★また食べたい麺★

2019年3月17日 (日)

有馬 優しい中華 柊

この日は、鷺沼方面シリーズでのお仕事の帰り。

Img_20190117_142211

知らぬ間にこんなお店がひっそりと営業していました。

鷺沼⇔久末間のガキ大将通りの一角。

Img_20190117_140943

そして、担々麺。

スープと胡麻と辛味のバランスが素晴らしくスパイス系も邪魔しない程度のアクセントとなっていて非常に食べ甲斐のある担々麺。

Img_20190117_140956

注文はセットが基本の様でライス抜きで注文しました。

とても美味しいので担々麺以外でも再訪したいのですが、立地的には居酒屋としての利用はハードルが高いお店でした。

因みにランチタイムは餃子はなかったのでこちらも興味深い。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計4500円

店情報:川崎市宮前区東有馬3-8-27 レスターテ鷺沼 101/044-767-6301/休火/11:30~14:30 17:00~22:00(平日) 11:30~15:00 17:00~22:00(土日祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

鷺沼 煮干しらーめん さかもと(2019年初ラーメン)

今は既に3月であるが2019年の初ラーメンは当時鷺沼に出来た新店、煮干し系のお店さかもと。

今回鷺沼方面でのミッション遂行のための訪問も兼ねる。

Img_20190106_120756

ラーメン番長、鈴蘭、笑喜屋からの煮干しラーメンへ。

Img_20190106_122553

こちらは煮干しラーメンは鶏ガラと煮干しスープ。

Img_20190106_122607

こちらは、極上煮干しラーメンは豚骨鶏ガラと煮干しスープ。

単に淡麗と濃厚という差だけでなく、それぞれの枠組みの中で出汁のバランスを最適化していてそれぞれが別のラーメンとして美味しい。

ついにこの立地に定着するお店の登場か?

2019年は幸先のいい初ラーメンでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計4150円

店情報:川崎市宮前区有馬1-1-6/044-870-7199/休木/11:00~15:00 18:00~23:00(月~金) 11:00~19:00(土日祝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

京町 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン

久しぶりのニュータンタンメン本店へ。

2018年に日本テレビのZIPで紹介され、もはや全国区のラーメンと化したのか、最近イソゲンの各店で行列を見かけることになりました。

15331

これがTVで紹介された時の画面。

川崎タンタンメンと呼ばれています。

石神氏は川崎溶き卵系と呼んでいましたが事実上川崎タンタンメンになったという事か。

これは、イソゲンがついにニュータンタンメン以外の溶き卵系ラーメンを含めた川崎タンタンメンとして認めた事にもなると思っています。

P1170622_3

おかげで最近混んでいるときは駐車場待ちで車の路上待ちも見かけるほど盛況。

P1170621

こちらはkunのタンタンメン。

若干スープにブレを感じるが問題ないレベル。

P1170616

本店はタンタンメン以外にも麺のメニューにバリエーションが存在していて、たまに他を頼もうと思ってもついついタンタンメンを選んでしまう。

この日は、意を決してサンマーメンも注文。

美味しいけれどやはりタンタンメンが良かったか。

頑張れ川崎タンタンメン。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計4050円

店情報:川崎市川崎区京町1-18-7/044-366-2180/休水/11:30~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

センター北 歩輝勇(ポキオ)

センター北にできた家系ラーメンのお店初訪問。

P1170560

田園調布のお店の支店でしょうか?

P1170557

そして歩輝勇ラーメン。

家系ラーメンも色々な系統があり出尽くした感を感じていたが、またこれは新鮮さを感じる家系ラーメン。

豚骨醤油といえど奥の深さを感じさせる美味しいラーメン。

しょっぱめのタレに多少の甘みと豚骨濃度が自分の舌には新しいバランス感を伴う美味しさを感じさせてくれる。

まだだ、家系も進化していくのでしょうか?

本店と思われる田園調布店にも行ってみたい。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計3700円

店情報:横浜市都筑区中川中央1-22-9 T’s BUILDING 1F/休不定/TEL????‎/11:00〜15:00 18:00〜22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

久地 萬福楼

この日は、お仕事で久地と宿河原の間の堰という交差点近くの中華料理店へ。

P1170526

中々趣のある店舗で、店内は常連のお客さんがランチを取りに来ているようです。

P1170519

そして、担々麺を注文。

スープは薄そうでちょっとテンションが下がるが、食べてみるとそんなことは無い。

きちんととれたスープにゴマと辛味がうまく絡んで中々の味わい。

これは良かった。

P1170524

餃子が中華系スパイスが効いたちょっと癖のある味ではあるが好みの餃子。

仕事で無ければビールを一杯行きたいところ。

味わいのある店舗にはしっかり常連さんがついているという事でしょうか

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計3450円

店情報:川崎市多摩区宿河原6-23-4/TEL不明/休??/11:00~14:30 17:30~25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

