« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

新横浜 頑者(ラーメン)

復活!頑者のラーメン。

と思ったら、前回はガンジャラーメンといい、ホープ軒、香月系のラーメンであった。

P1000477

今回のラーメンは、魚介豚骨つけ麺のつけ汁をラーメンスープに素直にアレンジしたバージョン。

つけ麺と同様に濃厚そうで意外にサラサラ系のスープであるが、魚粉の使い過ぎかちょっとくどさを感じる。

スープ以外のバランスが良いだけに、ちょっと魚介テイストに頼りすぎた感がしないでもない。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9850円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

向ヶ丘 中華料理 福

以前から逆さ福の看板がやけに気になる中華料理店。

P1000452

中国料理という事で最近は、俄然注目度が高い。

という訳で改めて訪問。

意外に駐車場は満車に近く混雑。

店内も、テーブル席は一杯でカウンタのみという混雑具合。

こんなに人気のある店とは思わなかった。

P1000457

そして、kunが頼んだハーフの醤油ラーメン。

最近はダイエットも意識しているのかハーフがあればこれで十分らしい。

これでお値段は380円、川崎の天龍なら一人前が食べられるかもしれないが、分厚いチャーシューが2枚トッピングされてる時点でコスパは天龍に負けていないかも。

味は普通に美味しいレベル。

P1000461

そして、坦々麺は普通にゴマの風味をうまく生かした坦々麺。

ワイン入門としてドイツの白ワインがあるように(ドイツワインを悪くいうつもりは一切なく、自分がワインの世界にはまったのがドイツの白ワインからだったため)、坦々麺入門用としてこのラーメンは思い切り無難な坦々麺。

P1000466

そして餃子、こちらはミニサイズではなく通常サイズで4個。

ボリュームは丁度よいが、あまり特徴的な味では無いかも。

ファミリーレスタイプのお店であれば十分満足できるお店だと思われます。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9800円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市高津区向ケ丘169-3/休無/044-865-2129/11:00~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

稲田堤 麺ロード

1990年代一世を風靡したといっても過言ではない程に巷にあふれた「麺ロード」(かなりオーバー)。

この時代、バブルという時代があったらしいが、自分には無縁と思っていた。

しかし、今にして思えばお酒を飲んだ後必ず締めに麺ロードでラーメンや寿司屋に行っていたことを思い起こすと、それなりにバブルを体験していたのでしょう。

そんな自分なりのバブル時代を思い出すのがこの麺ロード。

P1000442

登戸駅の近くにもあるらしいので、意外に狭い領域で麺ロードの残党は残っているらしい。

P1000447

そして、バブルを思い出すかのようにチャーシュー麺。

昔から思っていたが、チャーシューは喜多方のそれとは多分異なるタイプ。

やはり、ばら肉を丼一杯に敷き詰めるタイプが一般的な印象ではないか。

スープは以前は、もっと喜多方風の醤油のとがったコクがあったように思えるが、ここの醤油は二次元のフラットな味。

バブル時代後を生き残るために、普通のラーメン屋へと変貌してしまったか。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9750円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市多摩区菅北浦1丁目3-8/休不定/TEL?????/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

鶴間 麺からいもん

川崎溶き卵系調査ページにおいて、初めての相模原遠征。

座間のニュータンタンを食した後で胃袋に鞭打って、鶴間のからいもんへ。

P1000441

ランチタイム終了間際の滑り込みセーフ。

P1000435

そして、からいもん。

鶏ガラベースだとは思われるが、糖質の味を感じる。

自宅で作った際に砂糖を加えた時に近い味。

これはこれで十分美味しい。イソゲンとはちょっと距離感があるが、長澤系とも違う気がする。

トマトタンタンメンなどの様なニューウェーブタンタンメンの一種だと思われる。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9700円(うち購入済み金額1930円)

店情報:相模原市南区上鶴間本町3-10-7/休水/042-749-3227/11:30~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

座間 ニュータンタンメン(新店)

イソゲンから独立したと思われる、金家のニュータンタンメン。

その系列店が座間に進出したらしい。

本家近くでもある川崎の岡田屋モアーズ内の金家は撤退した様であるが、ちょっと離れれば大丈夫?

