★また来たいお店★

2018年5月26日 (土)

川崎 元祖ニュータンタン酒場

川崎の地ラーメンである川崎溶き卵系ラーメンの代表格。

元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン。

このイソゲンが新たにアルコールに重きをおいたお店ユータンタンメン酒場をオープン。

P1150858

名前は忘れたが以前は居酒屋だった場所。

しかし、イソゲンの公式ホームページにはいまだその記載は内容です。

店内に入ると、右手奥のテーブル席がメインの部屋に案内される。

P1150834

まずは、酒場なので一杯。

P1150835

料理の方は、一般的な居酒屋とは違ってちょい飲み用のお手軽なおつまみがメイン。

P1150836 P1150837 P1150838

イソゲンと言えば定番の焼き餃子、みそピーマンは他にはあまり見ないおつまみ、そしてど定番の鶏のから揚げ。

餃子はいつものイソゲンのパリッとした焼き上がりでないところが気になる。

P1150839

サワー類はちょっと変わって自分割セットでアルコールと割るものを別々に注文。

焼酎とウーロン茶を注文して自分で割る必要がある。2回分は飲めるがお得かどうかは微妙。

P1150843 P1150845

追加で、おつまみチャーシューはこのお店で2番目に高い料理。

イソゲンでチャーシューを食べる機会は殆どないためファンにとっては貴重な料理。

煮込みは文字通りよく煮込まれていて美味しい。

P1150847

P1150853

そして、〆の担々麺。普通の大辛。

他のニュータンタンメンのお店と比較して出汁がちょっと弱い気がする。

大辛はどろっとしたスープの粘度はめちゃ辛に近い物を感じる。

食べなれた物だけにちょっと他との違いに目が行ってしまう。

結果としてニュータンタン酒場は1次会で飲み足りなかった人が2次会でお酒を飲みながら軽く肴を食し、最後に〆にラーメンを食べるといった利用シーンのお店なのでしょうか。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計600円

店情報:川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 2F/休無/044-201-9920/11:30~27:00(月~土)11:30~24:00(日祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

川崎 Dining&bar JANA

この日は、超久しぶりに川崎溶き卵系掲示板への投稿を元にお店調査。

夜営業のみのBarの様です。

P1150817

ラーメンを食べる目的ではちょっと入りにくい。

先客は常連さんと思われる女性1名。

マスターと話し込んでいるが会話から推測するにこのお店のファンのようです。

P1150803

そして、お通し。

P1150804

とお酒。

ラーメンだけを頼む勇気無し。

P1150807

軽くおつまみを注文。

ラーメンだけを頼む勇気のないヘタレです。

先客の女性が帰るとマスターはとてもフレンドリーに我々に会話を仕掛けてきます。

とても面白いマスターです。

恐る恐る色んな話を聞いていると、このお店メニューは結構変わるそうです。

ですが、以前から始めたJANA風タンタンメンがなくなることはないと断言していました。

そんな話から多少川崎のラーメン事情の会話で盛り上がる。

P1150815

そして満を持してJANA風タンタンメン。

しっかり川崎溶き卵系ラーメンの登場。

唐辛子もしっかり韓国のヘテ唐辛子を使用している模様。

とても気さくなマスターのお店なので宴会の二次会でも使いたいところであるが、立地的に難しい場所なのが難点。

P1150812

話が盛り上がったため行きおいでBALI風ナシゴレンまで注文。

美味しいけど胃が満たされ過ぎたようです。

BARなのにガッツリ食べて帰るとは。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計550円

店情報:川崎市川崎区榎町2-13/休木/044-233-5336/18:30~29:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

新城 季節料理・一品料理 未知

この日は、かなり以前からの宿題店、夜は居酒屋、ランチタイムは麺料理が食べられるお店。

P1150772

店舗は二階。

一階は以前、「游柳」という名でつけ麺ブームの初期の頃ラーメン店が存在していた。

P1150771

お目当ては牛すじもつカレーラーメン。

P1150769

ベースは牛すじ煮込みラーメンでそれにモツが追加されたラーメン。

料理屋のカレーということで、なかなか癖になりそうなカレーで、〆にライスを入れたくなってしまうが健康のためにそこは控える。

ランチタイムにこの味を体験することで夜の居酒屋の料理にも期待が持ててしまう。

これは是非居酒屋訪問もしてみたい。

武蔵新城の名店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計450円

店情報:川崎市中原区新城1-11-3/休日/044-766-9701/17:30~23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

綱島 麺や空月

この日は、閉店してしまった「森の中華そば」があった場所の斜め前に出来た麺や空月というお店に初訪問。

森の中華そばの後には笑歩という同じ系統のお店ができていて既に行列店に。

P1150730

自分たちは行列を横目にそんなり空月へ入店。

店内はカウンタのみで席は丁度自分たちで満席。

P1150724

まずは、kunの鯛清湯醤油。

思い切り出汁が主役で醤油タレは脇役。鯛のすり身や梅のアクセントも主役を引き立たせる見事な脇役。

P1150727

こちらは鯛白湯塩。

清湯よりさらに出汁が主役としての主張が強く絶妙なバランス感あふれる美味しさ。

どちらもスープを残すことが惜しまれる逸品。

これは再訪必至の今年の記憶に残る一杯に間違いなく入るレベルの美味しさでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計300円

店情報:横浜市港北区綱島西3-27-3/休月/044-211-8778/11:30~14:00 17:30~20:00(火~金)11:30~14:00(土日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

川崎 赤備(味噌2018)

まだまだ、寒かったこの日。

Dsc_0077_2

川崎の銀柳街を通るといつものあのメニューが。

Dsc_0076

濃厚味噌。

ビジュアルはちょっとシンプルになってしまったか?

