« 新横浜 すみれ(復活) | トップページ | 大倉山 らあめん花月嵐(濃厚ブラック味噌×激背脂) »

2012年9月 7日 (金)

中原 麺屋Ohana(新店)

中原の名店ではあったが、独特のメニュー構成はガラパゴス化していたお店「雁来紅」。

なんとなく、予想はしていたが、閉店してしまったのは本当に残念。

ガラパゴスといえば、日本人の独自性と同等の意味を持っているように思える。

関西の某大手企業も同様の商品を売り出したのは良いが、現在憂き目にあっている事もあり、グローバル社会の中では単なる特殊な存在と同等の意味がガラパゴス。

そんなイメージを払しょくするかのように、雁来紅跡地に現れたお店「麺屋Ohana」は店舗を居抜きでそのまま使用したかと一瞬思わせておいて、実は従来の店舗部分は厨房として、隣の空き部屋を今風のオシャレなスペースにして脱ガラパゴスラーメン店を目指している模様。

P1140644

店名に横文字を使うあたりが既にハイカラ(死語?)。

P1140656_2

そして、パイロウ麺。

オーソドックスな中華スープに焦がしねぎの風味の効いたスープは、正確な味は忘れたが渋谷喜楽を思い出してしまった。

結構好きな味。

P1140655_2

そして、辛醤(ラージャン)麺。

溶き卵を見た瞬間一瞬ニュータンタンインスパイアを期待もしたが、そうではない模様。

味は、黒酢ベースのラーメンということであるが、自分にとって酢が強すぎる。

極細麺が餡に異様に絡みまくり、お酢の強さも影響して少し啜れば咽てしまう様な熱々のラーメン。

お酢が支配的なラーメンは、個人的にあまり好みではない。

平塚ラオシャン系の様にお酢はあくまで突出はしないが、密かに自己主張する位がちょうどよい。

今回は、開店記念という事で基本メニューの注文であったが、ほかにも色々メニューがあるので居酒屋としても利用してみたい。

震災義援募金2012(50円)計5950円(うち募金済み金額0円)

店情報:川崎市中原区宮内4-32-5/044-751-3373/休日/11:30~14:00 17:30~22:00

|

« 新横浜 すみれ(復活) | トップページ | 大倉山 らあめん花月嵐(濃厚ブラック味噌×激背脂) »

ラーメン(川崎市中原区)」カテゴリの記事

味:中華系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/55589690

この記事へのトラックバック一覧です: 中原 麺屋Ohana(新店):

« 新横浜 すみれ(復活) | トップページ | 大倉山 らあめん花月嵐(濃厚ブラック味噌×激背脂) »