★また食べたい麺★

2020年5月31日 (日)

駒岡 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(移転後)

新型コロナ問題では、税金ベースの巨大な助成金や給付金が動いて、それにすがる人や悪用する人もたくさん出てきている。

こういった状況を打破するにはやはりITの活用ではないかと思うのですが、マイナンバーも含めて国のシステムははりぼてで中身はFAXを駆使したコミュニケーション。

そもそもサイバー担当大臣にパソコンを使えない人を据える様なお国柄。

効率アップのためのIT活用は使途不明金を炙りださせる諸刃の刃という意識がどこかで働いていたのでしょうか。

段々コロナ以外の所に憤りを感じ始めましたが、この日はまだトイレットペーパーなどの買いだめ問題等に憤りを感じていた2月末頃です。

移転したという話を聞いてから中々訪問できずにいた駒岡店イソゲンに移転後初の訪問できました。

立地的には以前より不便な場所に移転していて車で行きにくい場所。

Img_20200229_125330

移転しただけあって、以前の昭和な雰囲気のイソゲンではなく今風のイソゲンになっています。

Img_20200229_125557

そして壁を見ると特製タンタンメンの文字が!これは注文したいと早速店員さんに聞いてみたら夜だけのメニューらしい。

これは残念。

Img_20200229_125834

気を取り直して今回はいつも通り大辛を注文。

安定の美味しさではありますが、好きであるがゆえに欲を言えばしかし細かい所が気になって、イソゲンの黄金比に対してわずかながらにバランスが崩れている印象も感じる。

しかし、普通に美味しいです。

Img_20200229_130125

餃子もパリモチ食感の美味しい餃子ですが5個になってしまったのがちょっと寂しい。

また、特製タンタンメンが気になって仕方ないがこの立地で再訪は中々厳しそう。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計6300

店情報:横浜市鶴見区駒岡3-4-9 ヨコスカマンション103/045-573-8503/休水/17:00~27:00 

※緊急事態宣言解除されていますが営業時間はもとに戻っていない場合があります。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

自由が丘 麺屋こころ

新型コロナ問題では、アメリカで死者の数は10万人を越えたとの事。当事国の首長さんは〇〇思想があるのか?貧困層の死者が増えても意に介さないのでしょう。自由の国は責任も自分持ち。

そして、この日はダイアモンドクルーズ全で陰性だった人達がやっと解放され始めた日。

まだ日本ではコロナが広がりを見せていなかった頃、自由が丘でランチにみそ熊を再訪しようとしたところ、店の外まで行列していたため断念。

仕方なく駅の方に向かうとなんと元祖札幌やが麺屋こころに鞍替えしていた。

Img_20200219_130907

個人的には川崎で何度か食したことのある麺屋こころなので、旨辛坦々しおそばに初チャレンジ。

Img_20200219_130051

先日のみそ熊の塩で感動したが、こころの塩もまた感動レベル。繊細ではあるがうまみと辛みが絶妙。

自由が丘も意外に塩が熱い。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計6150

店情報:東京都目黒区自由が丘1-13-10/050-5456-7127/休無/11:30〜22:00(平日) 11:30〜21:00(土日祝)

※緊急事態宣言解除されていますが営業時間はもとに戻っていない場合があります。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

自由が丘 北海道らーめん みそ熊(塩、スタンプチャンレジその2)

新型コロナ問題では、緊急事態宣言解除に伴い報道はこれまでの対応がどうだったのか?の総括が行われ始めている。

個人的に思うのは時代は平成令和と変わってきたが政治も官僚も中身は昭和のままで体質・やり方が殆ど変わっていないのでしょう。

SNSを活用したとしても発想・中身が昭和のまま。昭和の良いところもいっぱいあるのですが。

なんてことを思いつつ、この日は2019年にオープンしたみそ熊に2020年初訪問、都合2回目の訪問。

ランチタイムは列ができるなど徐々に人気が出ているようです。

Img_20200218_132921

今回は、最初味噌だったので塩にチャレンジ。

味噌専門店の塩だけに期待値は低かったが、これ旨い!

