« 小倉 台湾家庭小皿料理 台北点心 | トップページ | 中原 らあめん花月嵐(BLACKMONSTER) »

2016年2月19日 (金)

海老名 中村屋

年に一度来るか来ないかという場所、海老名に今年はすでに3回目の訪問。

通常はビナウォークで食事を済ますパターンであったが、この日は、高座渋谷以来の中村屋訪問。

本ブログを始める前に高座渋谷で食したときは、中村屋の塩ラーメンのその旨さに感動したことを覚えている。

P1090993

入るときには、店の外に行列はなかったが出るときには行列が。

しかも、店内にも行列エリアが存在していた。

P1090988

まずは、中村屋ラーメン。豚と鶏のチャーシュー入り。

繊細なスープと油、塩加減が以前の高座渋谷時代のイメージでは黄金比といっても良いくらいの絶妙なバランスであったが、今回はスープが若干弱くなっている印象。

これは繊細なスープの宿命か、僅かなバランスの違いもしくは食べる人の体調でも受ける印象が変わってしまうのでは?

ということで、今回は前回ほどの感動には達することができず。

P1090991

そして、kunの味噌。

中村屋の味噌ということで期待と不安が入り混じる。

味噌は深みのある味噌で個人的には好みの味噌であるが、想像通り中村屋の繊細なスープがどう生きているのかが分からない。

チャーシューはかなり厚めの燻された感のあるチャーシューであるが、こちらは加齢の影響もあり持て余し気味。

全体としてはクオリティは高いのであるが、自分の駄舌には相性が良くないのかもしれない。

震災義援東北物産貯金2015(50円)計7950円

店情報 :海老名市中央2-5-41 サティ立体駐車場 1F/休無/046-233-7278/11:00~14:30 18:00~21:00(平日) 11:00~21:00(土日祝)

|

« 小倉 台湾家庭小皿料理 台北点心 | トップページ | 中原 らあめん花月嵐(BLACKMONSTER) »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

味:淡麗塩」カテゴリの記事

味:濃厚味噌系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/63195975

この記事へのトラックバック一覧です: 海老名 中村屋:

« 小倉 台湾家庭小皿料理 台北点心 | トップページ | 中原 らあめん花月嵐(BLACKMONSTER) »