« 山形 本気や(家系ラーメン) | トップページ | 新横浜 麺の坊砦(上々坦々麺2012) »

2012年10月 8日 (月)

反町 中華料理たんたん

ニュータンタンインスパイア情報をもとにした、食べ歩き調査。

今回は、神ラー会会長からの情報で反町のたんたん。

P1150078_2

このお店はどこの流れを汲むタンタンでしょうか。

P1150084

大辛で注文。

青菜系のトッピングはほうれん草の様です。

辛さは、唐辛子でなく辣油で調整でしょうか。麺は細麺。

細麺はいまいち。

雰囲気、上大岡タンタンに近い感じ。

何が近いのか、そして、イソゲンと何が違うのかを考察してみた。

一番の違いはスープの粘度ではないか?イソゲンよりサラサラした感じ。

イソゲンの場合は、若干のスープの粘度が麺と唐辛子の接着剤になっており、唐辛子の美味しさが麺とスープとうまく絡んでくる。これがイソゲンの美味しさの真相?

同じイソゲンでもスープが弱い所はうまく絡んでいない店もある。

このお店反町たんたんも、上大岡タンタンも、唐辛子はあっても、スープのさらさら感が唐辛子との一体感を阻害していて何か物足りない。

物足りないのではあるが、逆に尖った部分が無い分女性に人気の様で、このお店も女性客が多いし上大岡も多かった。

これまで、色々食べ歩いて、このような違い(仮説)を見出した。

今後、この仮説をもとに更なる検証を進めていきたい。

P1150081


そして、お約束の餃子。値段が550円とイソゲン系と比べて異様に高い。

味は、餡と皮の一体感が弱い。

イソゲンはタンタンメンも餃子も具材の一体感をうまく引き出しているように思える。

震災義援募金2012(50円)計6900円(うち募金済み金額0円)

店情報:横浜市神奈川区松本町1-3-1/045-314-3774/休日/16:00~26:00

|

« 山形 本気や(家系ラーメン) | トップページ | 新横浜 麺の坊砦(上々坦々麺2012) »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

味:ニュータンタン/川崎溶き卵系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/55825888

この記事へのトラックバック一覧です: 反町 中華料理たんたん:

« 山形 本気や(家系ラーメン) | トップページ | 新横浜 麺の坊砦(上々坦々麺2012) »