震災関連

2017年4月19日 (水)

熊本震災義援活動振り返り2017

2016年4月14日から続いているラーメンを食べて熊本を支援しようという趣旨の貯金活動2016年度の集計額が決定。

熊本震災義援貯金(100円)計16500円

切り上げして17000円を募金予定。

募金後は本記事を更新します。

また、以降は東北震災と合わせて、

震災義援東北物産貯金2016(50円)計9200円

で継続して一杯50円の貯金活動を継続予定。名目は

震災義援東北物産貯金→震災義援東北・熊本物産貯金として細々と物産購入資金として貯蓄していきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

震災義援活動振り返り2016

2011年から続いているラーメンを食べて東北を支援しようという趣旨の貯金活動2016年の集計額が決定。

震災義援東北物産貯金2016(50円)計9000円

この金額で何を購入するかは追って購入次第本記事を更新予定。

そして次回より2017年度東北物産購入貯金を開始予定であるが、熊本震災義援募金が完了次第、東北・熊本物産貯金として、継続予定。

2015年の振り返り

2014年の振り返り

2013年の振り返り

2012年の振り返り

2011年の振り返り

2011年の川崎新横浜の当時の状況

2011年震災直後

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

熊本震災支援活動

ブログを始めて2度目の大震災が我が国日本を襲ってしまった。

当初、津波の心配はないということで、東日本大震災程の被害はないのではと、高を括っていたが、震度7という想像を超える揺れと、その後に続く本震と余震。

しかも、生まれ故郷福岡のお隣の県ということで、子供のころから慣れ親しんだ県。

という事から、非力ながら現在継続中の東北物産義援貯金とは別に、一年間熊本震災義援金貯金を開始。

活動内容は以下。

(1) ラーメン・居酒屋一件訪問毎に100円を義援金とする。

(2) 上記金額は、別途募金先を選定後募金予定。

(3) 本活動は、自分の経済状態もしくは肉体状態が健全である限り2017年4月14日まで続ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

震災義援活動振り返り2015

2011年から続いているラーメンを食べて東北を支援しようという趣旨の貯金活動2015年の集計額が決定。

震災義援東北物産貯金2015(50円)計8650円

震災発生日の前後になるとTVでも当時のVTRなどが流されてその都度当時の事を思い出しはするが、直接の被害を受けていない自分にとってはやはり何か別世界の出来事と思ってしまう気持ちは否めない。

貯金額も年々減ってきていて自分の中で風化してきているのか。

自分を取り巻く環境が激変し余裕がなくなってきていることも影響しているのかもしれない。

そんな事を考えてはいるが、このブログを書き続ける間は忘れることはないでしょう。

自己満足的なこの義援活動は全く貢献できていないと思われるが、この消費活動で東北物産を購入し、せめて僅かな気持ちがどこかに届けば本望ではある。

今年の8650円で購入したものはこの記事を更新していくことでしっかり記録は残したい。

P1100315

色々悩んで、やっぱり今回も牛タンを購入。

\5,582、残り約\3,000はまた別の機会に。

最後に次回より2016年度東北物産購入貯金を開始する。

2014年の振り返り

2013年の振り返り

2012年の振り返り

2011年の振り返り

2011年の川崎新横浜の当時の状況

2011年震災直後

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

震災義援活動振り返り2014

2011年から続いているラーメンを食べて東北を支援しようという趣旨の、

貯金活動2014年の集計額が決定。

震災義援東北物産貯金2014(50円)計11000円

今年はどんな東北物産を購入するか?

最近、公私ともに忙しいため、とりあえず購入額は11000円と決定し、追って更新していく予定。

しかし、忙しいという言い訳が、震災という痛ましい過去を風化してしまう兆候になってしまわないのか。

そうならないように、日々ラーメンという日常欠かせない物と貯金活動をリンクさせているわけであるが、やはり行動が鈍くなっているように思える。

色んな思いが交錯してはいるが気持ちを新たに次回より2015年版を開始します。

----------その後----------

とりあえず、東北支援のための第一弾は、お約束「牛タン」。

2015/06/01楽天で購入。

2100円也。

P1070945

そして、第二弾。

P1080160

横浜のトレッサで行われていた東北物産店。

P1080175

その場でお持ち帰りで購入した三陸応援セット。

お持ち帰り特価で900円引きの4500円也。

P1080195

同時に購入したなみえ焼きそば。

1200円也。

合計

2100円+4500円+1200円=7800円。

残り3200円。まだまだ買わなければ。

----------その後2----------

2015/12/31年末宴会近くの酒屋で浦霞大吟醸購入。

値段忘れてしまったが、ネットでの相場は3500超なので、残り分は無事消費されました。

P1090661

P1090662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

震災義援活動振り返り2013

2014年の震災の日に折しもインフルエンザにかかってしまい、時間はあれどラーメンは食べれずという微妙な時間ができた。

その時間を使って、2013年の独善かつ偽善的な震災義援活動の振り返り。

2014年の活動合計は以下。

震災義援東北物産貯金2013(50円)計13950円(うち購入済み金額1930円)

