« 川崎 麺屋 頂(頂塩&味噌) | トップページ | 新杉田 赤ひげ(神ラー会2011年新人王) »

2012年1月 8日 (日)

元町 聘珍樓(中華街 サンマーメン 関帝廟)

神ラー会、会長からもらった宿題店である、聘珍樓へ初訪問。

去年の総会の前に会のメンバーと中華街をぶらぶらしている際に、聘珍樓の前で一言、ここのサンマーメンを一度は食べておけと。

P1110662

一応中華街も正門から入場。

P1110688_2

そして、聘珍樓へ入店。

入店時に、飲茶か食事か聞かれるが、食事で入らないと本当のサンマーメンは食べられないことは調査済み。

なので、食事であることを伝える。

P1110665

なにやか厳かな雰囲気のテーブルにいざなわれてしまった。

P1110681_2

そして、来ましたサンマーメン。

味は、具材の素材の良さがダイレクトに伝わってくる贅沢なラーメン。

味は、ちょっと薄いかなと感じたが、それは素材の味を崩さないためのギリギリの味加減の様です。

なんといっても圧巻はスープ。近所の中華料理屋のスープとは次元が異なる。何とも言えない深みのある味。

厳かな席に合った厳かな味。

十年前にこのラーメンを食べても何も感じなかったかもしれない。

P1110684


そしてkunが頼んだ五目焼きそば。

こちらも、縁日で食べるような焼きそばを期待して食べると全く次元の違う味。

エビ、イカ、野菜どれをとっても歯ごたえが違う。こちらも味付けは必要最低限。

胃にも優しいまさに医食同源の料理でした。

まぁ、お値段も次元の違うお値段。正月だからこれるお店。

P1110686

食後に、無料でショウガ入りプーアール茶。これまたショウガのバランスが絶妙で美味しい。

P1110687_2

更に、ウーロン茶。色は薄いがしっかりウーロン茶の味。

食後にほっと一息。細かい気配りのおもてなし。

中々いい経験をさせてもらいました。

P1110691

食後に、関帝廟でお参り。今年も、仕事と家庭とラーメンライフが充実できますように。

P1110692_2

中国式お線香は一本が巨大。

Photo_2


お参りした証拠らしいです。

これで、今年も安心してラーメンを食べまくりましょう。

震災義援募金(100円)計33700円(うち募金済み金額24100円)/044-201-8878

店情報:横浜市中区山下町149中華街大通り中央/休無/045-681-3001/11:00~23:00

|

« 川崎 麺屋 頂(頂塩&味噌) | トップページ | 新杉田 赤ひげ(神ラー会2011年新人王) »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/53675884

この記事へのトラックバック一覧です: 元町 聘珍樓(中華街 サンマーメン 関帝廟):

« 川崎 麺屋 頂(頂塩&味噌) | トップページ | 新杉田 赤ひげ(神ラー会2011年新人王) »