味:ニュータンタン/川崎溶き卵系

イソゲン、昭和タンタンメン、長澤麺。 タンタンメンにも色々あります。 ≠坦々麺

2018年7月31日 (火)

川崎 陳四海(再訪)

4年前の初訪問の際には、最もそれらしいメニューが辛みそばという担々麺も存在していなかったこのお店。

P1160460

川崎溶き卵系ラーメンのタレコミ情報にタンタンメンらしきメニューが見受けられるという事で再訪。

P1160468

まずは、kunは暑いという事で冷やし中華をチョイス。

タレが上手く絡んで美味しい。

P1160464

そして、こちらは注目のニラ玉担々麺。

まぎれもなく川崎溶き卵系タンタンメン。

系統は長澤系。

スープが単純なスープではなく深みがあるため味の奥行き+辛さが楽しめとても美味しい。

久々に長澤系の美味しいタンタンメンに出会えた感じ。

果たしてこのメニューはレギュラー化されているのかどうかが心配。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1400円

店情報:川崎市川崎区宮前町2-3/休不定/044-222-7757/11:30~14:00 17:30~03:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

西大井 美華飯店

この日は、川崎溶き卵系ラーメンのタレコミ情報において2月に同志ミコさんが情報提供してくれたお店を初訪問。

P1160374

かなり分かりにくい場所であったがなんとかたどり着く。

P1160363

こちらは、kunの肉そば。

タレが決め手の肉野菜炒めがトッピングのこの一品は肉野菜炒めだけでも十分美味しい。

P1160371

そして、担々麺。

確かに川崎溶き卵系ラーメンではあるが、味にキレがなくスープの多さが災いしているのか?麺も柔らかすぎで好みの固さではないかな。

P1160367

餃子は肉々しい餃子でこれは美味しい。

何にしても、わざわざ来た甲斐あって久々に東京県内での川崎溶き卵系ラーメンのお店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1200円

東日本大震災以降、ラーメンを食べるごとに募金を行うという活動を続けてきて、地元九州の熊本でも地震、福岡での水害、大阪での地震、そして中国地方の水害と、近年甚大な天災の発生頻度が高まってきている。

こうした中、募金活動のやり方も見直さないといけないのかもしれないが、自分自身もあまり余裕があるわけではないので、とりあえず、今の形で募金活動は継続するが、いずれ機を見て募金の幅を広げていきたい。

大阪府北部地震や中国地方豪雨被害で亡くなられた方々の冥福をお祈りいたします。

また、災害にあって日常生活を奪われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

微力ながら、何かお役に立てるように努力していこうと思います。

店情報:東京都品川区西大井1-1-1 Jタワー西大井ウエストコートA-103/03-3777-0213/休月/12:00~14:30 18:00~22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

妙蓮寺 ゑびす

この日は、川崎溶き卵系ラーメンのタレコミ情報において2015年にこの頂いて以来、行かなくてはと思いつつ中々行けなかった妙蓮寺のゑびすを初訪問することに。

P1160325_2

因みに菊名駅前店は既訪であるが、川崎溶き卵系ラーメンの存在は確認できなかった。

P1160314

店内の壁を見ると川崎溶き卵系ラーメンの存在が確認できた。

なんたんめん。(なんちゃって担々麺といういみらしい)

P1160312

他に周りを見回してみると、なんと神ラー会会長の足跡を発見。

随分前のようですね。

P1160317

まずは、kunのタンメン。

元々家系のお店であるが、豚骨ベースのタンメンはチャンポン的テイスト。

リンガハットの魚介系を抜いたイメージの味で個人的には好みの味。

P1160323

そして、なんたんめん。

横浜の家系と川崎の溶き卵系が融合したはじめてお目にかかる商品。

挽肉はスープに混ざったタイプではなく、トッピングスタイル。

豚骨ベースでちょっと泡削りなテイストではあるが、十分美味しい。

麺はタンタンメンとしてはちょっと違和感があった。

何にしても神奈川を代表するラーメンコラボという事で個人的には内心超盛り上がった瞬間でした。

因みにこの後日に訪問した駒岡の風々風には家系+サンマー麺も登場していて地味に神奈川のラーメン同士が融合してきているのは面白い動きかもしれない。

盛り上がれ、神奈川のラーメン。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1050円

店情報:横浜市港北区菊名1-7-25/045-421-4051/休無/11:00~25:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

