思っていたらお店の人が気を使って冷房をいれてくれた。先客の人はそれでよかったのか?

そして、注文はラーメンと坦々麺。家系の坦々麺という事で珍しいのでは?

P1050105

しかし、出てきたラーメンは見た目豚骨濃度がかなり薄そう。

家系ラーメンは最後まで食べられないkunもこれなら食べられると最後まで食べることに。

しかし一般的に味が薄い。

P1050108

期待した坦々麺もスープは豚骨ベースのようで、胡麻と豚骨の組み合わせ的には悪くないが、スープ全体が薄く感じられちょっと残念。

立地的には国道沿いということもあり夜中のドライバ向けのラーメン屋という位置づけではないでしょうか。

店情報:鶴見区尻手3-17/休無/0???-??-????/11:00~26:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

鎌倉 ひら乃

鎌倉の美味しい料理に舌鼓を打ち、〆のラーメン屋は近くにあるひら乃でしょう。

ということで、10年以上前に来て以来のひら乃へ。

P1050099

カウンタのみの狭いお店。

P1050098

そして、醤油ラーメンを注文。

味は悪くないが、ちょっと出汁が弱く、塩分に頼りすぎているのでは?と思わせる味。

頭の中がシラスで一杯だったかも?

店情報:鎌倉市小町1-6-13/休火/0467-23-1862/11:30~20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

鎌倉 魚河岸家(シラス)

暑い夏に負けないようにと敢えて夏の鎌倉へ無謀なウォーキング。しかし、梅雨明けの暑さは容赦なく迎え撃ち。

気力と精神力の限界の狭間で適度な落とし所を見つけ、長谷寺から鎌倉へ舞い戻りウォーキングは終了。

そして、最後は歩いた分のカロリー補給のため鎌倉の居酒屋へ。

P1050092

なんとなく美味しそう。と思ったら、居酒屋ではなく創作和風レストランでした。

P1050091

一品料理もあるということで無理やり居酒屋状態。

前回藤沢に来たとき、江ノ島でシラスが色んなお店で売り出していました。

ラーメン目当てであれば、シラスは見逃すのですが、今回、居酒屋として利用したため初シラス丼にチャレンジ。一度食べて見たかった。

P1050082

一応釜揚げでしょうか?一見パサパサしたビジュアルですが、一口食べるとなんと美味しいシラスの味。シソがまた絶妙な味わいを演出。

今までスーパで食べたことのあるシラスとは次元が違う。

調子にのって、生シラスを追加注文。

P1050088

口の中でとろけるようなシラスは人生未体験の食感。

今まで、湘南地方に観光にいって、シラスのお店を素通りしてきた自分が後悔される。

やはり湘南、鎌倉といえばシラスでしょう!とこの日を境にシラスに目覚めた瞬間でした。

その他、お通しやお刺身もかなり美味しいお店ですが、注文してから料理が出てくるまでがかなり待たされるのが玉に瑕。

店情報:鎌倉市小町1丁目7-1/休不定/0467-24-9114/11:00~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

元住吉 さなかの台所オリエンタル

梅雨の暑さがすぎると今度は真夏の暑さ。

というわけで、今回は同僚のK夫妻と暑気払いで今夏再びオリエンタルへ。

誕生月の15%割引は人数が多いほうがより効果的。

P1050021

マグロ三点盛り。オリエンタルといえばマグロ。その美味しさが十分伝わります。

P1050022

ウニは、殻まるごと。これは初めての体験。

P1050026

マグロのカマ。

味付けが最高で思わずご飯が食べたくなる。

本当に魚介好きにはお奨めのお店でした。

店情報:川崎市中原区木月534/休月/044-430-5530/17:00~24:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

府中 らいおんらーめん(来恩)

