« 大阪なんば くう(三都ツアー二日目) | トップページ | 大阪梅田 隠れ家和食 茶屋町 りゅうぼん(三都ツアー三日目夜) »

2014年4月 3日 (木)

京都茶山 天下一品 総本店(三都ツアー三日目昼)

三都ツアー3日目にしてようやく三都目の京都へ。

P1020654

実は京都は去年harutanは修学旅行で体験済み。

しかし、相当楽しかったようで、その思い出を再トレースすることが今回の楽しみの一つにもなっている。

最初に回った清水寺、銀閣寺は京都ツアーとしては定番で修学旅行でも回ったコースらしい。

P1020666

というわけで、清水寺。

P1020697

そして、銀閣寺。

なぜ、この様など定番のコースを今回敢えてとったかと言えば、京都駅から清水、銀閣と北上していく先に天下一品総本店が構えているから。

実は三都ツアーの裏の目的としてこのお店に行くことが家族にも内緒のコースであった。

時間もすべてここに合わせてスケジューリング。

途中、お土産売り場で予想以上に時間がかかってしまったが、

P1020706

やっと来ることができた。

店の前には行列が。

P1020710

これが総本店の店内の雰囲気。

P1020711

前日までの悪天候からこの日は晴れ。

春の暖かさを感じながら汗ばんだ体に対して、まずは咽喉を潤す。

P1020712

このお店は濃厚であるということと、途中のお土産売り場で生八つ橋の試食を食べまくったkunとharutanはラーメンを避け、チャーハンを半分ずつ。

ちょっと油っぽいがチャーハンも中々のレベル。

P1020713

唐揚げは揚げすぎたようなビジュアルであるが、下味がしっかりして旨い。ビールのおつまみに最適。

P1020716

そして、こってりラーメン+チャーシュー。

天下一品総本店の都市伝説に「箸が立つ」という噂を聞くこともあったが、さすがにそこまでドロドロではない。

ただし、関東で食するチェーン店は、スープを一から作っていないらしく味は均一の味であるが、本店の味は多少スープが煮詰まったような感じ。

そういう意味で煮詰まったような濃厚な味になっている。

P1020718

この濃厚さが天下一品の本当の味という事でしっかり脳裏に味を焼き付けつつスープを飲んでいくとあっという間に最後まで飲みきってしまった。

長年憬れていた天下一品総本店という事で感動の一杯であった。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計650円

店情報:京都市左京区一乗寺白川通北大路下ル西側 メゾン白川 1F/0075-722-0955/休木/11:00~27:00

|

« 大阪なんば くう(三都ツアー二日目) | トップページ | 大阪梅田 隠れ家和食 茶屋町 りゅうぼん(三都ツアー三日目夜) »

ラーメン(関東外)」カテゴリの記事

味:鶏白湯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/59381535

この記事へのトラックバック一覧です: 京都茶山 天下一品 総本店(三都ツアー三日目昼):

« 大阪なんば くう(三都ツアー二日目) | トップページ | 大阪梅田 隠れ家和食 茶屋町 りゅうぼん(三都ツアー三日目夜) »