と余計な事を考えながら座間まで遠征。

P1000430

広々として駐車場の中に存在しているが、この駐車場はどのお店の駐車場?

訳も分からず店の前に止める。

P1140549

こちらは本家の金家。本家は中華タンタンメンを名乗っているのであるが・・・府中のタンタンメンの方が近い気がするが。

P1000424

そして、ニュータンタンメン大辛。

鶏ガラスープがちょっと弱いか・・・ニンニクは京町系のちょっとエグミを感じる系。

麺もツルツル系でなくボソボソ系、絡みが今一かも。

しかも丼が黒い。ニュータンタンメンを名乗るのであれば、

P1140539

この水色の丼でなければ。こちらは本家片倉の金家のタンタンメン。

こちらのインスパイア度はイソゲンに負けず劣らずだったのに。

P1000427

そして、餃子。

4個入りでラーメンとセットで880円はリーズナブル。

恐らく量産タイプの餃子であるが、モチプリ感はイソゲンに近く悪くは無い。

ニュータンタンメンという店名はイソゲンと間違いそうで紛らわしいが、真似されるという事は川崎溶き卵系ラーメン発展のためには避けて通れない道ではある。

共存共栄で川崎溶き卵=川崎タンタンメンのプレゼンスを主張してほしい。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9600円(うち購入済み金額1930円)

店情報:座間市ひばりが丘5-12-19/休水/0046-240-0066/11:30~15:00 17:30~20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

横浜 麺屋 三士

九州出身の自分であるが、実は鹿児島ラーメンは今まで未食。

そして、横浜ベイクォーターにあるラーメン店が実は鹿児島ラーメン。

まさか、こんな所で鹿児島ラーメンに出会うなんて。

P1000421_2

果たして、鹿児島ラーメンとは如何なるものか?

P1000414

これが、三士ラーメン。

スープを飲むと、何やら量産タイプのスープの味に加えタレが弱いためちょっと物足りない。

チャーシューも炙ってありジューシーであるが、やはり味付けが物足りない。

P1000419

餃子も量産タイプの餃子。

良くも悪くも印象に残りづらい味。

恐らく本場鹿児島ラーメンの味をここで理解してはだめなのでしょう。

量産タイプを否定するつもりは全くなく、もう少しタレなどを効かせれば美味しい味になりそうな味でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9550円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター5F/休無/050-5799-6221/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

新横浜 すみれ(ハーフ)

日々今冬一番の寒さを更新する今日この頃。

寒い日にはやはり、すみれの味噌ラーメン(ハーフ)。

P1000407

去年から今年に入って、味噌キムチばかりを食べていたが、やはりオーソドックスなすみれの味噌は定番中の定番であった。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9450円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

新横浜 支那そばや(佐野実のガチンコつけ麺)

この日は、支那そばやのガチンコつけ麺。

5月のざる中華は、相変わらず自分の駄舌にはわかりにくい微妙なつけ麺。

P1000402

麺は美味しい。つけ汁も美味しい。チャーシューは絶品。

ときたが、全体を通してみると、何か足らない。

イクラのトッピングも何が効果的なのか?

次元が異なるテイストではあるが、しかし、味は美味しい部類。

何が問題なのかを考察するとB級グルメのはずのラーメンがB級グルメらしくないのが支那そばやの弱点かも。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9400円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

