« 向河原 中国料理 高華樓 | トップページ | 三ツ沢 中華麺類 麺喰亭 »

2016年3月 1日 (火)

岸根 上重朋文の店

この日は、ラーメン博物館のスタンプ巡礼の後、ちょっと足を延ばして兼ねてより訪問リストに入っていた岸根の個人宅ラーメン店を初訪問。

お店には駐車場はなく、周辺の駐車事情もあまりよろしくない。

周辺をいったり来たりした挙句、ようやく駐車場をみつけそののちご自宅訪問。

P1100056

よく見るとラーメンのメニューが手すりの下に陳列されている。

P1100058

店内は、普通の一軒家で、キッチンを通り過ぎリビングの隣の部屋に通される。

リビングにはお店の方が普通の生活感で佇んでいてなにやら微妙な空気感。

P1100065

まずは、kunの味噌ラーメン。

いきなりバター入りであるが、オーソドックスな味噌ラーメン。

P1100068

そして、担々麺。

ゴマが主役化と思いきや油とスープとの絡みが絶妙で、これは油を多用しすぎた感はあるが個人的にはツボにはまる旨さ。

P1100073

そして餃子。

一粒は小ぶりで、餡はきめ細かい粒度。

特別感はないが、普通においしい餃子。

普通の家をラーメン店にするという試みは面白いが、日常生活と仕事をどのようにバランスをとっているのか?非常に興味深いお店ではある。

震災義援東北物産貯金2015(50円)計8150円

店情報:横浜市港北区岸根町408-7/045-431-7180/休無/11:00~21:00

|

« 向河原 中国料理 高華樓 | トップページ | 三ツ沢 中華麺類 麺喰亭 »

ラーメン(横浜市)」カテゴリの記事

味:坦々麺」カテゴリの記事

味:淡麗味噌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2722/63238600

この記事へのトラックバック一覧です: 岸根 上重朋文の店:

« 向河原 中国料理 高華樓 | トップページ | 三ツ沢 中華麺類 麺喰亭 »