★また食べたい麺★

2018年7月31日 (火)

川崎 陳四海(再訪)

4年前の初訪問の際には、最もそれらしいメニューが辛みそばという担々麺も存在していなかったこのお店。

P1160460

川崎溶き卵系ラーメンのタレコミ情報にタンタンメンらしきメニューが見受けられるという事で再訪。

P1160468

まずは、kunは暑いという事で冷やし中華をチョイス。

タレが上手く絡んで美味しい。

P1160464

そして、こちらは注目のニラ玉担々麺。

まぎれもなく川崎溶き卵系タンタンメン。

系統は長澤系。

スープが単純なスープではなく深みがあるため味の奥行き+辛さが楽しめとても美味しい。

久々に長澤系の美味しいタンタンメンに出会えた感じ。

果たしてこのメニューはレギュラー化されているのかどうかが心配。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1400円

店情報:川崎市川崎区宮前町2-3/休不定/044-222-7757/11:30~14:00 17:30~03:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

駒岡 風々風

4年振りに訪問した「風々風」。

P1160459

トレッサのレストラン街を行き尽したらここに行きついてしまう。

P1160451

家系と味噌が上手く融合した味噌ラーメン。

安定の美味しさです。

P1160457

そして、豚骨サンマー麺。

神奈川を代表する家系とサンマー麺の融合商品。

サンマー麺の餡かけと豚骨が見事に融合してどちらの味もしっかり感じられ邪魔しない。

これは、いいですね。

是非とも、川崎溶き卵と家系の融合バージョンも検討してほしい所。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1350円

店情報:横浜市鶴見区駒岡2-5-21/休水/045-573-3548/11:30~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

新城 牛骨ラーメン 牛王

新城に新たなラーメン店が登場し、こく丸、信醸、一信、イソゲン等、新城北口エリアがラーメンストリート化してきた。

P1160431

牛骨ラーメン自体は目新しいラーメンではないが、果たしてどんなラーメンか?

お隣には信醸が・・・

P1160419

こちらは、特製ラーメン。

スープは、牛骨スープというより深みのある洋風テイスト。

それにデフォルトで投入されている胡椒と油が中々のバランスでラーメンというよりフレンチでも食しているイメージ。

P1160422

こちらは、kunのつけ玉ラーメン。つけ麺と勘違いして購入してしまったが実態は、

P1160428

生卵に浸して食べるすき焼きスタイルのラーメンでした。

個人的には卵につけないスタイルが良いかも。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1300円

店情報:川崎市中原区上新城2-1-27/044-741-3656/休土/11:30~14:30 18:00~21:00(水土以外) 11:30~14:30(水)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

渋谷 桂花ラーメン

自分の中で、熊本ラーメンといえば世界の「味千ラーメン」ではなく、ラー博開業時から唯一残っている「こむらさき」でもなく、桂花ラーメン。

しかも、生まれ故郷の隣の件で食べたわけではなく、渋谷のセンター街でその味を知って衝撃を受けたことを今でも思い出す。

P1160415_2

しかし、ラーメンを取り巻く環境も激変しているにも関わらずこんな一等地で長年頑張っている事に敬意を表したい。

という訳で、何十年ぶりの訪問でしょうか。

P1160405

まずは、桂花に乾杯。

P1160414

太肉麺にしようか悩んだ挙句、ビールの肴も兼ねて排骨麺をチョイス。

久々の馬油は初めてこのお店で体験した味そのまま。

懐かしいけど今でも美味しいという事は恐らく味自体も進化しているのでしょう。

また忘れた頃に訪問してみたい。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1250円

店情報:東京都渋谷区宇田川町27-1/050-5593-4162/休月/11:00~23:00(月~土) 11:00~22:30(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

元町 下前商店

その昔、スマホがまだ主流ではなかった頃、恥ずかしながらたどり着けなかったお店。

それがこの下前商店。

P1160348

この場所にたどり着けなかったのです。

良く考えたらワンちゃんとのお出かけで近くまでは良く来ていたのでした。

P1160349

こんな場所だったとは。

P1160347

そして、念願の又焼ワンタンメン。

淡麗系ラーメンの代表格ではあるが、タレがしっかりスープを引き立てて、オイリー感も好みのバランス。

何といっても又焼は絶品でこれだけ持ち帰りたい。

支那そばや以来のお気に入りチャーシューでした。

チャーシューのインパクトのおかげでワンタンがちょっと霞んでしまったか。

元町に来たらまと寄りたいお店。

個人的には多賀野系より、こちらが好みかも。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1150円

店情報:横浜市中区元町1-54-1 リブレ元町Ⅱ1F/045-662-6588/休月/12:00~スープ無くなるまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

