ラーメン(川崎市多摩区)

2016年11月12日 (土)

稲田堤 煮干しらーめん てのごい屋

2012年以来久しぶりに稲田堤のてのごい屋訪問。

P1120270

煮干しブームの早い段階から煮干しを売りにしていたが、最近二郎系、川崎溶き卵系など煮干しだけではやっていけないのか。

P1120268

そして、お目当ての辛味そば。

丼、レンゲ、麺もかなりイソゲンを意識している。

味はちょっと塩加減が強く、スープも鶏ガラのみではないので若干趣が異なる。

詳細を見てみるとイソゲンとは別物ではあるが、流行りものとして川崎溶き卵系ラーメンを採用したのは果たして成功か?

P1120265

kunは煮干しラーメン。

看板にも名称が入っている煮干しラーメンは、流行りの濃厚煮干し系を安直に追い求めることはせずに以前からのライト煮干しスープ。

今となっては主力商品からは一歩引いているのかもしれない。

お隣のお客は二郎インスパイアを大盛マシマシで食していた。

なんでもありのラーメン店は、細かいところを気にしなければ選択肢が増えてうれしい所。

しかし、駅前の一等地でいろんなメニューが楽しめはするが接客は改善の余地がありそう。

震災義援東北物産貯金2016(50円)計5350円

熊本震災義援貯金(100円)計8800円

店情報:川崎市多摩区管稲田堤1-17-1/休無/0044-945-1718/16:00~25:00(平日) 11:30~25:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

宿川原 旬来

この日は野暮用で車で移動中にランチをとるため藤子不二雄ミュージアムの近くの中華料理店に立ち寄る。

P1090510_2

以前から目をつけていたお店です。

P1090505_2

そして、 坦々麺。

中華スープというよりシンプルな奥行き感の無いスープ。

見た目以上に辛く感じるこの味は唐辛子が効いているのか?

P1090508_2

そして、餃子。

手作りらしいこの餃子は餡が詰まってプリプリ食感、小籠包的なスープも包含されなかなかの絶品餃子。これで400円はまた食べたい。

震災義援東北物産貯金2015(50円)計6850円

店情報:川崎市多摩区長尾1-17-14/休火/044-933-6176/11:00~14:00 17:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

稲田堤 横浜家系 稲田家

この日は、とあるイベントのため稲田堤へ。

気が付くと稲田堤方面はやけに家系が増殖し家系で激戦区に。

P1080939

そんななか、比較的新しくできたお店稲田家を訪問。

P1080930

久々の豚骨醤油。この家系は豚骨が主役で自己主張通り結構濃厚。

年のせいかみじん切りの玉ねぎが非常に助かるほどの濃厚さ。

オプション無しでは最後まで食べ辛い。

P1080937

そして、kunはつけ麺。

家系でもつけ麺となると、これは何系のつけ麺?オーソドックスな濃厚魚介系つけ麺。

もう少し何か個性的な味が欲しかった。

震災義援東北物産貯金2015(50円)計5250円

店情報:川崎市多摩区菅2-1-8 DKビル 1F/休無/044-299-9029/11:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

稲田堤 本物のやきとん 筑前屋

P1040126

とある夏祭りのイベントのダンスパフォーマンスを見た後。

長い下り坂を下って汗だくになって辿り着いた場所。

P1040130

筑前屋といいつつ関東に展開するチェーンの居酒屋で、この界隈ではちょっと人気のお店の様です。

P1040133

夏祭りに生ビール、メガ。最高の組み合わせ。

P1040136

さっぱり塩キャベツ。

P1040139

人気のハラミたたき。これまたさっぱりして旨い。

P1040141

やきとんなのでカシラ。

ジューシィーで肉厚があり食べごたえあり。

P1040157

〆には豚骨ラーメン。

ちょっと甘めのスープは本場のそれとはちょっと違うかもしれない。

全体的に店員さんに活気があり居るだけでなんとなく楽しくなってしまう。

居酒屋の醍醐味を感じられるお店でした。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計4350円

店情報:川崎市多摩区菅2-1-7/044-322-8384/休無/17:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

宿河原 ミュージアムカフェ(小池さん)