向河原 中華料理大元

川崎溶き卵系調査ページに寄せられる情報も行きつくしたのか新たなお店の情報が少なくなってきた。

情報が無ければ自分の足で探すしかない。ということで、未訪の中華料理店系を探索中。

そんな中、非常に怪しいお店を発見。

これまで、幾度となく入りづらいお店を体験してきたが、大抵は入ってしまえば後は普通に食事できるお店であった。

今回は、入った後も驚きの連続のお店。

P1000385

この手の入りづらいお店は何度か経験済みなので、意を決して入店。

入ると、入口付近にカウンタ席が4席分。一名食事中の為、残り3席であるが、荷物などが置いてあり、カウンタで食べる雰囲気ではない。

仕方なく、奥の座敷席に向かうと手前のテーブルでは常連さん2名が陣取っていた。

仕方なく奥へ。

座敷席というか、一般家庭の一室的な雰囲気。

自分の後ろには、なんと、洗濯物が干されている。

P1000387

テレビを見ながら常連さんたちが親切に話しかけてくれる。

ここはどこ?状態。普段顔を合わせない親戚のおじさんの家に来た気分。

なんとも落着けるような落着けないような微妙な雰囲気。

P1000396

そして、醤油をかけてしまったが、お通しで冷奴が出てきた。

P1000395

kunが頼んだ味噌ラーメン。

これは結構いけるかも。淡麗味噌スープに炒めた野菜は悪くない。

P1000399

そして、ダメもとで入ったにも関わらず、タンタンメンが存在。

味はちょっとぼやけた感じで何か癖のある食べづらい味。

タンタンメンがそこにあることに満足してしまったため、味はとりあえず二の次だ!

P1000391

そして、餃子、ちょっと幅が大きめの餃子で味も悪くない。

最後にお勘定を支払おうとすると、店主の親父さんから衝撃の一言が。

実は、常連さんとお酒を飲んでいたらしく、十分満足な料理が作れなかったとのこと。

悪いから全部で千円で良いよとディスカウントサービス。

ラーメン屋経営というか道楽で続けているラーメン店の様です。

馴染みになると色々サービスしてくれそう。

なんとも不思議な異次元の世界を体験させてくれるお店でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9350円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市中原区下沼部1763/休不定/044-411-2454/09:00~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

藤沢 まつり家

2009年の厚木家以来久々の直系訪問。

直系は、これまで横横家、杉田家、吉村家、環2家、厚木家と食べ歩いてきてここで6店目。

しかも、茅ヶ崎の洛神に続き久々の連食。

P1000262

峠の茶屋の様な立地に佇んでいる。

平日で時間が中途半端なため、入った時は満席に近かったが出るころはちょっと閑散な状態。

P1000260

そして、ラーメン海苔増し。

これまでの直系の味は、醤油と豚骨のバランスがどこも絶妙なバランスを保っていたが、ここのそれは、かなり醤油が突出している。

かなりアンバランスさを感じたが、鶏油が両者をうまくまとめ、直系ならではのテイストはしっかり守っている。

こういう直系の味もあるのか・・・女性店主であるが故の豚骨を前面に出したくないというこだわりなのか?

麺は普通の固さを頼んだが、ネットでの評判通り柔らかめ。

とりあえずは、これで神奈川の直系はすべて制覇完了。

と思ったら、末廣家というお店がまだ存在している様でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9300円(うち購入済み金額1930円)

店情報:藤沢市遠藤937-6/休月/0466-86-1818/11:00~22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

茅ヶ崎 中華料理 洛神

神奈川のラーメンを盛り上げよう!会、掲示板より、茅ヶ崎に川崎溶き卵系があるらしいとの情報を得て、のためはるばる検証に。

P1000263

果たして、川崎溶き卵は存在するか?

P1000254_2

超タンタンメンの文字が。

果たして結果は・・・

P1000255

ビンゴ。

モヤシのトッピングは初めてのパターン。

一見トマトタンタンメンの様であるが、普通の鶏ガラベースのスープの様であった。

茅ヶ崎方面にも川崎溶き卵が存在していた。

味云々より、その事実が確認できたことに意義があった。

系統的には長澤系のタンタンメン。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9250円(うち購入済み金額1930円)

店情報:茅ヶ崎市高田5丁目4−44/休??/0467-51-6895/??:00~??:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

新横浜 砦(にぼ中華そば)

豚骨ラーメンのお店砦にまたもや別テイストの限定ラーメンが登場。

P1000251_2

煮干がそれほど強調するわけでも無く適度な和風ラーメンに仕上がっている。

横浜の維新商店にイメージは近いが、奥行き感は維新商店に軍配。

美味しいけどちょっと物足りないか?

