« 分倍河原 北海道ラーメン特一番分倍河原駅前店‎ | トップページ | 鹿島田 豚龍庵(コラボラーメン) »

2010年10月16日 (土)

分倍河原 サントリービール工場

居酒屋の定義とは、Wikipediaによると、「居続けて飲む」ことを居酒と称するところから始まったらしい。

ということは、最近のチェーン系居酒屋では時間制限があるところもあり、居続けることができない。即ち居酒屋のようで居酒屋で無い。

細かいことを言っても仕方がなく、広い意味で捉えれば、要はお酒が飲めて楽しめれば居酒屋でしょ!

というわけで、サントリービール工場をネタに。

生憎の雨のなか、ラーメンを食べた後で、駅前ロータリーで送迎バスを待つことに。

P1060514

駅前には、なんと新田義貞の銅像が。歴史の本流を歩めなかったが故にマイナーな存在ですが、意外な出会いにちょっと感激。

送迎バスに乗って約10分弱で到着。予め予約が必要なようですが飛び入りでもOKらしい。

しばらく待つと、工場の中を案内してくれる。

サントリーといえばプレミアムモルツ。このビール水が美味しいのは知っていたが、麦、ホップにも相当のこだわりを持って作っているらしい。

P1060536_2

詳しくは、案内のお姉さんが説明してくれる。個人的にもプレミアムモルツは好きなビール。

P1060538

途中、なんと麦の試食が出来たり、ホップの臭いを嗅いだりできる。原料の麦は美味しくそのまま肴にしてもよさそうなくらい。

P1060547

途中、様々な工程を見て歩くが、流石に見学者を受け入れているだけ合って、徹底した品質管理が行き届いている感じ。

P1060552

そして、お待ちかね試飲コーナーの最後場所にたどり着くとグラスに生ビールが注がれている。

やはりできたてのビールは美味しい。心なしか、普段飲んでいる缶ビールより、苦味もコクも際立っている。

予約しているとはいえ、無料で見学させてビールが頂けるなんて非常に素晴らしいシステムではないでしょうか。あまつさえ3杯までお代わりができるとは初耳でした。

昔、生麦のビール工場に行った時には1杯だけだったような。

最近は工場見学も競争の世界にさらされているのでしょうか。

P1060555_2

更に、乾きもののおつまみとビールを飲みながら、美味しいビールの注ぎ方もレクチャーして頂き、正にいたれり尽くせり状態。

お酒と仲良く付き合うには、ただ飲むだけよりも、こういった薀蓄が分かっていれば更に美味しく付き合えるはず。

非常に勉強になり且つ楽しめました。サントリービールさんありがとうございます。こんなに工場見学が楽しいものだとは思いませんでした。

もっと居続けたいと思った瞬間でした。

店情報:東京都府中市矢崎町3-1/休工場休業日/042-360-9590/9:30~17:30

|

« 分倍河原 北海道ラーメン特一番分倍河原駅前店‎ | トップページ | 鹿島田 豚龍庵(コラボラーメン) »

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分倍河原 サントリービール工場:

« 分倍河原 北海道ラーメン特一番分倍河原駅前店‎ | トップページ | 鹿島田 豚龍庵(コラボラーメン) »