味:淡麗醤油

2018年8月20日 (月)

成城 サバ6製麺所

大阪生まれの鯖ラーメンが関東進出。

P1160533

進出先は成城学園前駅から数分の場所。

入ってみると店員さんが元気で人当りも良く好感が持てるお店。

P1160521

こちらは醤油ラーメン、尖った感じのタレとサバの風味が良い具合にマッチして美味しいがそれほど斬新な味ではないかも。

P1160528

こちらは塩ラーメン。

タレが弱まった分出汁のサバもちょっと弱く感じてしまった。

個人的には醤油ラーメンがお勧めかな。

P1160531

サバラーメンとセットが推すすめ?のサバ寿司。

寿司屋の寿司ではないのでシャリがちょっと柔かすぎかな。

京都ラーメンの大量進出に伴い大阪も神座など関東進出が増えてきていよいよラーメン業界は更に混とんとしてきたのでしょうか。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1600円

店情報:東京都世田谷区成城6-12-8/休無/03-5787-7661‎/11:00~25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

元町 下前商店

その昔、スマホがまだ主流ではなかった頃、恥ずかしながらたどり着けなかったお店。

それがこの下前商店。

P1160348

この場所にたどり着けなかったのです。

良く考えたらワンちゃんとのお出かけで近くまでは良く来ていたのでした。

P1160349

こんな場所だったとは。

P1160347

そして、念願の又焼ワンタンメン。

淡麗系ラーメンの代表格ではあるが、タレがしっかりスープを引き立てて、オイリー感も好みのバランス。

何といっても又焼は絶品でこれだけ持ち帰りたい。

支那そばや以来のお気に入りチャーシューでした。

チャーシューのインパクトのおかげでワンタンがちょっと霞んでしまったか。

元町に来たらまと寄りたいお店。

個人的には多賀野系より、こちらが好みかも。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1150円

店情報:横浜市中区元町1-54-1 リブレ元町Ⅱ1F/045-662-6588/休月/12:00~スープ無くなるまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

綱島 麺や空月(再訪)

この日は、綱島西方面のプチ激戦区の一方、空月を再訪問。

恐らく今年で一番自分のツボにはまるラーメンということで他の味も試さずにはいられない。

Dsc_2213

前回、鯛清湯醤油に対して、こちらは鶏清湯醤油。

Dsc_2214

そして、こちらは鯛白湯塩に対して鯛白湯醤油。

これで、塩清湯の鯛と鶏以外を食べたことに。

やはり、ここの一押しは鯛白湯系でしょうか。

鯛白湯とはこんなに美味しいラーメンだということを教えてくれた恐らく今年一番気に入ったラーメン。

有馬のがき大将と綱島の空月が今現在のリピート不可避店。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計750円

店情報:横浜市港北区綱島西3-27-3/休月/044-211-8778/11:30~14:00 17:30~20:00(火~金)11:30~14:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

新城 麺屋 信醸

新城の淡麗系ラーメン店シンジョーがいつの間にか別のラーメン店信醸へ。

P1150864_2

外観は以前のシンジョーとあまり変化がないように思えて店が変わったとは一瞬わからなかった。

P1150862

そして信醸ラーメン醤油。

自分の駄舌と記憶力の無い脳ではシンジョーのそれとあまり変化が無いように思えました。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計650円

店情報:川崎市中原区上新城2-1-27/休月/TEL????/11:30~14:30 17:30~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

綱島 中華そば 笑歩

「森の中華そば」撤退後に同じく多賀野系ラーメン笑歩が進出。

先日斜め前の空月を訪れたときも既に行列店であったが、改めて初訪問。

P1150731

この時は、タイミングよく行列は無かったが出るときには行列に。

P1150736

そして、特製中華そば。

自分の味の記憶では森の中華そばのそれと近いイメージで優しい味ではあるが優しすぎる感が無くもない。

P1150738

もう一つはkunのつけ麺。

こちらも優しいつけ汁でつけ麺的にはもう少しキレが欲しかったかも。

店員さんもつけ汁が冷めたら温めなおすと言ってもらえたが、油分が少ない分冷めるのも早いかも。

しかしわざわざ温めなおしてもらうというのもお客が並んでいると躊躇してしまう。

なかなか難しいですね。

一度本家でもある多賀野に行ってみなくては。

最後に綱島西では静かにレベルの高いお店がバトルしているように見えるが個人的には空月派かな。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計350円

店情報:横浜市港北区綱島西3-22-14/休火/045-717-7622/11:30〜15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