昔々、ラーメンブームの初期のころ、府中のラーメンといえばらいおんでした。

当時(20以上前)の記憶ではちょっと癖のあるスープで美味しかったかどうかも定かではない。

久々に出張で府中に来ることがあり懐かしさで再訪しました。

しかし、府中という町が昔と様変わりしており、お店はクルルというショッピングセンター内の一角に移転していました。昔の面影全くなし。

P1050014

食券はらいおんラーメンを購入。

久々にたべると昔食べた時のちょっと癖のあるスープが昔を思い出させる。

P1050011

更に、スパイシーなネギと油がスープに絡まりかなり美味しい。

基本は昔と変わっていないようですが、着実に今風にも進化もしている様子。

豚骨ラーメンしか知らなかった自分の、80年代のラーメン黎明期を思い出す。来てよかった。

店情報:東京都府中市宮町1‐50 くるる1F/休年末年始/050-5815-8771/11:00~23:00

過去の一汁一菜の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

平間 焼肉北京(元祖?ニュータンタンメン)

神ラー会会長によって、ニュータンタンの源流を探る活動が行われている。

そして、その源流として平間の焼肉屋北京というお店にたどり着いたらしい。

お誘いを受けて同行させてもらった。会長と、由羽さんと自分の3名で突撃。

北京といえば綱島街道沿いの焼肉交差点と言われる交差点の角のお店を思い出す。

しかし、このお店、焼肉交差点のお店よりかなり知名度が高い全国区のお店であることが判明。

こんな有名なお店が川崎にあったとは正に灯台元暗し。

P1050006

何が有名か?それは、格闘技やプロ野球選手などスポーツ選手が愛用しているお店らしい。

プロボクサーの亀田選手のブログでも紹介されている。ビックリ!

まずは、評判の焼肉。ここのお勧めは上ロース塩焼らしい。

一人前1800円は高いのでは?と思いつつ到着した肉を見ると、

P1040978

この写真では伝わり難いが半端無い量。自分一人だと多分食べきれない。

焼いて食べると、非常に柔らかく多少の脂身もあってロースとは思えない食感。

なるほどスポーツ選手ががっつりと食べに来るのもうなずける。

P1040983

上タン塩焼も肉厚と量が凄い。またこちらも柔らかく牛タン好きにはたまらないかも。

さすが焼肉の町川崎と思った瞬間でした。

そして、お目当てのタンタンメン。

P1040999

これがニュータンタンの源流のタンタンメン。ニュータンタンはこのラーメンを元にしたらしい。

味は牛スープベースが意外にあっさりしており、油っこい肉を食った後の〆のラーメンとしては悪くない。

ニュータンタンの源流調査とはいえ、別の意味で素晴らしいお店が発見できました。

あまりのボリュームなので初心者は注文を控えたほうが良いが、注意すべきは食べ物のオーダーは最初の一回きりしかオーダーできない。

このため追加注文が出来ません。初心者にはハードルの高いお店のようです。

店情報:川崎市中原区上平間1700-36/休??/044-544-1538 /17:30~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

新横浜 龍上海(冷やしからみそ)

冷やし中華はラーメンか?

個人的な考えでは、冷やし中華はラーメンと比較して中華麺以外の共通項があまりに少ないのでサラダラーメンなどと同様に麺を使った別の料理と考えている。

今回、龍上海の冷やしからみそは、からみそを用いているという事でラーメンの一種として期待して臨みました。

P1040974

しかし、トッピングを見ると、冷やし中華のそれ。

タレも、からみそといっていますが、通常のラーメン、つけ麺と異なり、龍上海の味噌の風味がかなり抑えられ、ゴマダレ風に近い。

結果的に冷やし中華に近い味となっている。

個人的にはもう少し味噌を強調して欲しかった。

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

過去のからみそつけ麺の記憶の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

中原 雁来紅(新メニュー:まぜそば明太子)

