« 新横浜 麺の坊 砦(和だしつけ麺) | トップページ | 新横浜 支那そばや(塩 山水涼麺) »

2011年5月30日 (月)

小杉 イタリアン酒場NATURA

前を通るといつも、多くの人でにぎわっている雰囲気の居酒屋。

前々から気になっており、念願かなって初訪。

P1090168_7


写真は、店を出る頃の写真で行列になっていました。

自分たちが入ったときは、すぐに立ち飲み席に案内される。

このお店、席がいっぱいになると立ち飲み席で飲みながら待つことができるようです。

P1090152


まずは、お通しはチーズ。さすがイタリアン。日本の居酒屋ファンとしてはちょっと落ち着かない。

P1090153


そして、お店のお奨めらしい、自家製レバーパテ。ペースト状のレバーは濃厚な味で絶妙な味加減。美味しいが、後味でレバー独特の味が漂ってくる。

ワインのお供にはもってこいの肴。

P1090154


お次は、この日のお奨め、カルパッチョ3種盛り。カツオと、鰆、タコ。

鰆が絶品でしたし、どれも新鮮。

また、このお店やけに賑わっているなと思っていると、店員さんが常に元気な声を出し合って雰囲気を盛り上げています。

心地よい騒がしさとでもいうか。なんとなく楽しい雰囲気になれます。

お次は、シラスたっぷりペペロンチーノ。

P1090156


なんと、パスタがくるかと思いきやいきなり箱一杯のシラスが。

遅れて、ペペロンチーノが出てきて、店員さんが目の前でシラスを盛り付ける。

P1090157


これ以上載せると崩れそうなくらいの山盛りマシマシ状態。パスタ界の二郎インスパイア?

シラス自体もふっくらとした茹で加減で、濃いめに味付られたペペロンチーノとの相性は抜群。

難を言うと、ペペロンチーノが味もオリーブオイルも濃厚なため、最後の方はシラスのオリーブオイル漬けに。こってりが好みの人はそれはそれで楽しめる。

P1090165

P1090161_2


店の雰囲気に酔ってしまい、ワインが進む進む。

思わず食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいました。しかし、店を出るころにはなんとなく充実感が。

元気がもらえる居酒屋さんでした。

震災後居酒屋六軒目、募金計3000円。

店情報:川崎市中原区小杉町3-428-6/休月/044-722-0088/17:00~25:00

|

« 新横浜 麺の坊 砦(和だしつけ麺) | トップページ | 新横浜 支那そばや(塩 山水涼麺) »

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/51791678

この記事へのトラックバック一覧です: 小杉 イタリアン酒場NATURA:

« 新横浜 麺の坊 砦(和だしつけ麺) | トップページ | 新横浜 支那そばや(塩 山水涼麺) »