ミネラル豊富な塩のうまみが感じられ、しみじみと美味しい。

これは他のメニューも俄然気になってきた。人気の秘密が垣間見れたような気がする。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計6100

店情報:東京都目黒区自由が丘1-14-15/03-3725-5066/休月/10:30~30:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

馬絹 宮前商店(完まく券チャレンジその7)

新型コロナ問題では、地方の首長の圧倒的な指導力がクローズアップされて、一方で日本国の首長はある意味一般的なリーダーとして見てみると反面教師のオンパレートになってしまっている。

今の日本は共和制ローマの様で、地方の首長を含めた体制はグラックス兄弟のように思えます。色々反発もあると思いますが歴史を鑑みて同じ失敗を繰り返さず国民のために頑張ってほしい所です。

そんな愛国心を揺り動かされることもなく平和だった1月の下旬ころ、ランチタイムは宮前商店で完まく7個目のチャレンジ。

実は前回スタンプ3倍DAYだったらしく4個のはずが一気に6個まで増えていました。という訳で今回は7個め。

Img_20200201_143502

そして久し振りに担々麺。安定感のある濃厚スープで今日も満足。

Img_20200201_143425

同じパターンの繰り返しも飽きてきたので今回はサイドで唐揚げも注文。

完まく目指すには余計はハードルでした。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計5700

店情報:川崎市宮前区馬絹1019-1/休無/044-948-4002‎/11:00~24:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

馬絹 宮前商店(完まく券チャレンジその4-6)

新型コロナ問題では、特別定額給付金を受け取るのにオンラインよりもオフラインの方が支給が早まりそうだと言われ始めています。

せっかくいち早く申請したのに・・・IT後進国だったのか日本。やはり忖度・公文書偽造などが蔓延している国ではITは邪魔ものなのかもしれない。

そんなITは民間では活用されていてラーメン店もしかり。

4個目のスマホスタンプを収集のため今年すでに2回目の宮前商店。

Img_20200118_111413

今回はオーソドックスに豚骨醤油。面固め。

ブレのない美味しさです。もちろん完まくゲット(よくよくスタンプを見たらスタンプ3倍デー、一気に6まで到達)。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計5450

店情報:川崎市宮前区馬絹1019-1/休無/044-948-4002‎/11:00~24:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

馬絹 宮前商店(完まく券チャレンジその3、2020年初ラーメン)

新型コロナ問題では、長引く自粛の間、最前線で頑張っている人がいる一方、後方支援をすべき責任ある立場の人がほとんど何も前進させられずに出来ない言い訳(目詰まり?)ばかりが聞こえてくるようになってきた。

外国であればデモが起きても仕方ない状況の様に思えるがそういう点でも日本国民は謙虚に耐え忍んでいるのですね。

自分もとりあえず耐え忍ばなければ。

という訳でこの日は2020年の初ラーメンで商店系をチョイスるする事になりました。

年初は毎年飛躍の年にすべく期待に胸を膨らませていた時期です。

Img_20200107_141454

ちょっと贅沢にチャーシューメン。

同じ商店系でもスープには多少違いはあるのですがここのスープの豚骨濃度はかなり好みの部類です。

幸先の良い2020年のはずだったのですが。。。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計5000

店情報:川崎市宮前区馬絹1019-1/休無/044-948-4002‎/11:00~24:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

二子新地 らぁ麺 みうら

新型コロナ問題においてはようやく感染者の数が減少に転じたようですが改めて気持ちを引き締めてGWを迎えたいと思います。

そして相変らず国のトップは発信が弱く、下手にしゃべると議事録に残ったり上げ足を取られることを心配しているのでしょうか。戦っている敵が国民とは別にいる様に思えます。

そんな心配をしながらも去年の12月はほぼ休みがない状況だった頃が今や懐かしい。忙しい状況でもその合間を縫って二子新地の新しいラーメン店に早くもリピート訪問するほど仕事も気力も充実していました。

Img_20191213_133006

という訳で、特製醤油らぁ麺の美味しさが衝撃的だったので、今回は塩らぁ麺。

どっちかと言われると醤油の方がよかったかもしれないが決して塩も悪くない。

仕事で近くを通ることが多いため頻繁に行きたい所であるが駐輪場事情の問題もあり近くて遠いラーメン店です。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計4650