魚介風味を残しつつの濃厚味噌は去年より病みつき度が高いテイスト。

体に悪いと思いつつ、ほとんどスープを飲み干してしまった。

また、来年も健康な状態で食べたいラーメンでした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計250円

店情報:川崎市川崎区砂子2-2-8 /休不定/044-211-8778/11:00~27:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

駒岡 極上背脂 ひろたけ

立て続けに駒岡方面の新店訪問。

駒岡も激戦区化してきたのか。

Dsc_0057_7

以前はさつまっ子だったかな?

Dsc_0056_2

濃厚なだけでなくしょっぱめのテイストらしく、高血圧の方は要注意。

Dsc_0053_2

特製醤油を敢えてコッテリ味で注文。

この時点で食べきれる自信を無くす。

Dsc_0054_2

こちらは、kunの濃厚味噌。

コッテリ度は普通で注文したが、十分コッテリ。

この強烈さは「なりたけ」を思わせるが関係性は不明。

個人的にはツボにはまる旨さであるが、加齢のせいか途中から体が受け付けなくなりスープはかなり残すことに。

頭ではまた再訪問したいが、よほど体調を整えないと次回も完食できるかどうか。

悩ましいお店。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計150円

店情報:横浜市鶴見区駒岡1-28-1/休月/TEL不明/11:30〜15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

あざみ野 雅楽

この日は、久々にちょっと車であざみ野方面へ、途中ランチで雅楽を初訪問。

P1150647

一見ラーメン店には見えないところはお店の拘りでしょうか。

P1150645_2

そして、濃厚ごま味噌担々麺。

胡麻と味噌の絡みは見た目通りの期待を裏切らず濃厚な旨さ。

これは癖になりそう。

普通の味噌ラーメン一も食べてみたい。

たまたま寄ったお店にしては超満足なお店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2018(50円)計50円

店情報:横浜市青葉区新石川2-15-1/休月第三火(祝日と重なった場合代休有)/045-511-8811/11:30~15:00 18:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

吉祥寺 牛骨ラーメン いとう

またまた吉祥寺訪問。

元々チェゴヤという焼肉屋だったお店がラーメン店に新装オープンしたそうです。

P1150558

吉祥寺のお昼時はどこも一杯で、やっと入れるお店がここでした。

込み具合は席が半分くらい埋まっていたが、ホールが男性一名であまり回せてない様子。若干不安が脳裏をよぎる。

P1150552

こちらは、kunのヘルシー牛骨ラーメン。

牛が前面というより気持ち控えめなスープは美味しいが超あっさりテイスト。確かにヘルシー。

P1150555

そして、こちらはスンドゥブ入り麺。

元が焼肉屋だったので文字通り元々のスンドゥブに麺を入れたラーメン。

しかし、これがとても美味しかった。

川崎溶き卵でお馴染みの韓国唐辛子の傘らとスープと豆腐の食感が見事自分のツボにはまる。

気が付いたら汗をかいていることを忘れて一気に完食してしまった。

何か川崎溶き卵系ラーメンに通じるものを感じる。

川崎溶き卵に豆腐を入れてみるのも良いのかもしれない。

店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館 B1F フードテラス/050-5595-1443/休無/11:00~21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

高田 拉麺 成

この日は、高田という駅から歩いて数分のお店「成」へ。

以前は、「なごみ」というお店だったか?非常に立地条件的には厳しい場所。

P1150504

果たして立地の悪さによるハンデをどのようにして乗り越えているのか。

P1150494

店内を見ると無化調アピールがこだわりを感じます。

P1150495

ふとカウンタの上を見ると誰かが食べた後の丼とレンゲかと思ってよく見たら、

レンゲを入れるための入れ物が置いてあるだけでした。

微妙なこだわりを感じます。

P1150497

そして、kunのエレガント(煮干拉麺)。

一瞬エリマキトカゲを正面から見たのかと思わせるこだわりの丼。

P1150502

こちらは、メロウ(醤油拉麺)、チャーシュートッピング。

具材を丼の土手?に配置することで拉麺自体の温度低下を避けられるため終始熱々で食べられる。

味もどちらも無化調でここまで美味しく作れるのかと思うほど完成度が高い。

しかし、その一方で非常に麺をすくって食べるときに周囲が邪魔で食べにくいというデメリットもある。

背が低いkunにとっては更に食べにくい様子。

しかし、悪条件の立地環境を美味しい拉麺を軸にいろんな拘りで乗り越えようとしている姿勢は十分うかがえた。

次回リッチ(白湯拉麺)も食べてみたい。

店情報:横浜市港北区高田西2-9-18/TEL不明/休月木/18:30~22:00(月~金) 11:30~15:00 17:00~21:00(土日祝 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

下落合 中華そば 彩

この日は新宿とはいってもちょっと喧騒から離れた下落合という場所まで。

P1150489

駅前のラーメン店。

塩つけ麺が一押しのお店のようですが、後から入ってくる常連さんたちは油そば系が多そう。

P1150485

周りの声に心揺さぶられながら、紅塩つけ麺到着。

そして、麺をつけ汁にディップしながら口へ運んだ瞬間、ある種の衝撃が。

なんとも言えない塩と出汁が絡んだつけ汁は一瞬にしてこれはハマったなと思わせる絶妙な味。

このつけ汁に更にネギとチャーシューが存在感を主張してくるがどれもハイレベルで協調してくる。

久々に目の覚める一杯。

油そばも興味があるが次来たらまた塩系とどちらにするか悩んでしまうでしょう。kunを連れてきたいが場所が遠すぎる!

そんなお店でした。

震災義援東北・熊本物産貯金2017(50円)計4700円

店情報:東京都新宿区下落合1-16-2 原ビル1F/03-3950-7132/休日/11:00〜14:00 18:00〜22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