川崎 元祖ニュータンタン酒場

川崎の地ラーメンである川崎溶き卵系ラーメンの代表格。

元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン。

このイソゲンが新たにアルコールに重きをおいたお店ユータンタンメン酒場をオープン。

P1150858

名前は忘れたが以前は居酒屋だった場所。

しかし、イソゲンの公式ホームページにはいまだその記載は内容です。

店内に入ると、右手奥のテーブル席がメインの部屋に案内される。

P1150834

まずは、酒場なので一杯。

P1150835

料理の方は、一般的な居酒屋とは違ってちょい飲み用のお手軽なおつまみがメイン。

P1150836 P1150837 P1150838

イソゲンと言えば定番の焼き餃子、みそピーマンは他にはあまり見ないおつまみ、そしてど定番の鶏のから揚げ。

餃子はいつものイソゲンのパリッとした焼き上がりでないところが気になる。

P1150839

サワー類はちょっと変わって自分割セットでアルコールと割るものを別々に注文。

焼酎とウーロン茶を注文して自分で割る必要がある。2回分は飲めるがお得かどうかは微妙。

P1150843 P1150845

追加で、おつまみチャーシューはこのお店で2番目に高い料理。

イソゲンでチャーシューを食べる機会は殆どないためファンにとっては貴重な料理。

煮込みは文字通りよく煮込まれていて美味しい。

P1150847

P1150853

そして、〆の担々麺。普通の大辛。

他のニュータンタンメンのお店と比較して出汁がちょっと弱い気がする。

大辛はどろっとしたスープの粘度はめちゃ辛に近い物を感じる。

食べなれた物だけにちょっと他との違いに目が行ってしまう。

結果としてニュータンタン酒場は1次会で飲み足りなかった人が2次会でお酒を飲みながら軽く肴を食し、最後に〆にラーメンを食べるといった利用シーンのお店なのでしょうか。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計600円

店情報:川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 2F/休無/044-201-9920/11:30~27:00(月~土)11:30~24:00(日祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

川崎 Dining&bar JANA

この日は、超久しぶりに川崎溶き卵系掲示板への投稿を元にお店調査。

夜営業のみのBarの様です。

P1150817

ラーメンを食べる目的ではちょっと入りにくい。

先客は常連さんと思われる女性1名。

マスターと話し込んでいるが会話から推測するにこのお店のファンのようです。

P1150803

そして、お通し。

P1150804

とお酒。

ラーメンだけを頼む勇気無し。

P1150807

軽くおつまみを注文。

ラーメンだけを頼む勇気のないヘタレです。

先客の女性が帰るとマスターはとてもフレンドリーに我々に会話を仕掛けてきます。

とても面白いマスターです。

恐る恐る色んな話を聞いていると、このお店メニューは結構変わるそうです。

ですが、以前から始めたJANA風タンタンメンがなくなることはないと断言していました。

そんな話から多少川崎のラーメン事情の会話で盛り上がる。

P1150815

そして満を持してJANA風タンタンメン。

しっかり川崎溶き卵系ラーメンの登場。

唐辛子もしっかり韓国のヘテ唐辛子を使用している模様。

とても気さくなマスターのお店なので宴会の二次会でも使いたいところであるが、立地的に難しい場所なのが難点。

P1150812

話が盛り上がったため行きおいでBALI風ナシゴレンまで注文。

美味しいけど胃が満たされ過ぎたようです。

BARなのにガッツリ食べて帰るとは。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計550円

店情報:川崎市川崎区榎町2-13/休木/044-233-5336/18:30~29:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

久地 相模屋

この日は、なんとラーメン屋ではなく日本蕎麦屋を訪問。

P1150347

久地駅から歩いて10分弱。

P1150342

メニューを眺めてみると発見。

タンタン麺の文字が。

P1150346

なんと丼も水色でニュータンタンをインスパイアしている。

普通の蕎麦も注文してみたかった。

お味は、ちょっと本家には遠いが蕎麦屋でニュータンタン麺が存在していることに意味がある。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計4350円