そろそろコラーゲンそばの季節という事で久々訪問。

残念ながら、コラーゲンそばは復活していない。

代わりのメニューを探していると、まぜそば明太子500円の文字が。

値段安いけどこれは?と思い店主に質問すると、これはコラーゲンそばからコラーゲンを抜いた物らしい。

そう。コラーゲンそばの実態は明太子まぜそば。

P1040969

見た目は麺にネギと青海苔がのっているだけ。これを混ぜると、

P1040970

丼の底から明太子が。しかし、キクラゲと、辛し高菜もなくなっているではないか。

ただ、旨さはコラーゲンそばの後をしっかり継承している。

基本的に明太子パスタのラーメン版といった感じではあるが青海苔の風味が意外にジャンクさ出している。

今年の夏の雁来紅はまぜそば明太子で決まりでしょうか。またこよう!

店情報:川崎市中原区宮内4-32-5/044-752-4190/休水/11:30~14:00 17:00~22:00

2009年夏 雁来紅コラーゲンそば明太子の記憶

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月12日 (月)

本厚木 焼肉ホルモンラーメン 酔笑苑(暑気払いオフ)

本厚木で昼ラーメンを食べ、その後周辺をぶらつく。そして、夕方。

いよいよ目的のシロコロを食べるべく、酔笑苑へ。

P1040922

看板には、ラーメンの文字も。ラーメン屋でもあったのですね。

写真は行列はありませんが、待ち合わせの時間帯になると10名くらいの行列が出来ていました。

今回は宴会ということで、行列とは無縁で2階の座敷席へ誘導される。

P1040935

何はともあれ乾杯!

冷房が効いた部屋で大ジョッキ!先日のオリエンタルのジョッキより一回り小さいが十分なサイズ。最高です。

そして、本命のシロコロ。

P1040932

見た目普通のホルモン。

通常のホルモンは腸を割いた物らしいがシロコロは割かずに管状で出すらしい。

P1040939

という訳で、管状の物体を焼くと外側が腸の外壁?で中に脂が詰まっている上体で焼きあがる。

これを噛締めると、外側は歯ごたえが良く、その後脂が口の中に広がりなんともいえない美味しさとなる。

これに生ビールと来た日には至福のひと時!

P1040944

因みにシロコロは味噌ダレで食べるらしいが、このお店のシロコロはタレが無くても十分美味しい。

残念なことに、シロコロは品切れのため、3人前(10名以上で)しか食べれなかったがその美味しさは十分堪能できました。

また、幹事の由羽さんがこれも美味しいらしいと言って注文したのが、「アミレバ」。

P1040948

一見、芋虫?かと思ってしまうような異形の食べ物。これは、網脂でレバを包んだオリジナルメニューらしい。

焼きあがるとソーセージの様な焼き上がりで、網脂で凝縮されたレバが、いつものレバの食感とは異なるものになっている。焼きレバが苦手な人でもこれは美味しく食べられるでしょう。

その他、

P1040942

牛タンなど、シロコロ以外の肉もそれぞれ美味しく、皆さん良く飲んで良く食べる。

P1040963

そして、ラーメン。

ラーメン単品で食べに来るようなものでは無いと思いますが、あっさり系のラーメンで、焼肉を食べた後の口直しには十分な美味しさ。

期待通りの美味しさで、遠くから来た甲斐があったというもの。

幹事の由羽さん、この様な場をセッティングしていただき本当にありがとうございました。

店情報:厚木市中町3-2-21/休HP参照/046-221-6245/16:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

本厚木 つけ麺専門 虎二

この日夜は、本厚木で神ラー会オフ会という訳で、昼過ぎに到着しまずはラーメンを。

どこにしようか悩んだ挙句、7月~9月までの期間限定のお店ということで虎二を選択。

10月からは、通常の味噌専門店虎一に戻るらしい。夏場限定でメニューを変えると言った思い切った決断。新手のビジネスモデルとなりうるのか?