台風一過の影響か、ようやく訪れた真夏を思わせるこの日。

P1030814

宿河原駅を降りて歩くこと十数分。

とある完全予約制のお店へ向かう。

P1030818

ようやくその建物が見えてきた。

P1030821_3

そこには、予約制にも関わらず人々が行列をなしている。

中は、写真撮影は可能な場所もあれば不可の場所もあり安易な撮影はできない。

P1030874

そして、施設内のカフェ到着。しかしここから2時間待ち。

着席してからも更に待たされ到着したのは、念願の

P1030852

「ラーメン大好き小池さん」ラーメン。

小池さんの顔である海苔は瀬戸内の海苔らしいが意外に海苔の風味が強くあっさりスープにマッチしている。

昔懐かしいオーソドックスなラーメン。漫画の中の小池さんはどんなラーメンを食べていたのでしょうか。

そう、ここは藤子F不二雄ミュージアム。

このラーメン食べたさに、無理やり高校生になったharutanも巻き添えにしてミュージアム見学。

P1030849

P1030863

P1030873

P1030866

harutanを無理やり誘った代償は高かった。

しかし、川崎のラーメンブログを書く上でこの小池さんラーメンは避けて通れない。

念願の宿題店にようやくこれた。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計3700円

店情報:川崎市多摩区長尾2丁目8番1号 /0570-055-245/休火/10:00 - 18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

宿河原 盛華園

川崎溶き卵調査ページにおいて、川崎地区の取扱店調査が頭打ち状態。

久々にWEB情報から探そうと、未開発の多摩区をターゲットに調査。

タンタンメンのキーワードでは中々見つからず、今回にんにく坦々麺という文字でこのお店がヒット。

店名からは溝の口の盛華楼を思わせるがこれは確度が高そう。

P1030157

そして、多摩区では2店目の発見か!

メニューにはにんにく坦々麺とうま辛らーめんの2種類が存在。

辛い物が苦手のkunにも協力をお願いし、両方を頼むことに。

P1030162

見事、ビンゴ。

多摩区では2店目の川崎溶き卵系ラーメン。

味はスープの主張がそれほど強くなく、更に麺が中華麺にしてはツルシコ系で麺そのものの味は悪くないがスープとの絡みが悪い。

P1030170

そして、うま辛ラーメン。

辛みは辣油ベース並みの辛さでもかなり辛い。

玉ねぎは存在していないが雰囲気勝浦タンタン。

最初は辛いだけのラーメンであったが、味わって飲むと確かに旨みが伝わってくる。

正に勝浦タンタンの「はらだ」に通じる物を感じる。

そういう意味では、このお店、川崎溶き卵⇒川崎タンタンと勝浦タンタンが揃い踏みという自分にとっては夢の競演のお店でした。

P1030166

餃子に関しては、花椒が適度に効いた餡で口の中に爽快感が広がる味。

辛さで多少舌が麻痺した影響で味がちょっと分かり難い。

川崎タンタンと餃子の相性は良いが勝浦タンタン系と餃子の相性は今一かもしれない。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計1700円

店情報:川崎市多摩区宿河原2-6-13/休??/044-922-8052‎/111:30~15:00 17:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

宿河原 新博多とんこつ 究(kiwami - 新店)

今年の1月に正式オープンしたらしい、博多豚骨のお店。

宿河原から藤子F不二雄ミュージアムへ向かうルート沿いにその店はある。

P1020395

「どらえもんランド帰りにラーメンはいかが?」という文字が。

どらえもんランドって?

P1020390

何はともあれ、こってりチャーシュー麺。

こってりのベースは背脂の様です。

新博多ラーメンとは、博多ラーメン特有の油っぽさ、しつこさ、匂うという要素を少なくしたものらしいが、それは博多ラーメンとは言わないのでは?

と内心思いつつ、豚骨スープ自体は、マイルドでかつ確かにしつこさを感じない食べやすい博多ラーメン。

麺は固さは聞かれないがデフォでは固めの仕上がり。

味も固さも問題なし。

チャーシューは肉厚であるが、ボソボソした感じで食感は好みではない。

博多系のチャーシューは極薄ばら肉がやはり好み。

全体として関東版豚骨ラーメンの中では悪くない部類に入るのでは?

高菜ラーメンは無料トッピングではなく有償トッピングであるが、代わりに搾菜が無料トッピングとして存在。

因みにあまり辛くなかったので物足りない。

P1020388

他に、ゆず、胡麻、紅ショウガ。

後半これらを投入することで、更にさっぱりと食べ終えることが可能になる。

周辺に駐車場が無いため立地的には厳しいがレベルはそこそこのレベルのお店のようでした。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計100円

店情報:川崎市多摩区長尾1-15-11/休3月は水店頭でその月の休みを告知)/TEL????‎/11:00~15:00 17:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