店情報:川崎市多摩区堰2-2-3/休金/044-833-9021/11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

渡田 ピリ辛豚骨ラーメン あおとう(再訪)

この日は、あおとうの夜メニュー(川崎溶き卵ラーメン)を食しに再訪。

P1150227

スペシャルタンタンメンは材料不足ということらしく、あおとうタンタンメンを注文。

無化調のせいか?味は尖った部分が無くマイルドタンタンメン。

スペシャルタンタンメンも気になって仕方ない。

P1150231

そして、kunの海鮮塩ラーメン。

魚介と鶏のWスープであるが、こちらもマイルドな仕上がりで主張は弱め。

P1150235

そして、ネギトロ丼。

先日のエンガワ丼に続いて海鮮系が得意なラーメン店なのでしょうか。

他にも値段ははるが、いくら丼など日替わりでシリーズ化したら面白そう。

店情報:川崎市川崎区渡田3-4-10/TEL不明/休水/11:00~14:30 17:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

五反田 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン

気が付けば、元祖ニュータンタンメンが3店舗増殖していることに気付いて慌てて訪問の第二弾。

P1150208

五反田にできたイソゲン。

P1150195_2

まずは、タンタンメン普通。

国立店同様ライト系のタンタンメン。新規店は尖った味よりマイルド系に走る傾向があるのか。

P1150203

そして、kunも一緒だったのでまぜたんも注文。

こちらは塩気が強く尖った仕上がりになっているが、ちょっとショッパ目だったか。

ギリギリ旨さをキープ。

P1150200

餃子は小ぶりで餡の味付けが弱め。これまでのイソゲンとはタイプが異なるようにも感じる。

これで、イソゲン全店制覇更新は後一店、しかし等々力球技場内のサッカー戦開催中というハードルの高さから、いつになることやら。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計3850円

店情報:東京都品川区東五反田1-18-14 1F/休日/050-5595-1331/11:30~15:00(ランチ) 18:30~24:00(月~木) 18:30~25:00(金) 18:30~22:00(土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

国立 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン

気が付けば、元祖ニュータンタンメンが3店舗増殖していることに気付いて慌てて訪問。

最初は国立市。

P1150180

果たして、この地ではこのラーメンは受け入れられているのか?

ディナータイム前だったので全客は0。

P1150179

そしてタンタンメン大辛。

非常に久しぶりのイソゲン直系タンタンメン。

スープそのものは尖った感じはなくマイルド寄りのテイスト。

しかし十分イソゲンの味。

P1150171

餃子は小ぶりになって、これまで食べてきたイソゲンの餃子とは趣がちょっと異なるか?

P1150174

こちらは、ラーメンとセットのミニ焼肉丼。

ラーメンとセットで1000円は非常にお得。(ただし胃に余裕があれば)

食事中にあと客が2名様で来店。しかし、武蔵新城店などと比べるとアイドルタイムとはいえちょっと寂しい状況かも。

徐々に認知されていくことを期待。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計3750円

店情報:東京都国立市東1-7-11 森田ビル 1F/休無/042-505-8820/11:30~26:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

馬絹 ラーメンショップかとちゃん(2017年最後のラーメン)

この日は、2017年の〆のラーメン。

馬絹の「かとちゃん」がタンタンメンを始めたということで6年振りの訪問。

P1150142

看板も「ラーメン」から「タンタンメン」に文字だけを変更。

P1130437

参考までに6年前の看板。

P1150131

早速タンタンメン。長澤系ではなく、しっかりイソゲンを意識した作りに見える。

テイスト的にはライトな感じ。

P1150135

こちらは、kunの焦がし味噌。

食べ始めの焦がし味噌の風味は良いが、後半野菜で薄まった感じ。

P1150140

餃子はオーソドックスなスタイルであるが、もう少し熱々でも良かった。

しかし、これでまた新たに川崎に川崎溶き卵系のお店が増えたことに。

激動の一年であったが、川崎溶き卵のお店で締めくくれられたのは個人的には良い終わり方でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計3600円

店情報:川崎市宮前区馬絹1617-5/休無??/044-853-2457/00:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