« 新横浜 春木屋(生野菜の胡麻だれ冷やし麺) | トップページ | 日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?) »

2010年7月 1日 (木)

向河原 白湯麺屋

中区錦町にある、白湯麺屋が鹿島田に進出し、更に向河原にも進出したという情報を聞いて言ってきました。

P1040794

鹿島田店の坦々麺は美味しかったのですが、同じ系列ということで、別のメニューを探したら「魚だしつけ麺」の文字が。

またもや、暑さ回避のメニュー選択となってしまった。

P1040789

ご多分にもれず、麺は通常の麺より太めとなっており、茹で時間がかかるようです。

後から来た坦々麺のお客が先にできてつけ麺はあとから出てくることに。

分かってはいるけどねぇ・・・

つけダレというより、豚骨スープの量が少ない状態に見える。

しかし、味は豚骨と魚だしがそれなりに感じることができ、更に魚の脂の様な味わいが他店の濃厚魚介つけ麺とは異なる趣を感じる。

しかし、食べ進むとスープの量が少ないせいか段々薄くなり最後まで美味しく食べれなかったところが残念。基本の味は悪くないと思われる。

店情報:川崎市中原区下沼部1748/休日/044-555-9081 /11:30~23:30

|

« 新横浜 春木屋(生野菜の胡麻だれ冷やし麺) | トップページ | 日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向河原 白湯麺屋:

« 新横浜 春木屋(生野菜の胡麻だれ冷やし麺) | トップページ | 日の出 ラーメン新世(勝浦タンタンインスパイア?) »