« 横浜 元祖餃子の浜っ子 | トップページ | 鷺沼 松楽菜館 »

2013年8月24日 (土)

向河原 宝珍楼

中原区近辺では、飛びぬけた存在の中華料理店、宝珍楼。

近隣の某大手企業の接待のお店としても使われているのでないか?

食べログからの情報では、この名店にも川崎溶き卵系ラーメンが存在しているとのこと。

これは期待が持てる。

P1190138

2年前の新年会以来の訪問。外からは小ぢんまりとしたお店に見えるが、中はかなり広い。

ラーメンを気楽に食べに来るには、多少ハードルが高そうではあるが、結構個人客もどんどん入ってくる。

レギュラーメニューにはタンタンメンの文字は無いが、

P1190119

ランチメニューからタンタンメンを発見。

川崎横浜風と説明されている。

P1190132

まずは、kunのラーメン。

お店の評価も「あっさり醤油味」。

評価通りあっさり・・・と思ったが、このスープ、半端ない深みのあるスープ。

非常に複雑な素材が混ざり合った極上のスープ。

敢えてタレを抑えている結果のあっさりスープであるが、これは癖になる。

P1190127

そして、タンタンメン。長澤系である。

タンタンメンにしては尖った感じの味では無く、これまた先ほどの極上スープに溶き卵と辛みを加えたもの。

これほど上品なタンタンメンはあまりお目にかかれない。

健康管理上スープは飲み干せないが、これほどスープを残すことに後ろめたさを感じたことは無い。

このスープの感じはどこかで感じたことがあったと思ったら、横浜中華街の聘珍樓であった。

宝珍楼と聘珍樓。名前も似ているが何か繋がりがあるのかもしれない。

P1190136

餃子は、ランチタイムは4個で150円。

このお店でこの安さで食べられるとはたまらない。

餡の味もしっかり、焼き上げも申し分のない、上品な餃子。

いずれディナータイムで利用したい。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計5750円(うち購入済み金額800円)

店情報:川崎市中原区下沼部1767番地/休日/044-411-4820/11:30~14:00 17:30~23:30

|

« 横浜 元祖餃子の浜っ子 | トップページ | 鷺沼 松楽菜館 »

ラーメン(川崎市中原区)」カテゴリの記事

味:ニュータンタン/川崎溶き卵系」カテゴリの記事

味:淡麗醤油」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/58051719

この記事へのトラックバック一覧です: 向河原 宝珍楼:

« 横浜 元祖餃子の浜っ子 | トップページ | 鷺沼 松楽菜館 »