店情報:川崎市高津区諏訪1-3-5/044-322-8090/休無/11:30~15:00 17:00~23:00(月~土) 11:30~15:00 17:00~22:00(日祝)

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

小杉 町田商店(完まく券チャレンジ×2)

新型コロナ問題においては日本のトップは中々陣頭指揮をしてる様子が見受けられず、専門家が駆り出させ状況を説明する始末。

個人的にはこの専門家の説明で多少の考え方が伺えて少しは安心したが、やはりこの声を踏まえ分かりやすくメッセージを伝えてほしい。

という訳で、自宅にこもりがちの今日この頃、去年を思い出しブログを書いていますが、この日は温暖化のせいか中々寒くならない12月初旬、武蔵小杉に新しくできた町田商店を初訪問。

残念ながらお店のの写真を撮り忘れ。

そして商店系2度目のスタンプをゲット。

Img_20191210_132353

商店系の味は大体わかるのでここではいきなり味噌。

商店系の味噌は担々麺に劣らずレベル高いです。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計4550

店情報:川崎市中原区小杉町3-430/休無/044-299-7707‎/11:00~27:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

馬絹 宮前商店(完まく券チャレンジ×1)

新型コロナ問題は誰もが知る著名な人の命も奪い続け不安は増すばかり。そんな状況で日本は相変らずガラパゴス的な対応に固執しているのか。未だに厚生省のホームページには3密のポスターが掲げられているが、報道を見る限りあらゆる密を避ける様にというトーンに代わっている。

敵の実態を知ろうとしないで「密」を避けよと掛け声だけが連呼される今の状況は国民総動員で竹やりで戦おうという戦略でしょうか。

頭の中では「宙船」がリフレインしています。

という訳で、この日は遡ること去年の12月7日の出来事です。

歴史的には問題の新型コロナと思われる肺炎患者が中国で報告された問題の日の前日の出来事です。

当時そんなことは知るはずもない自分は、仕事の都合でなかなか新店に行けないという悩みを抱えていました。

近場のラーメン店は行きつくしたのも一因です。

そこで、ラーメン店のスタンプサービスに着目。今までの未訪のお店を探していくスタイルからリピート容認するスタイルに変更することに。

そしてスタンプサービスで以前から興味を引いていた商店系の完まく券に着目。

Img_20191207_111621

ということで、担々麺と言えば今一押しの商店系濃厚担々麺を皮切りに完まくチャレンジを開始しました。

担々麺自体は相変らずブレのない美味しさです。一時期期間限定だったのですが、レギュラーメニュー化したのでしょうか。

安心して食べられるのもうれしい限りです。

10回でラーメン1杯サービスをいつ受けられるでしょうか楽しみです。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計4500

店情報:川崎市宮前区馬絹1019-1/休無/044-948-4002‎/11:00~24:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

自由が丘 北海道らーめん みそ熊

コロナ問題は一時「3密」は避けよという話でしたが、今では公園での立ち話も避けよという論調になってきていて、実際の主な感染形態がどうなっているのか?わかる範囲で数値化されていれば是非見てみたい。ただ、3密に加え+1密(秘密)ということで実態が追いにくいのが現状だとは思いますが何とかしてほしい。

そして時は2019年年末、自由が丘の担々麺専門店に代わって北海道みそが進出。

Img_20191204_124244

北海道の味噌ラーメンといえば一昔前のオーソドックスな味噌ラーメンをイメージしてしまい初訪問迄少し時間がかかってしまいました。

タイミング的にも自由が丘界隈のラーメン店もほぼ行きつくしたため満を持しての初訪問。

Img_20191204_123516

そして、基本の味噌ラーメン。

甘めのテイストではありますが、濃厚さやマイルドさは時代に即して洗練された美味しさ。

これは尖った味ではないがまた食べたくなるラーメン。

スタンプカードももらったことだし、スタンプをためてみようかなと思うお店でした。

被災地物産購入貯金2019 (50円)計4300

店情報:東京都目黒区自由が丘1-14-15/03-3725-5066/休月/10:30~30:00

※緊急事態宣言下で現在の営業時間は異なっていると思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