« 新城 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(味噌) | トップページ | 綱島 東池袋大勝軒直伝金太郎 »

2011年1月28日 (金)

川崎 玉赤備(新店)

先日、食べそびれた玉のネクストブランド「赤備」。

懲りずに、開店前から突撃。

赤備えというと軍隊の呼称ですが、時代の流れから言うと一時的に強さの代名詞のような印象がありながら最終的にはその時代の勝者にはかなわないと言うイメージ。

また、玉、三三七、赤備、は何か一貫性があるのか?今一つながりが分からない。

そんなどうでも良いことを考えていると、開店前のお店に顔なじみの方が。

神ラー会のRYURYURYU星人さんでした。

P1070828

シャーター前で雑談しながら待っていると、ほぼ定刻通りにオープン。オープンして分かった事は、赤備の意味は赤=辛、辛口のお店それが赤備ということらしいと自分の解釈。

P1070840

赤系のメニューを注文しなければと思いつつ、辛いもの苦手なkunはノーマルつけ麺。

こちらのお味は、玉ほどドロドロでもなく、麺もそれほど太くないが、食べやすく非常に洗練されたつけ麺でした。

P1070846

自分が食べた赤く辛い中華そば+(チャーカツ+¥150)。

濃厚過ぎず辛過ぎずです。魚介つけ麺系のお店の中華そばは、どこもおまけ的な感じのお店が多いですが、ここの中華そばは本当に辛旨ラーメン。三三七のそれよりもハマリ度が高い。

麺は、歯ごたえが博多ラーメン固めの印象。

これは旨い!

P1070838

こちらはRYU星人さんが頼んだ赤く辛いつけ麺。中華そば同様、濃厚過ぎず、辛過ぎずなつけ麺。

最後に気がついたのは各々のラーメン丼、スープを最後まで飲むと、

P1070847

赤い日本地図が・・・RYURYURYU星人さんも言っていますが、これは日本制覇を意味していると思われる。

追分、小川町と段々川崎駅に近づいている玉ブランド、お次はどこへ?

川崎発の玉グループ、更なる発展を期待したい。

店情報:川崎市川崎区砂子2-2-8 /休不定/044-211-8778/11:00~27:00

|

« 新城 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(味噌) | トップページ | 綱島 東池袋大勝軒直伝金太郎 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 玉赤備(新店):

« 新城 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(味噌) | トップページ | 綱島 東池袋大勝軒直伝金太郎 »