« 新横浜 らーめんの駅(期間あと僅か:味噌キムチらーめん) | トップページ | 新横浜 支那そばや(山水地鶏 塩らぁ麺) »

2012年2月 8日 (水)

新横浜 かもめ食堂(潮味かもめの玉子ラーメン)

東北復興支援プロジェクトの一環、尚且つ、井出商店の後釜レギュラー店として、伝説のかもめ食堂がラーメン博物館に出店。

そして、恒例の試食会に参加。

ラーメン博物館に感謝!

昼の部と夜の部での試食会で、今回は個人的な都合で初の昼の部での参加。

P1110991

昼の部は、昼休みを利用しての訪問のため、タイムリミットを気にして時間前に到着。

前に5人ほど待ちが。

待っている間に花輪を撮影。

P1110994

そして、お店の前で再び待ち。フロントローの方は特別招待枠の方でしょうか。

P1110995_2

注文は、潮味かもめの玉子入りラーメンと、メンチカツ。

P1110996_2


まずは、メンチカツ。

P1110997

中身は、こうなっています。

ラーメン博物館のブログでも紹介されていますが、この肉汁の雰囲気はぜひとも実物で体験したもらいたい。

でき立てでも美味しいが、冷めても十分美味しい。

P1110998_2

そして、お目当ての潮味かもめの玉子入り。

今回の味は、かもめ食堂本来の味では無く、ちばき屋の店主の思いがこもった東北の味というシチュエーション。

魚介が前面に出たラーメンという短絡的な味を想像していたが、それほど魚介も磯の香りも主張することなく、オーソドックスな塩ラーメンといったスタイル。

気仙沼らしさの演出として、さんまの香油がアクセントであるらしいが、食べているときはそれに気づかず。

食後にラーメン博物館の担当の方に言われて気付く始末。

今回のラーメンは、いかにも東北というテイストではなく、控えめでも自己主張は忘れないという繊細で力強さを感じるラーメンに仕上がっている。

震災義援募金(100円)計36900円(うち募金済み金額24100円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

|

« 新横浜 らーめんの駅(期間あと僅か:味噌キムチらーめん) | トップページ | 新横浜 支那そばや(山水地鶏 塩らぁ麺) »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/53920696

この記事へのトラックバック一覧です: 新横浜 かもめ食堂(潮味かもめの玉子ラーメン):

« 新横浜 らーめんの駅(期間あと僅か:味噌キムチらーめん) | トップページ | 新横浜 支那そばや(山水地鶏 塩らぁ麺) »