2013年3月までは募金活動にしていたが、2013年度は財政的に厳しいこともあり募金はやめて東北物産購入資金にすることに。

内1930円は居酒屋訪問時の浦霞の代金として使用したが中々追いつかない。

残りの購入資金を使って、

まずは、harutanの好きな牛タンを物産展ダイレクトというWEBサイトで購入。

http://www.bussan10direct.jp/products/list.php?category_id=32

お値段5460円(送料別)。

P1020338

美味しかったが、焼き方が良くなかったのか、ちょっと固めの仕上がりとなった。

P1020365

もう一店は、個人的にサバ好きなため

http://store.shopping.yahoo.co.jp/otr-ishinomaki/h01-003.html

お値段1960円(送料別)を購入。

P1020364

先に食した鯖の生ハム、油が強烈にのって燻された風味も強烈で熱々ごはんに載せて食べると旨い。

あまり鯖が好きでない人には強烈過ぎで遠慮したくなる臭いらしい。

万人向けではないが金華さばは注目のブランドである。

購入合計は、5460+1960+1930=9350

残り4600円分は別途購入予定で購入しだい本ブログを更新していく予定。

しかし、こうして一年間ためてきたお金で美味しい物を更に購入できるとは我ながら素晴らしいシステムを考えたものである。

2014年も一年間継続してみたい。

--------

震災義援金、残り4600円分の追加購入分として、

Oisixの特上お試しセット1980円を購入。

P1030144

4000円相当分という事であるが、それぞれ素材がGW中の料理に活躍。

これは良かった。

更に、金華さばを購入した石巻商店より、「おやじのおすすめセット」3240円を購入。

P1030101

これだけあれば、今年のGWは家のみで十分まかなえそう。

残り4600円のうち、1980+3240=5220円で2013年度義援金は無事活用させてもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

元住吉 東華楼(震災支援活動振り返り)

この日は、川崎溶き卵系調査ページ情報から、再度元住吉の「蘇州亭」を訪問。

しかし、また営業していない。これは閉店してしまったのか?

仕方なく、付近を彷徨い別の中華料理店を探す。

P1170102

これは定食屋というより中華料理のお店。

ちょっと高そう。

メニューを見ると、なんとタンタンメンという記述。これは・・・

P1170101

そして、これがタンタンメン。ビジュアル的はまったく別物。

しかし、右下にかかろうじて溶き卵の姿が。

挽肉の姿は無いが、川崎溶き卵という範疇には入るのかもしれない。

他に、キノコ、搾菜、ニンジン、ゴボウ、ほうれん草など野菜たっぷりで栄養分たっぷりのタンタンメン。

これはこれで悪くない。とりあえず川崎溶き卵系に認定しておこう。

P1170094_2

そして、餃子。当店自慢の餃子らしいが600円とかなり高め。

しかし、お味は小龍包のような肉汁が溢れ出てくるタイプの餃子で確かに旨い。

ちょっと贅沢な餃子。

タンタンメンはビジュアル的に微妙ではあったが、一般の坦々麺とは明らかに異なる辺りは注目に値する。

震災義援募金2012(50円)計11650円(うち募金済み金額12000円)

という訳で、(投稿日からみて)震災義援金も昨日で丸2年目を迎えた(この店舗訪問は実はもうちょっと前であるが)ためたまっていたお金を募金してきた。

130311_2   

去年の震災振り返りはこちら

通算すると、それなりの募金金額になったが、それなりに経済的負担もあり厳しくなってきた。

2013年度はどうするか?

やめてしまうのは簡単であるが、こんな記事を見てしまうと涙が止まらない。

という訳で、2013年度は、「ラーメン一杯、居酒屋一店どちらも50円」を積み立てて募金ではないが、たまったお金で東北物産購入資金としたい。ご勘弁を。

店情報:川崎市中原区木月1-28-19/044-411-8754/休月/11:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

中原 清華楼南口店(震災支援活動終了)

震災から一年。自分ができる自分なりの支援活動を考え実施してきた。

当時の公約は以下。

(1) ラーメン一杯食べる毎に100円を義援金とする。

(2) 居酒屋一軒行く毎に500円を義援金とする。

(3) 上記金額は、ラーメン博物館等の募金箱に投入予定。

(4) 本活動は、自分の経済状態もしくは肉体状態が健全である限り2012年3月11日まで続ける。

途中から、(1)と(2)はもう少し金額を抑えた方が良かったかも?と思わなくもなかった。

(3)募金箱は途中からラー博物から無くなったので、赤十字に切り替え。

(4)は一時精神的に病みそうになった時もあったが幸いにも今現在表面的には健全。

120312_3

という訳で、最後の募金へ。

募金済み金額37100円に対して+6000円で43100円。

募金活動最後のお店は中原の名店。清華楼。

このお店実は、ラーメンもとても美味しい。

P1120673

写真は、豚肉とシイタケの細切りそば。

餡かけと熱さに負けない、中華麺。クセになりそう。この味で神奈川サンマーメンも作ってほしい。

P1120681

名前を忘れた、豚肉の炒め物。

P1120677_2

そして、チャーハン。

下手に中華街まで行かなくても普通に美味しい中華料理店って身近にあることに最近気づいた。

震災義援募金(500円)計42050円(うち募金済み金額43100円)

最後に、3/11を以て支援活動は一旦終了。

ではあるが、今後は、ラーメン一杯、居酒屋一店どちらも50円で額は抑えさせてもらうが継続して支援活動を続けたい。目標はまた来年の3/11まで。

店情報:川崎市中原区下小田中1-6-3 /休??/044-799-7927/ ??:00 ~ ??:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

新横浜 龍上海(震災~震災後初ラーメン)

本記事は、震災に対する自分自身の体験や思いを記録する事を目的として書いてあります。

ラーメンの情報以外見たくない人は見ないことをお勧めします。

3/11、会議中(1F)にいつもより大きな感じの揺れを感じ、屋外へ。

今にして思えば安易に屋外へ出ることは危険なことでした。

その後、揺れが収まり仕事に戻る(5F)が余震やってくる。1Fより5Fが揺れが大きく非常に気持ち悪い。

その後、緊急避難所へ避難し会社からは帰宅の指示が。当然ことごとく電車は動いておらず、歩いて新横浜から川崎へ。

帰る途中、ラー博の前を通るが案の定閉店していました。

Ca3i0037

会社では分からなかったが三陸沖の地震とのこと。

そこから、ひたすら歩いていくと、横浜から川崎へ入る辺りから周りの雰囲気が何か違う。

P1080402

なんと、信号機が消えている。

自宅近くはゴーストタンの様な雰囲気。

とりあえず途中のコンビニで買ったパンが夕食となり暗闇の中食べることに。

夜中には電気が復活しテレビも見れるように。しかし、この段階では今回の被害の深刻さは全く認識できていなかった。

その後、様々な情報が集まってくるに従って、驚愕の事実が次から次へとどまる事をしらずにやってくる。

翌日の土曜日はharutanの誕生日、こんな状況ですが、まだ買占めなどの騒ぎも無かったのでかねてから予定していたバースデーケーキを作ることに。

P1080407_3

見てくれも味も今一ですが気持ちが大事だよとごまかす。まだ心に余裕があったように思えます。  本当に大変なときに誕生日を迎えたね。harutan。

月曜日は朝早く会社へ。電車が満足に動いていないため自転車で向かうことに。しかし、会社からの連絡は自宅待機とのこと。

そして、火曜日のお昼。

ラー博では既にお店は再開しているとの情報もあったがラーメンを食べられる心境ではなかった。

ただ、オフィスの周りの何時もの弁当屋さんは来ておらず恐らくコンビニの弁当も十分ではない可能性もあり、外で食べれるならという事で博物館へ向かう。

そして、東北出身のお店龍上海へ。

P1080425_2

被災者の方にも食べて欲しいとの思いから、公約通り、ラーメン一杯目、募金100円也。

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

震災被災者の方々に向けての支援について

未曾有の大災害「東北地方太平洋沖大震災」。

お亡くなりになられた方々にはご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された地域の方々に対してもお見舞い申しあげます。

歴史的にみても、この震災は今後の日本の方向性が大きく転換される事につながると感じています。

また、この震災は絶対忘れはならない教訓が沢山含まれています。生き残った人たちはこの教訓をなるべく形に変え後世に伝える必要があります。

本ブログもこれまで、のん気な食べ歩きブログとして色々個人的な記録を残してきましたが、当面このようなのん気なブログをこのまま続けるのは忍びない。

この一週間本当に色んなことを考えさせられました。

被災者の方々に何らかの支援を行いたいとも思っているのですが、中々どういう行動をとれば良いのかわからない。

仮に、居酒屋&ラーメンを自粛したとしても被災者には何の影響もないし、むしろ自粛すると普段食べないコメの消費が増え、巷で問題になっている買い占めの片棒を担いでしまう。

であれば、ラーメン好きの方はこれまで通りラーメンを食べることで、余計な物流の混乱を広げないような形の支援も有り得るのではないか?

要するにいつもと違うことをするから、世の中混乱するのであって、大きな被害を受けていない人は極力今までの生活に戻す事それが、問題の収束につながるはず。

色々能書きを述べましたが、結局の所多少形態は変わるかもしれませんが本ブログを復活させたいと思います。震災後の様々な記録という観点も含めたブログとしたい。

ただ、出来ることなら今すぐにでも被災者の方々に熱々の美味しいラーメンを届けてあげたい。しかし、所詮自分の行動力はたかが知れている。

そこで、居酒屋&ラーメンブログをやっている自分が直ぐにできる支援活動として以下を実行していきたい。

(1) ラーメン一杯食べる毎に100円を義援金とする。

(2) 居酒屋一軒行く毎に500円を義援金とする。

(3) 上記金額は、ラーメン博物館等の募金箱に投入予定。※

(4) 本活動は、自分の経済状態もしくは肉体状態が健全である限り2012年3月11日まで続ける。

※できれば、「ラーメンで被災者支援」の様な活動が「神ラー会」もしくは「ラーメン業界」で起きてくれば、そちらにまわしたい。間違っても義援金詐欺の様に心無い人に使われたくないですね。

| | コメント (2)