« 東神奈川 らーめん千座の岩屋 | トップページ | 横浜 中華料理鶴廣 »

2012年10月27日 (土)

宮崎台 中華料理北京

ニュータンタンインスパイア情報をもとにした、食べ歩き調査。

今回は独自でネット調査を行い、ニュータンタンっぽいお店を検索。

とりあえず行ってみた。

期せずして、神ラー会会長は、保土ヶ谷の北京を訪れていたようです。

会長独自の調査によると、平間の北京というお店がタンタンメンの源流に何らかの影響を与えているらしく、北京がタンタンメンを語るうえで重要なお店の様です。

P1150212

ニュータンタンっぽい情報ではあったが、このお店は坦坦麺という漢字を使ったメニューとなっている。

P1150215_2

そして、坦坦麺。カウンタの上にはタンタンメンという表記もある。

なんとこちらは、卵が入っておらず代わりに搾菜か?そして餡かけ風。大辛ではあるが唐辛子の姿はあまり見かけない。

そして作成過程も最初に挽肉、搾菜を炒めてそのあとスープを投入し製法も異なる。

ニュータンタンというより、先日の、日吉タンタン屋さんの昭和坦々めんにちかい

40年前に流行した坦々麺はやはりこのスタイルのようで、南宝亭もその流れか。

P1150220

そして、餃子。餡が詰まっていてボリューム感はあるが、ニュータンタン系の餃子と比べると皮のモチモチ感が乏しいかも。お値段もそこそこ。

震災義援募金2012(50円)計7400円(うち募金済み金額0円)

店情報:川崎市宮前区宮崎2-6-11/休月/044-854-4288/11:30~15:00 17:00~20:30

|

« 東神奈川 らーめん千座の岩屋 | トップページ | 横浜 中華料理鶴廣 »

ラーメン(川崎市宮前区)」カテゴリの記事

味:ニュータンタン/川崎溶き卵系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/55982552

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎台 中華料理北京:

« 東神奈川 らーめん千座の岩屋 | トップページ | 横浜 中華料理鶴廣 »