« 新横浜 らーめんの駅(シークレットメニュー) | トップページ | 橋本 炭火焼鳥 いしかわや »

2012年5月14日 (月)

橋本 麺や 菜かむら

この日は、神奈川のラーメンを盛り上げよう!会の特別なイベントの日。

とある新聞社の取材で相模原地区のラーメン店が取り上げられるが、お客さん視点での意見を取材したいとのこと。

お客の代表として新聞社より「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」に白羽の矢が立てられたのでした。

本来、会の相模原地区の人が取材される予定が、相模原地区のメンバーの都合がつかず、急きょ事務局として自分が参加することに。

そのため、遥々橋本まで遠征。

P1130320

そして、今回相模原を代表するお店として選ばれたお店がこの菜(な)かむら。

自分は初耳。

2004年に中華料理店出身の店主がオープンさせたお店とのこと。

橋本のエース的ラーメン店のその実力は如何ほど?

P1130328

醤油ラーメンは2系統あり、同行した会の会長が頼んだ東京神保町らーめん昔味。

生姜の効いたあっさりラーメンとのことであるが、醤油のコクと細麺が確かに昔風の味ではあるが、普通の中華そばより格段に深みのある味。

あっさり醤油と一言で片づけることのできない深い味。じわじわと美味しさが口の中で広がりを見せる。

P1130330_2

会のカメラ担当であるなを子氏が頼んだ、東京神保町らーめんのワンタン麺版。

先ほどのラーメンとベースは同じであるが、このワンタンがまた非常に旨い。

これまで食べたラーメントッピング系のワンタンでは一番旨いと感じた。

P1130335_3

そして、自分が頼んだ相模橋本ラーメン今味。

このラーメンは、タレの醤油に相模原の井上醤油が用いられている。

井上醤油といえば、これまた相模原の代表的ラーメンであるキリン食堂でも使われている。

麺は東京神保町の細麺とは異なり平麺。

こちらも、あっさり醤油ではあるが、色々な素材が出しゃばることなく控えめであるが全体として深い味を醸し出している。

出汁がでしゃばっていないため醤油の旨さも十分伝わってくる。

どちらもあっさり醤油であるが、こんなに魅力的な味をそれぞれ別の顔で出せるとは、ラーメンとは本当に奥の深いものである。

このラーメンや、どう考えても普通の中華料理屋出身の親父ではないと思っていたら、店内にある写真が貼ってあった。

写真には、故武内氏、佐野氏、嶋崎氏、野津氏などそうそうたる顔ぶれの方々が。

ラーメン界の巨匠の方々と肩を並べる実力のお店であった。

流石、会長が選択したお店。目の付け所が違う。

また同時に相模原のラーメン店は魅力的なお店が本当に多いと思った瞬間でした。

第二次震災義援募金(50円)計2200円(うち募金済み金額0円)

店情報:相模原市橋本2-8-12/休月/042-773-8855/11:30~14:30 17:00~22:00(平日) 11:30~20:00(日祝)

|

« 新横浜 らーめんの駅(シークレットメニュー) | トップページ | 橋本 炭火焼鳥 いしかわや »

ラーメン(神奈川全域)」カテゴリの記事

コメント

初耳の店です・・・橋本にこんなお店が
橋本に近い所だと隠国、ラーメン研究所位しか・・・

こんなお店が有ったんですね・・・

今度行ってみようかな

投稿: Agul | 2012年5月14日 (月) 20時27分

>Agulさん
いつもアクセスありがとうございます。
隠国、ラーメン研究所をご存じとはかなりマニアな方ですね。

自分自身は研究所はまだ未訪ですが、隠国よりはこちらの方が好みの味でした。

2004年創業らしいです。

投稿: >コメントありがとうございます | 2012年5月15日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋本 麺や 菜かむら:

« 新横浜 らーめんの駅(シークレットメニュー) | トップページ | 橋本 炭火焼鳥 いしかわや »