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9150円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

川崎 はれ晴れ

川崎のミューザ側に位置する隠れ家的居酒屋はれ晴れ。

この日は、109で映画を見た後の食事代わりで訪問。

P1000249

お店は3階に位置する。

P1000245

この高級感漂う入口。

入ちょっとることに躊躇してしまう。

店内に入ると意外に若い店員さんに誘われて着席。

P1000239

まずはお通し。ちょっとこの味でお店の全体がわかった気がする。

P1000240

お奨め料理の一つおでん。

もう少し味がしみていてほしかった。

P1000242

地鶏のタタキは絶品。かなりレアな感じとタレが美味しい。

P1000243

人気のハラミ。

こちらも中々のレベル。

P1000244

チキン南蛮はタルタルソースが濃厚でボリュームたっぷり。

名物料理は一通り美味しい。

が、それなりに広い空間に3組位の客しかいない。

静かで本当に隠れ家的なお店ではあるが、若い店員さんの私語が店内に響き渡るという、この点がお店の雰囲気を壊していた。

ちょっと残念。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9100円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市川崎区小川町2-9/0044-245-8064/休不定/17:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

川崎 大地乃粒麺 新宿日高

川崎溶き卵系調査ページにOBさんから寄せられた情報によると、川崎モアーズ地下に溶き卵系ラーメンがあるとの事。

モアーズは数えきれないほどなども行っているが地下の食料品売り場は全くノーマーク。

日高という時点で無意識にノーマークにしていたのかもしれない。

P1000235

目の前は食料品売り場。こんなところに存在していたなんて。

P1000226

四川麺が川崎溶き卵系らしい。

レギュラーメニューではなさそうに思えるため川崎店オリジナルメニューか?

P1000232

そして、四川麺。

非常にそそられるビジュアルは、王将のタマにらーめんを思い起こす。

ただ、王将と違い糖質の味はしない。若干のトロミやザーサイの使用は昭和系タンタンメンを思わせるが、テイスト的には長澤系。

昭和から長澤への進化の過程のラーメンの様な味。

トロミの弱さから、一応長澤系として定義しておこう。

しかし、このスープは癖になりそう。

他の日高店も調べてみたくなった。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9050円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市川崎区駅前本町7 川崎モアーズ B2F/044-211-8075/休無/10:00~20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

南加瀬 盛華楼

川崎溶き卵系調査ページにおいて、川崎溶き卵系ラーメン取扱店が遂に100店舗を超えることに。

ライバルである、勝浦タンタンメンの「正規取扱店」が39店舗。

ニュータンタンメンだけれあれば31店舗。これにインスパイアを加えると圧倒的に川崎タンタン(川崎溶き卵)の勢力はすさまじい。

これに一体感が加われば・・・という夢を見ながら、この日は、南加瀬の盛華楼を訪問。

溝の口にも盛華楼という川崎溶き卵取扱店があったが、ここにも存在するか?を確認するため訪問。

P1000209

因みに溝口店は以下。

P1170533

盛華楼の字体は同じか。

雰囲気は別のお店のようである。

溝の口店では、塩、醤油、四川の3種類のタンタンメンが存在していたが、加瀬店はタンタンメンのみ。

P1000216

まずは、kunのワンタンメン。

麺がつるっとした独特の食感の細麺。

醤油が程よいコクを醸し出しており、意外に行ける味。

P1000221

そして、タンタンメン。

確かに溶き卵ではあるが、挽肉はスープと一体型ではなく、トッピング形式。

花椒系の辛さが四川系を思わせる、四川&川崎溶き卵長澤系ハイブリッドタイプのタンタンメン。

P1170538

因みに溝口店の塩タンタンメン。

溝の口店は店名が刻まれているが、加瀬店は刻まれていない。

P1000213

そして、餃子。

ここの餃子は旨い。パリモチ餃子で、餡の味やジューシーさなどレベルが高い。

餃子だけでもまた食べに訪れたいお店。

P1170540

そして、溝の口の餃子。

まず個数は異なるが、味は似ていたような気がする。

色々比較したが、ちょっと関係性が良く分からないため、別店舗として扱いたい。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9000円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市幸区南加瀬3-32-13/044-588-2108/休??/??:00~??:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

