« 川崎 雷家 | トップページ | 高田 磐来軒(神奈川サンマー麺) »

2013年5月31日 (金)

向河原 天狗みこし

この日は、なぜか突然映画を見たくなり川崎へ。

タイトルは、県庁おもてなし課。

地元を愛する県庁職員の奮闘記といったところか。

Omotenasi_3


地元川崎&久留米を愛する自分と重ねあわせたかったのかもしれない。

ちょっとストーリーは強引に詰め込み過ぎた感じがしないでもないが、それなりに楽しめて、自然豊かな高知へ是非行ってみたいという気持ちになりました。

というわけで、川崎を愛するが故に立ち上げた川崎溶き卵系調査ページ。

そこに自ら寄せた情報である大国屋の帰りに見つけた居酒屋っぽいお店を調査。

P1180158

ここにタンタンメンの文字を発見。

しかし、着いてみたのはいいが、店内は中の様子が伺えず非常に入りづらいオーラを発している。

ここまで来て入るかどうか悩んだが意を決して入ることに。

入ってみると先客無、入口はカウンタ、奥にテーブル一台の座席のある意外に広々した居酒屋。

店主さんの愛想の良さで先客無の重苦しい雰囲気から逃れられた。

P1180138

店内は、店名通り天狗にまつわるグッズが色々飾っている。

P1180140P1180142P1180143_2

メニューは刺身、サラダ、焼き鳥など、普通のメニューがいっぱい。

店外のメニューだけを見るとお食事処かと思ってしまったがしっかり居酒屋でした。

P1180145

お酒には店名を冠した天狗サワーもあり。

ゆかり、梅、レモンハイで構成されたサワーらしい。

さっぱりした味わいで中々行ける。

P1180151

そして、いよいよ本丸・・・の前の餃子。

居酒屋で餃子の組み合わせはあまりないが、タンタンメンつながりであえて注文。

タンタンメン取扱い店標準の美味しさをキープ。

P1180155_3

いよいよ最後にタンタンメン。

果たして溶き卵系かどうか・・・作る過程を横目に見ていると卵を溶き始めた瞬間なぜかほっとしてしまう。

ただし、味の方はちょっと淡白なお味でニュータンタンとの距離感は遠いが、居酒屋メニューでこういうラーメンがあることが大事!!

新城以外の居酒屋でも川崎溶き卵が根付いているのが判明した瞬間でした。

高知の様に自然豊かではなく、横浜・東京という大都会に挟まれた中途半端な都会の感じが否めない川崎であるが、住んでいる人が満足すればそれは良い土地なのでしょう。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計2750円(うち購入済み金額0円)

店情報:川崎市中原区下沼部1885/休??/044-433-9541/1?:00~??:00

|

« 川崎 雷家 | トップページ | 高田 磐来軒(神奈川サンマー麺) »

ラーメン(川崎市中原区)」カテゴリの記事

味:ニュータンタン/川崎溶き卵系」カテゴリの記事

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/57485859

この記事へのトラックバック一覧です: 向河原 天狗みこし:

« 川崎 雷家 | トップページ | 高田 磐来軒(神奈川サンマー麺) »