綱島 麺や空月

この日は、閉店してしまった「森の中華そば」があった場所の斜め前に出来た麺や空月というお店に初訪問。

森の中華そばの後には笑歩という同じ系統のお店ができていて既に行列店に。

P1150730

自分たちは行列を横目にそんなり空月へ入店。

店内はカウンタのみで席は丁度自分たちで満席。

P1150724

まずは、kunの鯛清湯醤油。

思い切り出汁が主役で醤油タレは脇役。鯛のすり身や梅のアクセントも主役を引き立たせる見事な脇役。

P1150727

こちらは鯛白湯塩。

清湯よりさらに出汁が主役としての主張が強く絶妙なバランス感あふれる美味しさ。

どちらもスープを残すことが惜しまれる逸品。

これは再訪必至の今年の記憶に残る一杯に間違いなく入るレベルの美味しさでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計300円

店情報:横浜市港北区綱島西3-27-3/休月/044-211-8778/11:30~14:00 17:30~20:00(火~金)11:30~14:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

川崎 どうとんぼり神座

その昔、(自分にとって)初期のラーメンブームの頃、大阪方面では老舗金龍に対して新興ラーメン店神座(創業1986年)が登場し非常に注目されていた。

一方で川崎駅の北口は神座創業の2年後に廃止されている。

そして時は流れ今では老舗に変わった神座ラーメンが復活した川崎駅北口に進出。

P1150619

神奈川ではジョイナスに続いて2店目か?

P1150615

そして、チャーシューメン。

甘じょっぱいスープと白菜は関西系の特徴でしょうか。

何か懐かしさを感じてしまう一杯でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計5100円

店情報:川崎市川崎区駅前本町26-1 アトレ川崎 北側改札内 3F/休無/044-201-1138/7:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

吉祥寺 餃子みんみん

この日は、またまた吉祥寺シリーズ。

P1150519

行列のできるお店、みんみんへ。

P1150507

このお店はラーメンよりも餃子のお店らしく、餃子とラーメンを注文して速攻餃子が到着。

確かに美味しいが、川崎餃子で美味しいお店に慣れているためか感動とまではいかず。

周りを見ても餃子とライスを注文するお客が結構多い。

P1150512

P1150517

そして、ワンタンメンとチャーシューメン。

チャーシューメンはラーメンに比べて180円の値段差でこのボリューム。

昔風のチャーシューはとても好みの味であるが量が多すぎる。

前回の珍来亭と同様、吉祥寺の裏通りには味のあるお店が多くてとても興味深い。

店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9/0422-22-5015/休木/11:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

高田 拉麺 成

この日は、高田という駅から歩いて数分のお店「成」へ。

以前は、「なごみ」というお店だったか?非常に立地条件的には厳しい場所。

P1150504

果たして立地の悪さによるハンデをどのようにして乗り越えているのか。

P1150494

店内を見ると無化調アピールがこだわりを感じます。

P1150495

ふとカウンタの上を見ると誰かが食べた後の丼とレンゲかと思ってよく見たら、

レンゲを入れるための入れ物が置いてあるだけでした。

微妙なこだわりを感じます。

P1150497

そして、kunのエレガント(煮干拉麺)。

一瞬エリマキトカゲを正面から見たのかと思わせるこだわりの丼。

P1150502

こちらは、メロウ(醤油拉麺)、チャーシュートッピング。

具材を丼の土手?に配置することで拉麺自体の温度低下を避けられるため終始熱々で食べられる。

味もどちらも無化調でここまで美味しく作れるのかと思うほど完成度が高い。

しかし、その一方で非常に麺をすくって食べるときに周囲が邪魔で食べにくいというデメリットもある。

背が低いkunにとっては更に食べにくい様子。

しかし、悪条件の立地環境を美味しい拉麺を軸にいろんな拘りで乗り越えようとしている姿勢は十分うかがえた。

次回リッチ(白湯拉麺)も食べてみたい。

店情報:横浜市港北区高田西2-9-18/TEL不明/休月木/18:30~22:00(月~金) 11:30~15:00 17:00~21:00(土日祝 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

辻堂 湘南 野の実

この日は、二度目の辻堂訪問。

P1150483

なんと、今は亡き佐野実氏プロデュースのお店がこんなところに。

ラーメン博物館で記念写真を撮った時の事を思い出す。

P1150481

そして、チャーシューメン。

「支那そばや」っぽいビジュアルは正に佐野氏のラーメン。

スープも麺もどれをとっても支那そばやを思いだす。

一点チャーシューは三元豚でないのかちょっと物足りなさを感じてしまった。

それだけ支那そばやのチャーシューは絶品。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計4650円

店情報:藤沢市辻堂神台1-3-1/休無/0466-86-7310/10:00~21:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