味:煮干系

2018年4月15日 (日)

高田 拉麺 成

この日は、高田という駅から歩いて数分のお店「成」へ。

以前は、「なごみ」というお店だったか?非常に立地条件的には厳しい場所。

P1150504

果たして立地の悪さによるハンデをどのようにして乗り越えているのか。

P1150494

店内を見ると無化調アピールがこだわりを感じます。

P1150495

ふとカウンタの上を見ると誰かが食べた後の丼とレンゲかと思ってよく見たら、

レンゲを入れるための入れ物が置いてあるだけでした。

微妙なこだわりを感じます。

P1150497

そして、kunのエレガント(煮干拉麺)。

一瞬エリマキトカゲを正面から見たのかと思わせるこだわりの丼。

P1150502

こちらは、メロウ(醤油拉麺)、チャーシュートッピング。

具材を丼の土手?に配置することで拉麺自体の温度低下を避けられるため終始熱々で食べられる。

味もどちらも無化調でここまで美味しく作れるのかと思うほど完成度が高い。

しかし、その一方で非常に麺をすくって食べるときに周囲が邪魔で食べにくいというデメリットもある。

背が低いkunにとっては更に食べにくい様子。

しかし、悪条件の立地環境を美味しい拉麺を軸にいろんな拘りで乗り越えようとしている姿勢は十分うかがえた。

次回リッチ(白湯拉麺)も食べてみたい。

店情報:横浜市港北区高田西2-9-18/TEL不明/休月木/18:30~22:00(月~金) 11:30~15:00 17:00~21:00(土日祝 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

東小岩 中華そば 亜熱帯

この日は、とある理由から東小岩の中華そば店を訪問。

P1150223

久々に北部東京は遠かった。

P1150214

まずは、kunの白煮干し。

今流行の淡麗系煮干しは優しいスープで美味しいです。

P1150217

自分は特製背脂中華そば。

ちょっとこれは背脂多すぎたか。通常の倍あるらしい。

燕三条を思わせる背脂と中華スープの組み合わせは非常に好み。

しかし、食べ進むと年齢的にくどく感じてしまう。

やはりもう若くないか。

ただ、玉ねぎの清涼感が良いアクセントで無事完食。

P1150222

おまけのチャーシュー丼。

こちらもタレが良い感じです。

立地はちょっと不便ですが、味はしっかりしていました。

店情報:東京都江戸川区東小岩1-4-5-101/休月/TEL:不明/11:30~15:00 18:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

さいたま新都心 七匹の子ぶた

この日は、とあるイベントでさいたま新都心初上陸。

P1140956_2

目的地はこちら。

P1140936

其の前に、こちらで腹ごしらえ。

P1140937

そしてお疲れ様。

P1140941

おつまみにメンマ。

柔らかく、油加減が絶妙。お持ち帰りしたい。

P1140942

まずはkunの煮干し中華そば。

スープバランスが良く絶妙な一品。

P1140951

自分は男前ラーメン。

二郎インスパイアと思われるがマイルドなスープに野菜も下味が施され?上品な二郎系。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計3100円

店情報:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-262-18/048-600-0650/休無/11:00~26:00(月~土) ~25:00(日祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

銀座 篝

この日は久しぶりに銀座へお出かけ。

そのついでというか、こちらが本命というか「篝」初訪問。

先日の鳴龍に続いてミシュラン掲載店のお店。

P1140614

待ち行列の長さの割に待たされるのは店内が狭く回転が悪いことが原因か。

しかし、いったん席に着くとスムーズに料理が提供される。

P1140618

まずは一杯でしょう。

P1140625

そして鶏白湯SOBA。

今では鶏白湯のお店はたくさん存在していて、どこも味の差はないのでは?という思いを持っていたが、さすがに明らかにほかのお店の鶏白湯とはレベルが違う、

実に奥行き感のある味。

ミシュランの意味が分かった瞬間かも。

P1140629

そしてkunの煮干醤油SOBA。スープだけでなく具材一つ一つが存在感を示していてそれでいて全体の味は調和がとれている。

まさに「和」のテイスト。

B級を超えた一杯でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計2100円

店情報:東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル 1F/TEL非公開/休日/11:00~15:30 17:30~22:30(平日) 11:00~15:30 17:30~21:00(土祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

大倉山 麺屋ゆるり

この日は、大倉山にできた鶏白湯のお店へ。

P1140495

駅前通りから路地を入ってすぐのお店。

P1140503

P1140499

鶏白湯と煮干しラーメン。

どちらも出汁は良いが、タレが薄く感じて出汁だけで食べている感覚。

ちょっと物足りなかった。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計1850円

店情報:横浜市港北区大倉山1-16-1/045-547-1070/休無/11:30~15:00 17:00~26:00(月~金) 11:30~26:00(土) 11:30~24:00(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