新丸子 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(新店)

約一年振りにイソゲンに新店が加わった。

この日は、開店当日。

P1000128_2

なんと、タンタンメン一杯200円に生ビール一杯サービス。

これはイソゲンファンでなくても並んでしまう。

待つこと2時間30分。

非常に疲れた。

幸いなことに、カウンタに座れたため、調理風景を眺めながら待つことに。

P1000122

まずは、kunの普通辛。

P1000126

そして、自分の大辛。

調理の方は派遣されてきたのか手際は良いが、色々勝手が違うのか、スープを作ったまま、何やら他の作業に追われたりと、ちょっとせわしない。

これはこれで仕方ない。200円という価格設定はごめんねという意味もあるのでしょう。

味は、さすがにイソゲンの良さが出ていたが、京町系のちょっとニンニクに癖があるような風味が気になる。

P1000117

そして、餃子。こちらは定価400円。

餃子焼き器から餃子がはがれないなど、オペレーションが気になって仕方なかったが、到着。

味は、まさにイソゲンの餃子。

こちらはほぼ問題なし。

これで、小杉周辺に2件のイソゲンが登場し、飲んだ帰りの誘惑が増えそう。

しばらくしたらまた訪問してみよう。

そして、全店制覇も更新済みに・・・

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8950円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市中原区新丸子743-4/休無/044-711-5131/11:30~14:00 18:00~25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

新横浜 砦(快獣ブースカらぁめん~シオ【塩】のパー~)

豚骨ラーメンのお店砦、最近限定では豚骨ラーメンとは全く別テイストのラーメンを出すようになっている。

しかも、今回は快獣ブースカらぁめん。

もはや何が狙いなのかも良く分からないが、こういった遊び心も重要なのでしょう。

P1000101

何でも、最初は塩ラーメンで、キャビアの様な粒こんにゃくの味が溶けだして醤油ラーメンに変貌遂げるらしい。

しかし、写真ではナルトの奥にひっそりと佇んでおり、写真に収められないという失態を。

ただ、物陰に隠れるほどの量なので、基本最初から最後はでほぼ塩ラーメンテイスト。

もう少し大胆に粒こんにゃくを投入してほしかった。

P1000103

また、ラーメンを註文するこの様なシールがサービスで。。。

ただ、快獣ブースカ自体自分が生まれた頃のTV番組だったらしく、記憶にない・・・

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8900円(うち購入済み金額1930円)

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

お台場 みそラーメンのよし乃

お台場で出張を終えた夜、もったいないので、再びご当地麺祭りへ。

次のお店は、旭川を代表する味噌ラーメンのお店「よし乃」。

P1000087

じつは「すみれ」に出会う前までは、北海道で個人的にNo1だったお店。

懐かしい。

P1000090

そして味噌ラーメン。

食べてみると、昔の尖った感じのワイルドさが薄れているように思える。

辛さやしょっぱさがもう少し効いていたような・・・

焦がしたようなラードが効いた普通の旭川ラーメン。

美味しいことは美味しいが、心に響かなかった。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8850円(うち購入済み金額1930円)

店情報:東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F/03-5531-1173/休無/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年11月 8日 (金)

お台場 勝浦ビーチスタイル

この日は、出張でお台場へ。

ランチタイムでお店を検索するとお台場でご当地麺祭りが開催中。

P1000082

ラーメン店としては全国有名6店舗が居並んでいる。

P1000085

そして、一目散でお目当ての勝浦ビーチスタイル。

勝浦タンタンメンの東京アンテナショップらしい。

既に組織的に一体化して勝浦タンタンを盛り上げているのか。

我らが川崎タンタンもどうにかしなくては・・・

P1000079

というわけで、久しぶりの勝浦タンタンメン。

辛さは選択制であるが、スタンダードで注文。

辣油の辛さとタマネギの甘さが、、、と思ったら思ったより辛さが襲ってこない。

個人的には、勝浦タンタンNo1のはらだの強烈な辛さを期待していたのであるが、やはりスタンダードでは一般人に食べやすい味にアレンジしているのであろう。

辛くない勝浦タンタンはニュータンタンの普通の辛さと比べると、今一ではないか?