P1040919

店の看板は虎一のままです。

メニューは魚のつけ麺と味噌つけ麺の2種。味噌は辛さを選べるらしい。

P1040914

これは、魚のつけ麺。

P1040915

こちらは、味噌つけ麺。

見た目は大きな差は無い。

スープはスープ割用スープを直接飲むと、動物系の出汁がメインになっているようで、魚のつけ麺は魚粉が主役なのでしょうか。

多少えぐ味を感じる癖のあるつけダレ。揚げ玉がアクセントになっている。つけ麺にも揚げ玉が合うということに気付きました。

味噌つけは、かなり甘口で個人的には合わない。辛味噌にすべきだったと悔やまれる。

店情報:厚木市寿町1-3-12/休水/046-225-0400/11:30~15:00 17:00~21:00

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

元住吉 らーめん味噌や(新店)

普段自宅から元住吉に出かける場合、裏道を通ってします。

そのため、先日オリエンタルにも裏道を通って行ってしまった。その結果、新しいラーメン屋が出来ていることに全く気付かなかった。

しかし、とある方から元住吉にまた新店が出来ているとの情報が。

という訳で仕事帰りに元住吉ブレーメン通りへ。おてもやんのそばです。

P1040901

札幌ラーメンのお店らしい。

なので、味噌ラーメンをチョイス。

P1040900

非常に懐かしい味噌ラーメン。思わずバターが欲しくなる。

今では札幌でもこの手のラーメンはあまり食べられないのでは?と思ってしまうほどレトロ感がある。

昔と違うところは、このお店にもつけ麺があるということでしょうか。

商店街の中にあるお店なので、暑くなければ一般客の集客はある程度見込めるのではと思われる。

店情報:川崎市中原区木月3-8-17/休無/044-434-5522/11:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

新横浜 中華そば坂本(和えそば)

日本独特の異常な湿気を伴う暑さのなか、ランチ=汗を想像してしまう鬱陶しい季節。

そんな中、ラー博では夏用のメニューを考えてくれている。

というわけで・・・多少の暑さなら行かなければ・・・とりあえずの目当ては龍上海の冷やしからみそラーメン。であったが多少の行列が出来ていたので急遽予定を変更して、坂本の「和えそば」へ。

既に、会のRYURYURYU星人さんが行かれている模様。

P1040895

ゴボウのトッピングがちょっと珍しい。食感的には主張が乏しくこの組み合わせの意図は?と思わせる。ヘルシーさが売りであれば頷ける。

タレは、中華そばのスープを濃くした感じで、坂本にしてはかなりジャンクよりのテイスト。しかし、しっかり中華そばの味わいも残している。

インパクトは少ないが、あっさり系が好みの人には安心して食べられる適度なジャンクラーメンといった印象。

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

鹿島田 豚龍庵(新店)

平塚のつけ麺のお店が、川崎にもオープンしたらしいということで初訪。

P1040889

思い切り今流行の豚骨つけ麺のお店らしい。

店内に入ると、まず食券をレジで購入することになっています。

ラーメンの受け取りと食後に丼を下げるのはセルフらしい。

P1040880

麺とスープを別々に注文するのはユニーク。最初はかなり戸惑う。

麺は、平打麺と中太麺から選択。今回は平打麺を注文。

P1040883

平打麺はまさにうどん状態。つけダレがなければ単なるうどんでは?