矢向 龍吟軒

「おいしいラーメン450幸心」の後に居抜きのお店に初訪問。

P1170510

博多系豚骨のお店の様です。

P1170508

写真はチャーシュ麺。ビジュアル的には若かりし頃田舎で食べたラーメンに雰囲気が似ている。

もう少し薄切りチャーチューであれば更にうれしい所。

スープは豚骨濃度も程よくこれまた懐かしさを覚える味。

チャーハン280円に惹かれまた来てみたいかもと思ったお店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計3400円

店情報:横浜市鶴見区矢向6-4/TEL不明/休不明/??:00〜??:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

仲町台 横浜家系ラーメン 町田商店

宮前商店で食した強烈なインパクトを与えた濃厚担々麺。

その宮前商店に夏に訪問したところ担々麺が無くなっており非常に残念な思いでその時は「貝だし究極の塩」というラーメンを食することに。

P1170494

そして、たまたま立ち寄った仲町台の町田商店。

因みに、この通りには、家系創世記に大人気を博した横濱屋平台本店があり新興勢力の町田商店と争っているかの様相が何とも言えない。

P1170493

そして、この町田商店で見かけたのが自分にとって幻と化していた濃厚担々麺。

P1170491

ベースのスープに濃厚がゴマがドロドロ状態でラーメンなのかまぜそばなのか境界が分からなくなりそうな極上担々麺。

これは他の商店系のお店でも普通に取り扱っているのか?宮前商店にももう一度訪問調査してみたい。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計3300円

店情報:横浜市都筑区仲町台5-2-39/045-511-7601/休無/11:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

新横浜 すみれ(最後の訪問)

全国に直接行かなくてもここだけで全国の美味しいラーメンが食べられる。

そんなコンセプトの恩恵を受けて、純連のラーメンをここで食べたときは衝撃的な味でした。

そして、いよいよ閉店するということで最後にこの味を。

P1170453

まずは、ミニ醤油。すみれと言えば味噌と思いがちであるが、醤油もかなりハイレベル。

P1170450

そして、こちらもミニではあるが味噌ラーメン。

開店当初のワイルドな味わいから徐々に万人受けの味に徐々に変化してきたように思える。

その後、元の路線に戻ったり、マイルド路線に行ったりとブレを感じながら食べていたように思える。

そして最後の一杯はマイルド且つワイルドな味でどちらにも満足の行く味で締めくくったのではないかと思える美味しさでした。

自分のラーメン人生の中で欠かすことのできない貴重なラーメン店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計3150円

店情報:横浜市港北区新横浜2-14-21/休無/045-471-2956/11:00~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

千年 丸秀タンタン麺

尻手黒川線、マクドナルドの近くに川崎タンタンメン(川崎溶き卵系ラーメン)の専門店登場。

P1170405

オープンしたてと思われた当初は、窓ガラスにカーテンも何もなく中が丸見え状態でしばらく営業している雰囲気が無かったがようやく営業が始まったようで改めて訪問。

この地は以前も別のラーメン店があったがあまりに立地が悪く立ち退いてしまった状況が数年続いていたところ。

メニューを見ると麺類はタンタン麺一本。

P1170404

そして、これがタンタン麺。

イソゲンを意識しているというより川崎溶き卵を意識したラーメンかも。

清湯スープと溶き卵と辛味が洗練されたバランスで成り立っている、これは美味しいタンタン麺。

立地は悪いけど生き残ってほしいと思わせる味です。

リピート応援してみたくなるお店でした。

頑張ってください。

店情報:川崎市高津区千年126-1/TEL????/休火/11:30~15:00 18:00~24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

新城 ラーメンゼンゼン(ZENZEN)

登戸の蓮爾出身の方のお店が武蔵新城へ進出という事で初訪問。

P1170392

開店当初の大行列は大分収まってきたのか。平日のランチタイムをずらした時間帯。

P1170396

ほどなくして着丼。サイズは小。

野菜ニンニク脂コール。

蓮爾自体オープン当初に訪問して以来の為、元の味は忘却。

ただただ麺がやけに太かった印象であったがここのはそれほどでもない。

スープと脂は乳化していない為上層部は油にしか絡まず味が弱く感じています。

逆に底から麺をすくうとかなりしょっぱめのタレが効いている。

セルフで適度に混ぜて食べるとかなり好みの味に変貌。

後半はスープの濃さが際立って麺が多いのか味が濃いのか食べきることは出来たが余韻は苦しさを伴う。

やはり、これは若者向けのラーメンであり、個人的な課題である木月の「豚星。」の初訪問はもう少し先延ばししないと食べれる気がしない。

店情報:川崎市高津区新作5-13-2/044-874-8565/休日/12:00~14:00 17:30~22:00(月~金) 11:00〜15:00(土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