久地 大龍製麺

中原方面から府中街道を246を通過してしばらくいくと、見慣れないラーメン店が。

2013年4月頃にオープンしていたらしいが、自分のアンテナに全く反応しなかったラーメン店。

P1020038

お店に駐車場はあるが、満車の場合近くにパーキングが無いため結構苦労する立地。

基本スープは丸鶏魚介と、豚骨の2本立ての様子。

さらには、自信作として小田原系ラーメンの文字が。小田原系大西ラーメンインスパイアのようです。

まずは、自分の豚骨ラーメン。

P1020035

BRIX12%以上という豚骨スープはかなり濃厚で粘度が高いが個人的には好みの味。

kunも豚骨系はあまり好きではないが最初の一口は美味しいと一言。

中々悪くないレベル。

P1020028

kunには小田原系ラーメンということでチャーシューワンタンメンを頼んでもらった。

ベースは支那そばの丸鶏魚介がベースになっていると思われるが、しょっぱめの醤油ダレに魚介の出汁が効いている。

麺が極細で柔らかいため歯ごたえが無く、濃厚な醤油スープに対して存在感が薄い印象。

普通の支那そばだとどんな感じになるのかが気になる。

P1020026

餃子は羽根餃子で名物らしい。皮はパリモチ感は弱いが餡はジューシー。

食感的には歯ごたえが弱く口の中で餡だけが広がっていく感触。

これはこれでありかもしれないが、羽根の部分はなくても良いかも。

ネット上であまり騒がれていないが子供向けメニューもあることから地元の家族連れも利用されており、そこそこの人気店の様であった。

川崎に住んでいながらこのお店の存在を今まで知らなかったとは、ちょっと残念。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計12900円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市多摩区堰2-11-50/044-543-9863/休無/11:30~14:45 17:00~21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

稲田堤 麺ロード

1990年代一世を風靡したといっても過言ではない程に巷にあふれた「麺ロード」(かなりオーバー)。

この時代、バブルという時代があったらしいが、自分には無縁と思っていた。

しかし、今にして思えばお酒を飲んだ後必ず締めに麺ロードでラーメンや寿司屋に行っていたことを思い起こすと、それなりにバブルを体験していたのでしょう。

そんな自分なりのバブル時代を思い出すのがこの麺ロード。

P1000442

登戸駅の近くにもあるらしいので、意外に狭い領域で麺ロードの残党は残っているらしい。

P1000447

そして、バブルを思い出すかのようにチャーシュー麺。

昔から思っていたが、チャーシューは喜多方のそれとは多分異なるタイプ。

やはり、ばら肉を丼一杯に敷き詰めるタイプが一般的な印象ではないか。

スープは以前は、もっと喜多方風の醤油のとがったコクがあったように思えるが、ここの醤油は二次元のフラットな味。

バブル時代後を生き残るために、普通のラーメン屋へと変貌してしまったか。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計9750円(うち購入済み金額1930円)

店情報:川崎市多摩区菅北浦1丁目3-8/休不定/TEL?????/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

登戸 三集

川崎溶き卵系ラーメン調査ページで唯一川崎エリアで未訪のお店。

しかも、多摩区では今のところ唯一の川崎溶き卵取扱店。

P1190318

最近この手のお店の入りにくいオーラにも慣れてきた。

入口のドアは開きっぱなしで店内の暑さが想像できる。

P1190332

まずは、kunの三集ラーメン。店名を冠したラーメンは唐揚げラーメンが売りのようです。

P1190337

海苔をよけると巨大な唐揚げが5個も入っており、食べごたえはあるが、我々中年夫婦には非常に厳しいボリューム。

味は、唐揚げの味が醤油スープに絡んでちょっと油濃くなり過ぎな感じ。

P1190329

そして、川崎溶き卵系ラーメンは唐ラーメンと呼ばれている。

ビジュアル的には、明らかにトロミの効いた昭和タンタンメン。

ここまで、トロミが強烈だと、小田原四川坦々麺とも言えそうではあるが、溶き卵が辛うじて川崎溶き卵を主張。

こうして考えてみると、小田原四川坦々麺は、昭和タンタンメンを源流にしているのではないかと想像が膨らむ。

味は、ちょっと味が濃いかもしれない。麺をつかむと大量の餡が絡んでついてくる。

これは、お酒の肴でチビチビ食べても良いのかもしれない。

店内の暑さと餡の熱さで食べ進むと汗が止まらない状況に。

P1190338

あまりの暑さのせいか、お会計後に店主さんより凍らせたお茶をもらうことが出来た。

これはありがたい。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計6050円(うち購入済み金額800円)

店情報:川崎市多摩区登戸新町395/休不定/044-932-2690/11:30~14:00 18:00~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)