つけダレは、デフォの濃厚豚骨魚介を選択。

それなりのつけダレで、油分が結構美味しさを醸し出している。

麺は、麺同士が重なっている部分が固まっていてちょっと食べづらい。これなら中太麺が良かったかも。

しかしつけダレは、豚骨魚介意外にもカレー、味噌、坦々、トマト、クリーム、すきやき味など多彩な選択肢があり何となく美味しそう。

店情報:川崎市幸区小向西町4-65 メゾンカワダ1F/休無/044-201-4527/11:00~26:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

百合ヶ丘 とんこつ麺屋こうりゅう

自分が知る限り、川崎で「然/みそごろう」に続く2店目の二毛作のお店のようです。

前日の夜に佐藤製麺所を訪問する予定が、生憎の雨で翌日の昼間にリベンジのため訪問。

昼から夜にかけてはこうりゅう(幸龍)というお店らしいです。

P1040864

坦々麺、タンメン、つけ麺など、メニューはそこそこ豊富。

今回は、味噌ラーメン(こってり)と豚骨ラーメンを注文。

P1040875

こってり味噌は豚骨ベースの味噌で濃厚な味。自分好みではあるがkunは今一だった様子。この手の味噌は冬場に食べたい。

あっさり味噌は豚骨ではないのでしょうか?

P1040879

豚骨は醤油と塩が選べるが醤油を選択。

珍しくナルトが入った豚骨ラーメン。更に青梗菜まで入っている。しかし、どちらもしっくりこない。スープは十分な豚骨出汁が出ていて悪くない。

麺は中太麺でツルツルしている。スープとの絡みは微妙ではあるが豚骨の粘度のおかげでかろうじて絡んでいる感じ。

このお店が夜の部になると麺のみのメニューとなるようですが、期待は持てる。

次回23時以降にも是非トライしてみたい。

店情報:川崎市麻生区高石3-9-1/休無/044-954-9903/11:00〜23:00(23時以降は佐藤製麺所)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

平間 ラーメン中丸子 一八

最近川崎も新店オープンラッシュのようで中々全てを回りきれない。

そんな中、4月にオープンした、ラーメン屋。

P1040862

出来て間もないにもかかわらず、店内には常連さんが昼時なのにお酒を飲んでいます。

お酒やつまみも置いてあるようで、ちょっとした居酒屋の雰囲気。

なるほど店内にはラーメン以外のメニューもホワイトボードに書いてあります。

ラーメン店というよりも地域密着型の居酒屋の雰囲気。

この日は、醤油ラーメンとつけ麺を注文。

P1040853

醤油ラーメンは宣伝文句の様に雑味のない澄んだスープ。旨みだけを残しているらしいが自分が感じる旨みとは多少ベクトルが違う。決して悪くは無い。

夜の部で飲んだ後の〆のラーメンだったら十分な美味しさ。

P1040859

つけ麺のつけダレは普通のラーメン丼に入ってきました。見た目ラーメンのスープと麺を分離したように見えます。

当然つけダレはラーメンスープのままではない。醤油ラーメンに酸味を効かせたタレになっており、出汁は醤油ラーメン同様に悪くは無い。

出汁にこだわりをもっていて、下手な流行りを追いかけるお店ではなさそうですが、ラオタを引き付けるには弱いのかなといった印象。地元密着でやっていくなら十分な美味しさだと思います。

因みにライスや漬物は終日食べ放題らしく学生などにも優しいお店。

P1040849

店情報:川崎市中原区中丸子577-2/休??/044-411-0018/11:00〜27:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

元住吉 さなかの台所オリエンタル(暑気払い)

連日の暑さに耐えかねて思わず暑気払いに出かけました。

その場所は・・・元住吉のオリエンタル。

7月は誕生月ということもあって15%割引のメールが来たのでこれは行くしかない。

しかし、暑気払いといってもこのお店では、マグロの七輪焼がお目当て。暑いからといって冷房が効いたお店に行っても体調が狂ってしまうので敢えて七輪のお店を選択。

P1040821

まずは、生ビール大ジョッキ。ここの大ジョッキは普通のお店よりも一回り大きい大ジョッキ。お徳です。ゆっくり飲んだら腕が筋肉痛になるかも。

P1040833

そして、お奨めネギ塩マグロ。ちょっと炙って生ビールと一緒に食べる。

正に暑気払いもってこいの美味しさ。旨すぎる。

P1040831

そして、今回初めて食べる人気メニューフィッシュ&チップス。タルタルソースと白身魚が熱々で非常に美味しい。癖になりそう。

マグロの漬け丼も今回初注文ですが、

P1040827

なんと、520円でこのマグロの量。しかも味も最高。中トロも混ざっているのでは?

箸がとまらない状態。ランチがあればお昼に来たい気分。

P1040843

ウーロン杯も大ジョッキで。

思い切り暑気払いできた瞬間でした。

これで、来週の神ラー会暑気払いオフ会まで何とか持ちこたえそう。

店情報:川崎市中原区木月534/休月/044-430-5530/17:00~24:00

2009年のオリエンタルの記憶

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年7月 3日 (土)

日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?)

毎日が不快な暑さとの戦いのなか、久々に爽やかな晴れに遭遇。

そして、この日は川崎を中心に地味に展開しているラーメン新世を久々に訪問。

産業道路沿いのこのお店が本店のようです。

自身のブログでは未訪だったのですが、過去行ったことはあり、あまり期待はしていない。

P1040812

爽やかな暑さということもあり、久々につけ、冷やし以外のラーメンを注文。

しかも、辛さが病みつきになるという赤丸ラーメン。

P1040811

この赤丸よく見ると、ラー油にタマネギが浮いている。これは・・・今年2回も千葉に行って食べた勝浦タンタン(特にはらだ)の特徴と似ている。

まずは、赤丸以外の部分を食べるとこれはあっさり系塩豚骨スープ。まずくはないがちょっと物足りない。

しかし、赤丸部分をまぜて食べると正に勝浦タンタンの記憶が蘇る。ラー油の辛さとタマネギがウマ辛ワールドの入り口まで連れて行ってくれる。これを丼一杯にトッピングすればまんま勝浦タンタンになるのでは?

意外なところで意外なラーメンに出会いました。

そして、

P1040806

他に、kunが食べた当店一番人気らしい味噌ラーメン。味噌の味が強すぎて出汁の味が感じない。

P1040802

harutanが食べた塩豚骨。赤丸と同様にあっさり豚骨で、ここのお店は豚骨ベースであるがかなりライトなスープに仕上がっている。

お店的には、こってり豚骨好きな人間には物足りないラーメン屋のようです。

赤丸をトッピングで後付できればオリジナル勝浦タンタンインスパイアが出来そう。

今度来たら試してみようかな。

しかし、帰りはあまりの暑さに汗だく状態。

持参のタオルがこれ以上水分を吸わない位飽和しそうな瞬間でした。

しかし、意外な出会いが不快さを緩和してくれました。

店情報:川崎市川崎区日の出1-16/休無/044-277-4977/11:00〜26:00

初めての勝浦タンタンはらだの記憶

2回目の勝浦タンタンはらだの記憶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

向河原 白湯麺屋

中区錦町にある、白湯麺屋が鹿島田に進出し、更に向河原にも進出したという情報を聞いて言ってきました。

P1040794

鹿島田店の坦々麺は美味しかったのですが、同じ系列ということで、別のメニューを探したら「魚だしつけ麺」の文字が。

またもや、暑さ回避のメニュー選択となってしまった。

P1040789

ご多分にもれず、麺は通常の麺より太めとなっており、茹で時間がかかるようです。

後から来た坦々麺のお客が先にできてつけ麺はあとから出てくることに。

分かってはいるけどねぇ・・・

つけダレというより、豚骨スープの量が少ない状態に見える。

しかし、味は豚骨と魚だしがそれなりに感じることができ、更に魚の脂の様な味わいが他店の濃厚魚介つけ麺とは異なる趣を感じる。

しかし、食べ進むとスープの量が少ないせいか段々薄くなり最後まで美味しく食べれなかったところが残念。基本の味は悪くないと思われる。

店情報:川崎市中原区下沼部1748/休日/044-555-9081 /11:30~23:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »