« 府中 いつみ屋 | トップページ | 小杉 つけめんTETSU »

2013年5月27日 (月)

新横浜 支那そばや(新メニューざる中華)

久々のラーメン博物館新メニュー。

支那そばやのざる中華。

P1180108

注文すると、食べ方の説明が最初に行われる。

P1180111

その後、つけ汁と薬味が運ばれてくる。

最初に右端の塩だけで食べてみろとのこと。

P1180115

麺登場後、麺だけをつまんで塩に絡める。

確かに、麺の旨さが塩で非常に引き出される。

が、麺との絡め方にムラができてしまい美味しい部分としょっぱい部分ができてしまう。

一方で、つけ汁につけて食べると自分の駄舌では普通のざるそばとの違いがわからず麺の良さが伝わってこない。

残念。

P1180119

最後にスープ割。

つけ汁の段階では冷たかったのが、スープ割の時点で暖かくなって登場。

如何にも支那そばやのスープが旨過ぎる。

支那そばやの良さはやはりあのスープが命ではないでしょか。

しかし、今回のざる中華の狙いはいったい何だったのでしょうか?

震災義援東北物産貯金2013(50円)計2600円(うち購入済み金額0円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

|

« 府中 いつみ屋 | トップページ | 小杉 つけめんTETSU »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

味:つけ麺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/57464379

この記事へのトラックバック一覧です: 新横浜 支那そばや(新メニューざる中華):

« 府中 いつみ屋 | トップページ | 小杉 つけめんTETSU »