« 向河原 白湯麺屋 | トップページ | 元住吉 さなかの台所オリエンタル(暑気払い) »

2010年7月 3日 (土)

日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?)

毎日が不快な暑さとの戦いのなか、久々に爽やかな晴れに遭遇。

そして、この日は川崎を中心に地味に展開しているラーメン新世を久々に訪問。

産業道路沿いのこのお店が本店のようです。

自身のブログでは未訪だったのですが、過去行ったことはあり、あまり期待はしていない。

P1040812

爽やかな暑さということもあり、久々につけ、冷やし以外のラーメンを注文。

しかも、辛さが病みつきになるという赤丸ラーメン。

P1040811

この赤丸よく見ると、ラー油にタマネギが浮いている。これは・・・今年2回も千葉に行って食べた勝浦タンタン(特にはらだ)の特徴と似ている。

まずは、赤丸以外の部分を食べるとこれはあっさり系塩豚骨スープ。まずくはないがちょっと物足りない。

しかし、赤丸部分をまぜて食べると正に勝浦タンタンの記憶が蘇る。ラー油の辛さとタマネギがウマ辛ワールドの入り口まで連れて行ってくれる。これを丼一杯にトッピングすればまんま勝浦タンタンになるのでは?

意外なところで意外なラーメンに出会いました。

そして、

P1040806

他に、kunが食べた当店一番人気らしい味噌ラーメン。味噌の味が強すぎて出汁の味が感じない。

P1040802

harutanが食べた塩豚骨。赤丸と同様にあっさり豚骨で、ここのお店は豚骨ベースであるがかなりライトなスープに仕上がっている。

お店的には、こってり豚骨好きな人間には物足りないラーメン屋のようです。

赤丸をトッピングで後付できればオリジナル勝浦タンタンインスパイアが出来そう。

今度来たら試してみようかな。

しかし、帰りはあまりの暑さに汗だく状態。

持参のタオルがこれ以上水分を吸わない位飽和しそうな瞬間でした。

しかし、意外な出会いが不快さを緩和してくれました。

店情報:川崎市川崎区日の出1-16/休無/044-277-4977/11:00〜26:00

初めての勝浦タンタンはらだの記憶

2回目の勝浦タンタンはらだの記憶

|

« 向河原 白湯麺屋 | トップページ | 元住吉 さなかの台所オリエンタル(暑気払い) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?):

« 向河原 白湯麺屋 | トップページ | 元住吉 さなかの台所オリエンタル(暑気払い) »