と思わず川崎タンタンに肩入れしたくなった瞬間でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8800円(うち購入済み金額1930円)

店情報:東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F/03-5531-1173/休無/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

川崎 旬の味とくり

デジカメを変更してGPS機能がついたと思ったら、ココログではGPS情報付きのデータを受け付けないらしく、ブログアップが非常に面倒な今日この頃。

そして、この日は川崎ハロウィンの日。ついに、撮影日とアップ日が1週間以上ブランクが空くことに。

P1000054_2

最近は、川崎駅前までパレートが通過するようになったようです。

ハロウィンと関係ない人たちにとってはいい迷惑かもしれないが、街の活性化という意味では川崎市民にとってはもはや欠かすことのできない重要なイベント。

P1000076

なんだかんだ、ハロウィンを楽しんで、余韻に浸りながら訪れたのはこのお店。

美味しい魚が楽しめるお店らしい。

店内に入るとカウンターがテーブルか聞かれるが少人数であればカウンタを選びたい。

P1000064

すると、生け簀の周りをカウンタで囲った形の席へ運ばれる。

見てるだけで楽しくなってくる。

P1000066

こんな風景を眺めながら、鯵のナメロウを食す。

P1000068

ワカサギのかき揚げを食す。

P1000075

宮城の浦霞を飲む。

本当に美味しいのか雰囲気に飲まれて美味しく感じるのか。

恐らくその両方なのでしょう。

P1000074

極めつけは、前を泳いでいたはずの鯵の活け締め。

何でも、魚は死んでしまって時間がたつと何らかの成分が分泌され味が落ちてしまうとのこと。

直前まで生きていた魚は、その成分が分泌される前なので、味が格段に違うらしい。

確かに言われた通り、歯ごたえが全く違った新鮮な味わい。

漁師さんたちはいつもこのような新鮮な魚を食べているのでしょう。

こんなに味が違うと、市場に出回った魚は食べられないでしょう。というほどの美味しさ。

地方にいけばこの手のお店はざらにあると思われるが、都会では中々味わえない貴重なお店でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8750円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市川崎区砂子2-6-3/044-222-8649/休日/17:00~23:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

子母口 花鳥

近所の居酒屋花鳥が、近所に移転。

P1000023

改めて訪問。

実は新城界隈は焼き鳥屋の激戦区であるが、ちょっと離れたこの場では、「正ちゃん」、「花鳥」でしのぎを削っている。

どちらも、店長が焼いている場合の味は絶品。

そして、新店舗での花鳥。

P1000028

この焼き上がりを見ているだけでも、その質の違いが判る。

焼き鳥とはこれほどまでに繊細な料理なのか?奥が深い。

こんなに旨かったのかと改めて思わせる絶妙な塩加減は、今までの正ちゃんを彷彿とさせる完成度の高さ。

店舗移転で磨きがかかったか?

P1000029

美味しい料理には美味しいお酒。

宮城県の一ノ蔵。

P1000027

シンプルな梅キュウリ。

素材の味が最高であるからこそ、こういったサイドメニューにも手を抜かない。

駅近の価格競争で疲弊間のある焼き鳥店よりも、ちょっと離れたこれらのお店の戦いが暑い。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8700円(うち購入済み金額1780円)

店情報:川崎市高津区子母口405-1/044-788-1557/休火/17:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