妙蓮寺 ゑびす

この日は、川崎溶き卵系ラーメンのタレコミ情報において2015年にこの頂いて以来、行かなくてはと思いつつ中々行けなかった妙蓮寺のゑびすを初訪問することに。

P1160325_2

因みに菊名駅前店は既訪であるが、川崎溶き卵系ラーメンの存在は確認できなかった。

P1160314

店内の壁を見ると川崎溶き卵系ラーメンの存在が確認できた。

なんたんめん。(なんちゃって担々麺といういみらしい)

P1160312

他に周りを見回してみると、なんと神ラー会会長の足跡を発見。

随分前のようですね。

P1160317

まずは、kunのタンメン。

元々家系のお店であるが、豚骨ベースのタンメンはチャンポン的テイスト。

リンガハットの魚介系を抜いたイメージの味で個人的には好みの味。

P1160323

そして、なんたんめん。

横浜の家系と川崎の溶き卵系が融合したはじめてお目にかかる商品。

挽肉はスープに混ざったタイプではなく、トッピングスタイル。

豚骨ベースでちょっと泡削りなテイストではあるが、十分美味しい。

麺はタンタンメンとしてはちょっと違和感があった。

何にしても神奈川を代表するラーメンコラボという事で個人的には内心超盛り上がった瞬間でした。

因みにこの後日に訪問した駒岡の風々風には家系+サンマー麺も登場していて地味に神奈川のラーメン同士が融合してきているのは面白い動きかもしれない。

盛り上がれ、神奈川のラーメン。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計1050円

店情報:横浜市港北区菊名1-7-25/045-421-4051/休無/11:00~25:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

綱島 麺や空月(再訪)

この日は、綱島西方面のプチ激戦区の一方、空月を再訪問。

恐らく今年で一番自分のツボにはまるラーメンということで他の味も試さずにはいられない。

Dsc_2213

前回、鯛清湯醤油に対して、こちらは鶏清湯醤油。

Dsc_2214

そして、こちらは鯛白湯塩に対して鯛白湯醤油。

これで、塩清湯の鯛と鶏以外を食べたことに。

やはり、ここの一押しは鯛白湯系でしょうか。

鯛白湯とはこんなに美味しいラーメンだということを教えてくれた恐らく今年一番気に入ったラーメン。

有馬のがき大将と綱島の空月が今現在のリピート不可避店。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計750円

店情報:横浜市港北区綱島西3-27-3/休月/044-211-8778/11:30~14:00 17:30~20:00(火~金)11:30~14:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

綱島 麺や空月

この日は、閉店してしまった「森の中華そば」があった場所の斜め前に出来た麺や空月というお店に初訪問。

森の中華そばの後には笑歩という同じ系統のお店ができていて既に行列店に。

P1150730

自分たちは行列を横目にそんなり空月へ入店。

店内はカウンタのみで席は丁度自分たちで満席。

P1150724

まずは、kunの鯛清湯醤油。

思い切り出汁が主役で醤油タレは脇役。鯛のすり身や梅のアクセントも主役を引き立たせる見事な脇役。

P1150727

こちらは鯛白湯塩。

清湯よりさらに出汁が主役としての主張が強く絶妙なバランス感あふれる美味しさ。

どちらもスープを残すことが惜しまれる逸品。

これは再訪必至の今年の記憶に残る一杯に間違いなく入るレベルの美味しさでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計300円

店情報:横浜市港北区綱島西3-27-3/休月/044-211-8778/11:30~14:00 17:30~20:00(火~金)11:30~14:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

川崎 赤備(味噌2018)

まだまだ、寒かったこの日。

Dsc_0077_2

川崎の銀柳街を通るといつものあのメニューが。

Dsc_0076

濃厚味噌。

ビジュアルはちょっとシンプルになってしまったか?

魚介風味を残しつつの濃厚味噌は去年より病みつき度が高いテイスト。

体に悪いと思いつつ、ほとんどスープを飲み干してしまった。

また、来年も健康な状態で食べたいラーメンでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計250円

店情報:川崎市川崎区砂子2-2-8 /休不定/044-211-8778/11:00~27:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

駒岡 極上背脂 ひろたけ

立て続けに駒岡方面の新店訪問。

駒岡も激戦区化してきたのか。

Dsc_0057_7

以前はさつまっ子だったかな?

Dsc_0056_2

濃厚なだけでなくしょっぱめのテイストらしく、高血圧の方は要注意。

Dsc_0053_2

特製醤油を敢えてコッテリ味で注文。

この時点で食べきれる自信を無くす。

Dsc_0054_2

こちらは、kunの濃厚味噌。

コッテリ度は普通で注文したが、十分コッテリ。

この強烈さは「なりたけ」を思わせるが関係性は不明。

個人的にはツボにはまる旨さであるが、加齢のせいか途中から体が受け付けなくなりスープはかなり残すことに。

頭ではまた再訪問したいが、よほど体調を整えないと次回も完食できるかどうか。

悩ましいお店。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計150円

店情報:横浜市鶴見区駒岡1-28-1/休月/TEL不明/11:30〜15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