« 鹿島田 ○原厨房(新店) | トップページ | 東神奈川 らーめん千座の岩屋 »

2012年10月24日 (水)

日吉 タンタン屋さん(昭和坦々めん)

ニュータンタンインスパイア情報をもとにした、食べ歩き調査。

本ページ(インスパイア情報)には掲示板的な物も存在しているが、思いもよらない情報が書き込まれていた。

日吉のタンタン屋さんに、通常のタンタンメン意外に昭和坦々めんなるものが存在していると。

しかも、約40年ほど前に横浜・川崎で流行になっていたという話。

40年も前に既に溶き卵系坦々めんが存在しているだけでなく流行していたというのが、驚き。

改めてメニューを確認してみると、カレー、あんかけ、レギュラー、昭和の4種類が存在していた。更に限定で味噌坦々がある。

果たして、40年前の坦々めんとはどのようなものか?

P1150193

なんと、溶き卵系ではあるが、トロミが・・・

これは、先日食べた南宝亭の特製タンタンメンや、アンカーロープのそれにそっくり。

タンタンメンの源流はあんかけ系だったのか?

ちなみに、他のメニューにあんかけなるものがあるが、こちらを頼むと塩ベースの坦々めんが出てくるらしい。

40年前といえば、自分がまだ幼少の時代。一体どういう流行をしていたのでしょうか。

震災義援募金2012(50円)計7300円(うち募金済み金額0円)

店情報:横浜市港北区日吉2-2-10/休不定/045-561-2986/11:30~14:30 17:30~23:00

|

« 鹿島田 ○原厨房(新店) | トップページ | 東神奈川 らーめん千座の岩屋 »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

味:ニュータンタン/川崎溶き卵系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/55964878

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉 タンタン屋さん(昭和坦々めん):

« 鹿島田 ○原厨房(新店) | トップページ | 東神奈川 らーめん千座の岩屋 »