後楽園 自家製麺 MENSHO TOKYO

鶏豚牛魚介ときてついに羊のスープまできてしまったか。

P1140004

という訳で、この日は、とあるイベントで後楽園近くまで来たためこのお店を訪問。

P1140006

麺にこだわるだけでなくスープもこだわっている。

P1140008

久々のお疲れ様モード。

P1140011

まずはkunのラム煮干中華そば。

はやりの濃厚スープであるが、煮干しが強いのかラムの存在感はそれほどでもないのか、ラムのゲンコツスープ自体の味がどういうものかわからないので区別が困難。

P1140020

そして、自分はふわふわ羊担々麺。

こちらの方がラムの存在感がより感じられる。これがラムの味なのか。

ゴマやその他の味が混ざり合ってかなり独特の味ではあるが、癖になりそうな味。

P1140015

そして、別皿ローストラム。

単体ではちょっとインパクトに欠ける味であるがスープをくぐらせると肉の味がより引き出され最高の肴にもなるかも。

 

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計500円

店情報:東京都文京区春日1-15-9 1F/休火/03-3830-0842/11:00~15:00 17:00~23:00

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

北加瀬 ボローニャ×吉虎

ゴルフをやらなくなって久しいが、それゆえに遠ざかっていたゴルフ練習場。

この日は、初めてゴルフ練習目的以外でゴルフ練習場訪問。

P1130955

京都のパン屋さんと渋谷のラーメン屋さんがコラボしたお店のようです。

P1130945

まずはkunの煮干しそば。

甘めのタレと煮干しが上手くまとまって美味しい。

P1130948

こちらは、鶏白湯つけ麺。

かなりドロドロのつけ汁は濃厚でこれまた美味しい。

P1130953

餃子も期待したが、こちらは普通の餃子。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計300円

店情報:川崎市幸区北加瀬2-1-12/休不定/044-588-1881/11:30~17:00(月) 11:00~20:00(火~金) 9:00~20:00(土日祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

溝の口 麺匠 濱星

この日は、溝の口濱星リトライ。

前回訪問時は、メインの濃厚焦がし煮干しラーメン以外を選択してしまったため。

P1130009

焦がしニンニクがアクセントになってはいるが、思ったより濃厚過ぎず、バランスの良い逸品でした。

震災義援東北物産貯金2016(50円)計7250円

熊本震災義援貯金(100円)計12700円

店情報:川崎市高津区溝の口2-10-5-102/044-281-4670/休水/11:30~25:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

溝の口 溝ノ口野郎

溝の口駅前のみぞのくち野郎が新たに溝ノ口野郎として復活。

P1120846

従来の鶏のから揚げ食べ放題から流行りの鶏白湯煮干し系ラーメンへの転身。

P1120845

そして濃厚トリガラ煮干し塩ラーメン。

煮干し鶏ガラの味が明確に認識できてオイリーさも好みのバランス。

チャーシューは豚バラか。こちらも好みのタイプ。

ゆで時間が短い極細麺で一回分の替え玉は無料であるがデフォルトの麺量で自分は満足。

駅前で手軽に流行りのラーメンが食べられる。

難点は店内が結構狭い所か。

震災義援東北物産貯金2016(50円)計6950円

熊本震災義援貯金(100円)計12100円

店情報:川崎市高津区溝口1-11-1/休無/044-822-0032/12:00~25:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

稲田堤 煮干しらーめん てのごい屋

2012年以来久しぶりに稲田堤のてのごい屋訪問。

P1120270

煮干しブームの早い段階から煮干しを売りにしていたが、最近二郎系、川崎溶き卵系など煮干しだけではやっていけないのか。

P1120268

そして、お目当ての辛味そば。

丼、レンゲ、麺もかなりイソゲンを意識している。

味はちょっと塩加減が強く、スープも鶏ガラのみではないので若干趣が異なる。

詳細を見てみるとイソゲンとは別物ではあるが、流行りものとして川崎溶き卵系ラーメンを採用したのは果たして成功か?

P1120265

kunは煮干しラーメン。

看板にも名称が入っている煮干しラーメンは、流行りの濃厚煮干し系を安直に追い求めることはせずに以前からのライト煮干しスープ。

今となっては主力商品からは一歩引いているのかもしれない。

お隣のお客は二郎インスパイアを大盛マシマシで食していた。

なんでもありのラーメン店は、細かいところを気にしなければ選択肢が増えてうれしい所。

しかし、駅前の一等地でいろんなメニューが楽しめはするが接客は改善の余地がありそう。

震災義援東北物産貯金2016(50円)計5350円

熊本震災義援貯金(100円)計8800円

店情報:川崎市多摩区管稲田堤1-17-1/休無/0044-945-1718/16:00~25:00(平日) 11:30~25:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)