« 川崎 野郎ラーメン(坦々麺) | トップページ | 府中本町 ニューたんたんめん »

2014年10月31日 (金)

鋼管通り ニュー味源

川崎を代表するラーメン。

ニュータンタンメン本舗イソゲン、その源流は焼肉中華。

川崎にはイソゲン以外にも焼肉中華というお店が存在している。

この様なお店に行くことで川崎溶き卵の誕生のルーツに辿れるのでは?

という仮説を立て、検証の為焼肉中華のお店へ。

P1050503

気のせいか雰囲気もイソゲンを思わせる。

メニューには麺類はあるが残念ながらタンタンメンの文字は無い。

P1050506

P1050507

とりあえず、ホルモン、ハラミなど肉類を注文し焼肉を堪能。

どちらも旨い。

P1050513

そして、麺類はカルビラーメンを注文。

なんと、大量のカルビと野菜に混ざって溶き卵が。

やはり、タンタンメンの源流はこういったメニューから発展してきたではないか?

最近中華料理店を中心に回っているが、焼肉中華というジャンルの開拓も必要かもしれない。

P1050510

そして、餃子。

焼肉専門店では見かけない餃子があるのも焼肉中華というお店ならではかも。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計6850円

店情報:川崎市川崎区鋼管通2丁目1-13/044-333-0815/休??/??:00~??:00

|

« 川崎 野郎ラーメン(坦々麺) | トップページ | 府中本町 ニューたんたんめん »

ラーメン(川崎市川崎区)」カテゴリの記事

味:激辛系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼管通り ニュー味源:

« 川崎 野郎ラーメン(坦々麺) | トップページ | 府中本町 ニューたんたんめん »