川崎 餃子の王将

久々の川崎、この日は台風一過の直後であり、川崎の一大イベントハロウィーンの前日。

徐々に人手が増えてくる雰囲気。

P1000001

最近ネタ切れであまり行くところが無いが、今回は川崎東口店の餃子の王将へ突撃。

このお店、いつも店の前で餃子待ち行列ができている。

TVでも放映されたこともあり餃子の王将の中でもかなりのレベルなのではないかと期待。

P1000006

まずは、kunが頼んだ、天津麺。

贅沢に卵を使用し出汁の効いたこのラーメン。

意外にコストパフォーマンスが良い。

P1000009

そして、久々にタンタンメン系ラーメンのタマにらーめん。

川崎溶き卵系かと思いつつも糖質の甘さ主張が強く、かなりイメージとかい離している。

これが、全国王将共通メニューなのであれば、非川崎溶き卵なのかもしれない。

川崎地域限定なのであれば、川崎溶き卵系インスパイアなのかもしれない。

もう少し幅を広げて王将メニューをチェックする必要がありそう。

P1000004

そして、餃子。

王将の餃子と言えば、一時期の新城の餃子は美味しかったイメージがあるが、最近の王将の餃子よりも川崎近辺の中華料理系の餃子の方が断然美味しく感じる。

しかし、川崎の王将の餃子は、手ごろな価格でパリモチ系であるが、皮が薄くライトな食感。

これが餃子の王将の本質か?この味であれば、まぁ納得。

今まで食した王将の餃子の中ではNo1かもしれない。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8650円(うち購入済み金額1280円)

店情報:川崎市川崎区駅前本町26-1/044-244-4033/休無/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

成田 えびす亭

日本に帰国後、最初の日本食。

P1200140

成田空港のえびす亭。

帰国後すぐラーメンを食べるのは初めて。

「空海」は出発前に食べるラーメンとしては中々のレベルのお店であるが、果たしてこのえびす亭は?

醤油と味噌ラーメンで悩んだ結果、味噌ラーメンをチョイス。

P1200141

5日間、連日中華料理に染まった胃袋に、日本の味噌ラーメンはさぞかし胃に優しいかと思ったが、味噌ラーメンは疲れた胃袋にはあまり優しくなかった。

やはり、日本を代表するラーメンは醤油なのか?

次回、海外に行くことがあったらまた試してみたい。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8600円(うち購入済み金額1280円)

店情報:千葉県成田市古込1 新東京国際空港 第1ターミナル 4F/0476-32-8673/休無/08:00~20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

成都 巴國布衣

中国最後の夜、そして、四川成都での初の晩餐。

P1200112

行った先は巨大な門構えの立派なお店。

P1200113

成都ではかなり人気のお店らしい。

P1200116

高級感漂うお店。

P1200118

いきなり出たこの料理。確かラム肉とうどんの様な麺が入っていていきなり激辛料理。

これは後々響く辛さ。これが四川の辛さか・・・

P1200120

麻婆豆腐。辛いは辛いが、先ほどの料理程ではない。

やはり日本の麻婆豆腐とは違う。

トロミ主張感は無く、コクが感じられ、多少しょっぱめの味ではあるが、ご飯が食べたくなる旨さ。

P1200124

こちらな何やら具材をパンの様なものに挟んで食べるらしい。

これまた旨い。

P1200129

食事の途中で、変面ショーなるものが始まる。中国人でも大人気のショーらしい。

日本でもテレビでお馴染みのショー。

P1200127

ショーから戻ると、ワンタンの様なものに辛いタレがかかった料理。

やはり何を食べても基本は辛い物がベースの様子。

ただし、今回は全般的に日本人に気を使ったのか大抵のものはそんなに辛さを感じずに美味しく食べられた。

P1200128

そして、きたー!汁なし担担麺。

担担麺発祥のお店ではないが、本場成都の担担麺。

元々、点心同様にがっつりそれだけを食べる料理ではないらしく、小鉢に入って適度な量の担担麺。

いつかこの日が来ると思っていた料理が、目の前に。

どんな変な味でも構わないと思って食べたが、基本辣油主体のタレが麺にうまく絡んで想像以上に旨い。花椒は思ったより効いていないのか。

自分好みの担担麺。

しかし、日本の坦々麺とはやはり別物。

成都に来て麺料理は今のところはずれなし。本来の成都の担担麺の味かどうかは定かではないが、本場の旨さに圧倒された瞬間でした。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計8550円(うち購入済み金額1280円)

店情報:成都の居酒屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »